東京三菱銀行 VS 東海銀行

チーム名

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

東京三菱銀行 センチュリアンズ

0

0

7

6

13

東海銀行 レッドウエイブ

7

7

0

0

14


銀行サバイバル合戦は東海銀行に凱歌!

 第1試合で住友銀行が敗れたので入替戦を回避出来た東海銀行。一方、今まで3敗1分けと勝ち星がなく、この試合で敗れると入替戦出場が決定する東京三菱銀行。
 Xリーグ最後の銀行対決の火蓋が川崎球場で切られた。

 1Q、東海銀行はRB小林のランとQB小川のパスで確実にボールを進めてオフェンスをキープ。途中、東京三菱銀行陣で迎えた4thダウン6のピンチも、QB小川からエースWR道角へのパスで乗り切り、最後はQB小川が左ロールアウトからエンドゾーンのRB小林にTDパスをヒット。15プレー、6分8秒かけたドライブを完結させた。

 一方の東京三菱銀行は、東海銀行のディフェンスに阻まれて攻撃を進めることが出来ない。1Q終盤には、QB松平のパスをインターセプトした東海銀行が、自陣40ヤードという好フィールドポジションを得る。
 ここからRB小林のランとレシーブで敵陣11ヤードまで迫ると、QB小川からWR道角へのTDパスは反則で帳消しとなったが、東京三菱銀行のホールディングの反則でゴール前7ヤードで1stダウン のチャンスをつかむ。
 2プレー後、QB小川がエンドゾーン左に走り込んでTD。14−0とリードを広げた。この後は両者共に決めてを欠いて無得点のまま、前半を終えた。

前半はまったくいいところが無かった東京三菱銀行は後半に死力を尽くして反撃に出た。
 東海銀行陣41ヤードで得たオフェンス。RB大西のドロープレーで大きくゲインして13ヤード地点で1stダウン。ここから4thダウン3のギャンブルもRB浦田のランで乗り切ると、次のプレーでRB大西がTD。7点差に迫った。

 これで流れが変わった。ディフェンスが頑張りを見せて東海銀行を自陣に押し込めることに成功。4Q、敵陣39ヤードで1stダウンという絶好のチャンスを得る。ここからRB浦田へのスクリーンパスが決まってゴールまで11ヤード。
 しかし、東海銀行ディフェンスは粘り強かった。4回の攻撃で僅か4ヤードしか許さずにボールを取り返すことに成功した。

 このまま、東海銀行が逃げ切ると思われたときにビッグプレーが飛び出す。東海銀行RB小林がファンブルしたボールを東京三菱銀行DT伊藤が拾い、そのままエンドゾーンまで走り込んでTD、遂に1点差にまで迫った。引き分けではまったく意味が無い東京三菱銀行は、迷わず2点コンバージョンに出た。QB松平はエンドゾーン真中で待つTE耳田にパス。しかし、耳田はこのボールを胸に当ててしまい、取ることが出来ずにインコンプリート。逆転のチャンスを逃した。

 その後も東京三菱銀行は2回攻撃権を得たが、東海銀行のディフェンスに阻まれて試合終了。東海銀行が1点差で辛くも逃げ切った。

 この日は東海銀行のヘッドコーチ、C.J.ムースの誕生日。試合後、選手たちからバースデイケーキのプレゼントを貰い、2重の喜びを味わった。


試合結果を見る

個人記録を見る