オンワード VS リクルート 見どころ


『戦国』CETRALのサバイバルマッチ第1弾!

 CENTRALのファイナル出場の座を賭けたサバイバルシリーズ第一弾、といえるオンワードオークス対リクルートシーガルズの戦いは、10月6日午後7時に川崎球場でキックオフされる。
 これまで3回の死闘を繰り広げた両者の対戦成績は、オンワードが2勝1敗と一歩リードしているが、果たして今回はどうなるのか。

 ここまでオンワードは、初戦・三和銀行ラークヒルズを撃破したものの、富士通フロンティアーズ戦では常に先行を許し試合終了間際にやっと同点に持ち込み引き分けた。リクルートは富士通、レナウンと苦戦しながらも破り、鹿島とともに全勝をキープしている。

 オンワードは、三和銀行戦では余裕の勝利だったが、富士通戦では攻守ともにリズムがつかめず引き分けに終わった。試合後、小暮監督は「精神的には負けに等しい引き分け」と表現。それだけにチーム全体にカツが入ったに違いない。
 特にXリーグNO1ともいえる破壊力と得点力のある攻撃に磨きをかけてくるはず。ランプレーではスピードのあるRB大塚、渡辺(司)、高瀬らが。パスプレーでは、長身でパッシング能力が高いQB須永が投げ分けるショート、ミドル、ロングパスを生かしてターゲットとなるWR渡部、青野、神にベテラン河本がグラウンドを駆け巡る。
 またバックアップQBの富澤、パンター・キッカーとして地味ながら堅実なプレーをみせる小島の存在も貴重だ。守備にはビッグネームはいないものの、まとまっている。

 対するリクルート。一昨年日本一になりながら、昨年はファイナル出場が果たせず、今季に賭ける意気込みはすごい。しかし2連勝はしているものの、試合内容はもうひとつ。攻守にピリッとしたところがない。

 攻撃は新生、松本、高橋とタイプの異なるQBが指揮する。確実にランプレーを出すRB中野、堅実なキャッチングをみせるWR河本と、ラン・パスの中心選手がいるだけに、ここ一発の強さには定評がある。
 さらに、ロングスナッパーとしても登場するNFLヨーロッパ帰りのSB安部、リターナーとしてビッグリターンをみせるSB堀江、RB根崎らゲームを知ったプレーヤーが多い。

 守備は攻守ラインとしてフル稼働する池之上に室賀、ハードタックラーLB遠藤主将、石山、DB小宮らがデイビット・ヘッドコーチのもとシステムを理解して手堅いプレーで失点を防ぐ。

 今季はP大久保(法政大)、SB高岡(京大)、RB米田(東海大)、DB寺田将(大阪市立大)・久乗(関学)ら期待の新人が加入し、即戦力としてすでに活躍している。

 オンワードとしては、ファイナル進出のためにどうしても勝っておきたい試合。リクルートにしてもそれは同じ。オンワードは破壊力ある攻撃で得点を重ねていきたい。
 逆にリクルートとしては守備のがんばりで試合を有利に進めたい。いずれにしても第3節で最も注目されるゲームに違いない。