チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > X-TOP > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○吹田マーヴィーズ(30)
   ×
●アズワンブラックイーグルス(7)
 
【X−WEST 2008 リーグ戦 内外電機マーヴィーズ vs アズワンブラックイーグルス】 ―――
試合日:'08.11.02
会場:大阪市長居球技場
開始時刻:12:00
終了時刻:14:10
天候:晴れ
観衆:925人

(C)Xリーグ広報委員会
内外電機QB#11木下がオフェンスをドライブ
 
(C)Xリーグ広報委員会
アズワンWR#83要の逆転TDパスキャッチ
 
(C)Xリーグ広報委員会
内外電機RB#22長坂の再逆転TD
 
(C)Xリーグ広報委員会
内外電機DB#25梅本がパスインターセプト
 
 3位以下の4チームが、1勝4敗で並んだ状態で最終節を迎えた2008年のWEST。そのサバイバルマッチ第1ラウンド。内外電機マーヴィーズとアズワンブラックイーグルスの対戦。

 内外電機の先発QBは#10安斎が負傷中のためQBに復活した#1寺尾。昨年は内外電機のオプション攻撃を指揮した#1寺尾だが、久しぶりの先発出場で、攻撃のリズムが掴みきれずドライブが続かない。
 逆にアズワンは、第1シリーズこそあっさり終えたものの、続くシリーズでは、QB#8奥野とRB#31坂本のランを軸にダウン更新を重ねる。ゴール前24ヤードからQB#8奥野のキープが決まって、一度はエンドゾーンに駆け込んだものの反則で取り消し。4thダウンFGも失敗に終わり、先制の機会を逃す。

 2Q。内外電機はQBを#11木下にスイッチ。ベンチの期待に応えQB#11木下は自らのキープや、RB#22長坂のランなどでロングドライブ。ゴール前8ヤードと攻め込むものの、ここはアズワンディフェンス陣もLB#56奈良を中心によく踏ん張る。結局、内外電機は4thダウンFGを成功、3点を先制する。
 しかしアズワンも負けてはいない。QB#8奥野からWR#83要へ43ヤードのロングパスが決まり、一気にゴール前15ヤードとすると、またもやWR#83要にTDパスがヒット。7−3とアズワンが逆転して前半を終える。

 後半にはいると、互いのディフェンスが踏ん張り拮抗した展開で試合が進む。
 3Q残り2分20秒、50ヤード付近から始まった内外電機の攻撃。RB#22長坂のラン、QB#11木下のキープが決まって、内外電機が連続してダウン更新。さらに敵陣15ヤードから、RB#2川瀬がいいパスキャッチをして、ゴール前4ヤードと絶好の得点機を迎える。
 Qタイムを挟んで、最後はRB#22長坂がしっかり押し込みTD。10−7と内外電機が逆転に成功する。

 負けるわけにはいかないアズワンも攻勢を仕掛けるが、QB#8奥野の投じたパスが内外電機DB#25梅本にインターセプトされてしまう。
 さらにアズワンは、自陣30ヤード付近で4thダウンギャンブルを敢行。これが失敗に終わり、好ポジションを得た内外電機が、QB#11木下からWR#88中村へのTDパスを成功させ、17−7と突き放す。

 その次のシリーズでも、アズワンは自陣20ヤード付近で再びギャンブルを失敗。内外電機はこのチャンスを、QB#11木下のTDに結びつけてダメ押し。内外電機は終了間際にもDB#19渡邊のパスインターセプトから、TDを奪い追加点。結局、30−7で内外電機が今季2勝目をあげ、サバイバルマッチから抜け出した。

 「点の取れない我慢する展開は覚悟していたが、自分たちの原点であるランプレーで勝てたのは大きい」と、内外電機の武田ヘッドコーチ。「今季は、より上を目指してチーム組織を大きくしたのが、逆に行き渡らない結果になった。まだまだ発展途上。来季は東大阪のホームタウンチームとして、魅力あるチームにしていきたい」と、さらなる発展を誓った。

 一方、厳しい結果となったアズワンの義政監督は「焦りすぎ。今年は17人の新人が加入したが若さが逆に働いて、競った試合で落ち着いてプレーが出来ていない」と、振り返る。
 これで入替戦出場の可能性も出てきたが「覚悟はしている。他力本願ではなく準備をしていきたい」と、次に備える。

(C)日本社会人アメリカンフットボール協会
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
ファイナルステージ
  パナソニック電工(26)
鹿島(34)

  富士通(31)
アサヒビール (21)

X 2009 セカンドステージ
11/22 アサヒ飲料(21)
富士通(43)

11/22 オール三菱(14)
ハリケーンズ(31)

11/22 パナソニック電工(23)
オービック(20)

11/22 パイレーツ(22)
富士ゼロックス(13)

11/23 エレコム神戸(44)
アサヒプリテック(0)

11/23 アサヒビール (14)
鹿島(24)

入替戦
12/05 アサヒプリテック(0)
サイクロンズ(10)

 
試合日程
 
JAPAN X BOWL
12/21 鹿島 vs 富士通
RICE BOWL
01/03 社会人代表 vs 関西大学
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.