チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > X-TOP > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○オール三菱ライオンズ(16)
   ×
●オール東京ガスクリエイターズ(14)
 
【X−EAST 2009 リーグ戦 オール三菱ライオンズ vs オール東京ガスクリエイターズ】 ―――
試合日:'09.10.24
会場:川崎球場
開始時刻:11:30
終了時刻:13:55
天候:曇り
観衆:1207人

(C)Xリーグ広報委員会
第2クオーター11分、ロングパスをキャッチしタッチダウンを決め喜ぶオール東京ガス・櫻井雅(右)
 
(C)Xリーグ広報委員会
第3クオーター11分、オール東京ガス・室田(中央上)が自ら飛び込み13点目を挙げる
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クオーター2分、オール三菱・吉澤(右)が安村からのパスを受けタッチダウンを決める
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クオーター9分、相手陣内でオール三菱・杉浦(中央)が決勝点となるセーフティーを奪う
 
リーグ戦最終節ここまで1勝3敗のオール三菱ライオンズ(以下オール三菱)と4戦全敗のオール東京ガスクリエーターズ(以下オール東京ガス)セカンドステージでの組み合わせもこの試合の結果で決まるので。白星を積み上げたい東京ガス。一方の東京ガスも全敗は避けたい。
互いの意地がぶつかり合う白熱した試合となった。

試合序盤は両チームとも前進するものの勝負どころでの決め手を欠き得点なく第1クォーターを終えた。先制したのはオール三菱だった。第2クオーター中盤、オール東京ガスの自陣16ヤードからの攻撃を3回で押さえ込みパントに追い込むと敵陣49ヤードという好位置から攻撃を開始。QB安村からTE吉澤へのブーツレッグパスを成功させると、その後一気にエンドゾーンへ向けて縦パスを狙うと、このプレーでオール東京ガスがインターフェアの反則を犯し20ヤードまで前進。ここでQB安村はQBキープで前進。東京ガスのタックルミスにも助けられ一気にゴール前3ヤードまで進んだ。最後はRB石垣が力強く突進し、エンドゾーンを陥れ待望の先制点を挙げた。(トライ成功)

勢いづいたオール三菱は前半終盤にもオール東京ガス陣深く攻め込むがここでオール東京ガスDB篠がインターセプト。このチャンスに東京ガスはQB室田のドロー、オール三菱のパスインターフェア、WR藤縄のヒッチスクリーンなどでフィールド中央へ進むとここでQB室田が右サイドラインでフリーになったRB桜井へパスを決めると桜井は一気にエンドゾーンへ駆け込みタッチダウン。(トライ成功)前半終了間際で同点に追いついた。

後半はオール三菱のレシーブで試合開始。第3Qは両チームとも守備が踏ん張り均衡が続いたが、終盤のシリーズでオール東京ガスがリードを奪った。フィールド中央からの攻撃でRB片山がゾーンプレーで12ヤードゲインするとQB室田のキープなどで敵陣に侵入すると、オール三菱がパスインターフェアを犯し、19ヤード地点まで進むと、QB室田はドローで5ヤードまで進みゴールラインの攻防へ、オール三菱守備も奮闘し第4ダウン1ヤードまで粘るが、最後はQB室田が1ヤードスニークでタッチダウン。(トライ成功)
14対7とリードした。

追うオール三菱は直後のシリーズでWR冷水へボールを集める。パス、モーションスイープ、スクリーンそして冷水へのリバースフェイクのQBランなどで敵陣に進むと、QB安村はWR吉田へ38ヤードのロングパスを通しゴール前6ヤードへ進むと最後はプレイアクションパスをTE吉澤へタッチダウンパスを決め(トライ成功)同点に追いつく。

その後は再び守備が主役の展開となりインターセプトやファンブルリカバーで攻撃権がころころ入れ替わるめまぐるしい展開となったが、オール三菱守備にビッグプレーが出た。
自陣5ヤード、第3ダウンパスを狙うオール東京ガスQBをオール三菱LB杉浦がエンドゾーン内でサック。セフティを奪った。16対14。

残り時間わずか、オール東京ガスはQBをパサー木村に代え、逆転を狙う。木村は期待に応え自陣15ヤードからの攻撃をリードし、RB片山WR中村へのパス、自らのスクランブルで時計をコントロールしながら敵陣17ヤードまで進む。逆転を狙う34ヤードフィールドゴールは失敗。結局オール三菱が16対14で今季2勝目を挙げた。
オール東京ガスは全敗でリーグ戦を終えた。
しかしセカンドステージでは入れ替え戦を回避するためにもいっそうの奮起が望まれる。

撮影:エムアイプランニング(大賀静子・大瀧百合香)
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
ファイナルステージ
  パナソニック電工(26)
鹿島(34)

  富士通(31)
アサヒビール (21)

JAPAN X BOWL
12/21 鹿島(21)
富士通(14)

X 2009 セカンドステージ
11/22 アサヒ飲料(21)
富士通(43)

11/22 オール三菱(14)
ハリケーンズ(31)

11/22 パナソニック電工(23)
オービック(20)

11/22 パイレーツ(22)
富士ゼロックス(13)

11/23 エレコム神戸(44)
アサヒプリテック(0)

11/23 アサヒビール (14)
鹿島(24)

入替戦
12/05 アサヒプリテック(0)
サイクロンズ(10)

12/23 ブルザイズ(13)
電通(7)

12/23 オール東京ガス(38)
警視庁(0)

 
試合日程
 
RICE BOWL
01/03 鹿島 vs 関西大学
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.