リーグ戦情報
試合日程
試合結果
星取表
個人記録ランキング
X2
X3X4
チケット情報
 

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

Final6
JAPAN X BOWL
RICE BOWL

3rd IFAF World Championships2007 in KAWASAKI/JAPAN
worldcup 1999
worldcup 2003
NFL JAPAN

リーグ記録集
TOP > X-TOP > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○富士通フロンティアーズ(26)
   ×
●アサヒビールシルバースター(13)
 
【X−EAST 2008 リーグ戦 富士通フロンティアーズ vs アサヒビールシルバースター】 ―――
試合日:'08.10.18
会場:川崎球場
開始時刻:14:45
終了時刻:17:12
天候:晴れ
観衆:1585人

(C)Xリーグ広報委員会
第1クォーター10分、自ら41ヤードを走りきりタッチダウンを決め仲間と喜び合う富士通・吉田(右)
 
(C)Xリーグ広報委員会
第3クォーター10分、タッチダウンを決め両手を広げ喜ぶアサヒビール・稲垣
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クォーター、富士通・秋山(中央)が相手ディフェンスをかわしファーストダウンを奪う
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クォーター、アサヒビール・栗山(右)が相手陣内に攻め込みファーストダウンを獲得する
 
この試合は両者ともに絶対負けられない試合だった。
富士通フロンティアーズ(以下FFと省略)はこの試合を勝ち取り、最終戦に繋ぎたい。ここでアサヒビールシルバースター(以下SSと省略)を勝ち越さねば3つ巴というシナリオも。方やSSはすでにオンワード戦で惜しくも1敗をしている状態。
ここで勝たねばファイナルは見えてこない。
両者、緊張状態で試合が始まった。

―FFのキックで試合が幕開けとなる。―
SS自陣37ydからの攻撃。先発はQB#8三原。やや緊張状態の三原に見えたが、やはり彼の能力は観衆を虜にした。小気味良い攻撃でショートパスをうまく繋ぎファーストダウンを更新。しかし、約3分を消費したドライブも得点ならず。パントに。
変わってFF攻撃。スタートQBは#19吉田。自陣11ydからのファーストシリーズ。
ラン・パスをバランスよく織り交ぜSS陣内に攻め込み、最後はWR#17秋山に先制のTDを奪う。FFスタンドが一斉に沸きあがる。TFPはSSディフェンス陣のブロックに合い6−0。
まだまだ互いの実力を知る同士、油断は一切なかった。
SS攻撃陣、仕切りなおしの第2シリーズも3KO。FFの第2シリーズもQB#19吉田の好ドライブで最後も吉田のRushでTD。この後のTFPも決め、FF13−SS0。
前半に何とか得点を残したいSS陣。第2Qを挟み攻撃を展開したが、またもパントに。
なかなかリズムが作れない。もどかしいムードがSS陣内に漂う。
その後、互いに攻撃をするものの両ディフェンス陣の好プレーもあり、追加できたのはFFのFGのみ。前半FF16−SS0。

後半になってもまだまだ油断を許さない緊張が続く。
後半FFファーストシリーズをSSディフェンス陣が死守、自陣13ydからの厳しい立ち上がりのSSオフェンス。
後半変わらずQBは#8三原。後半は打って変わりランを軸に攻撃を展開。要所でパスを決め敵陣内まで攻め込むがFFでフェンス陣が上手だった。残念ながらこの攻撃はパントに終わってしまう。続くFF攻撃をSSディフェンスがしっかり抑え、SS攻撃。
何とか1本。
SSオフェンス粘りの攻撃から最後はWR#83稲垣にTDパスが決まり、この試合SS初のTD。TFPも決めFF16−SS7とする。
自陣24ydからのFF攻撃。ここでもう1本入れ、SSのモメンタムを掻き消したいところ。QBを#18出原と#19吉田が交互に展開し、SS陣まで進める。
第4Q挟み攻撃を進め、一気にSS陣20yd付近まで。
最後はベテランRB#20森本がエンドゾーンへ駆け込みTD。FF23−SS7。
残り時間10:41。
絶対に取らねばならないSS。が、焦りが出たのか、なんとも痛い3KO。FFにボールが渡る。この攻撃をFGまで繋げFF26−SS7。残り7:03。
SS三原のパッシングで攻撃展開、しかし、まさかのINT。
その後の互いの攻撃は両DFの猛守に阻まれ得点絡めず。残り3:05からのSS攻撃はパスをうまく繋ぎ自陣16ydから敵陣2ydまで攻め込み、最後はWR#88橋詰へのパスが決まりTD。2PT狙うがこれは決まらず。FF26−SS13。いい流れを掴み始めるものの、気づけば時間は残り0:59。
最後はFFのニーダウンで試合終了。両者手に汗握る試合だった。しかしFFが1つ上手のチームに仕上げ白星を勝ち取った。SSにとっては実に痛い負け試合であった。



撮影:エムアイプランニング(大賀静子・田中伸弥・大瀧百合香)
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
EAST
11/03 パイレーツ(14)
アサヒビール (27)

11/03 オンワード(34)
富士通(28)

11/03 富士ゼロックス(7)
ハリケーンズ(28)

CENTRAL
11/02 オール三菱(3)
IBM(35)

11/02 オービック(13)
鹿島(17)

11/02 ROCBULL(0)
オール東京ガス(37)

WEST
11/03 SRC神戸(21)
アサヒプリテック(12)

11/02 パナソニック電工(20)
アサヒ飲料(24)

11/02 内外電機(30)
アズワン (7)

FINAL6
  鹿島(21)
富士通(19)

  パナソニック電工(20)
オービック(14)

  アサヒ飲料(7)
鹿島(24)

  オンワード(17)
パナソニック電工(44)

JAPAN X BOWL
12/13 鹿島(14)
パナソニック電工(28)

RICE BOWL
01/03 パナソニック電工(13)
立命館大学パンサーズ(17)

入替戦
12/06 富士ゼロックス(27)
日本ユニシス(17)

 
試合日程
 

2008年シーズンの、
試合情報はありません

 
XJCEA sports{
TOKYO@MX IC

VENUS
VENUS WEST

?AN
   
       
    本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2007 NFA All rights reserved.