チケット情報 スタジアムガイド フォト/動画 コラム

JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
アメフット×商店街 Xリーガーお店訪問記
地域社会活動
TOP > X-TOP > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○富士通フロンティアーズ(24)
   ×
●ハリケーンズ(0)
 
【X−CENTRAL 2009 リーグ戦 富士通フロンティアーズ vs ハリケーンズ】 ―――
試合日:'09.10.11
会場:川崎球場
開始時刻:11:30
終了時刻:13:38
天候:晴れ
観衆:1353人

(C)Xリーグ広報委員会
第1クオーター、相手のフィールドゴールを阻止するハリケーンズ・沖山(左)
 
(C)Xリーグ広報委員会
第2クオーター8分、富士通・金(上)が飛び込みタッチダウンを決める
 
(C)Xリーグ広報委員会
第3クオーター、相手陣内に攻め込むハリケーンズ・瀬川(中央)
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クオーター終了間際、タッチダウンを狙う富士通・細井(中央)
 
第3節を終了し、富士通フロンティアーズは3戦全勝、ハリケーンズは3戦全敗。
対照的な両チームだが、今季より新設されたセカンドステージに向けて、調子を上げていきたいところ。

雲ひとつない秋晴れの川崎球場でハリケーンズのキックオフで試合開始。

富士通のキックオフリターンは#28進士がハーフライン付近まで戻す。立ち上がりの富士通オフェンスはQB#19吉田が先発。RB#30金へのショベルパス、WR#6神山へのパスなどでゲインし、最後はWR#80米山へのタッチダウンパスがヒットして、開始2分もたたずに先制する。PATも成功し、7-0。

続く、ハリケーンズオフェンスのシリーズはRB#20唐沢、#40瀬川らのクイックヒットのランでゲインを重ね、富士通陣内へ攻め込む。
しかし、QB#9皆川のショートパスがWRと息が合わず失敗でダウンを更新できず、パントに。そのパントはコントロール良く、富士通は自陣5ヤードからのオフェンス開始となった。

その富士通オフェンスは#19吉田のQBスクランブル、#20森本、#30金、#28進士らのRB陣の攻撃でゲインし、あっという間にハリケーンズ陣内へ攻め込む。11プレーを費やし、最後はFGを狙えるフィールドまで進んだが、K#35西村のキックをハリケーンズがブロックし、追加点を防いだ。

ディフェンスがしのいだ、ハリケーンズの次のシリーズであったが、フォルススタートの反則やQBサックを被り、リズムが作れず、結局パント。

続く、富士通オフェンスは#80米山や#15ブレナンへのパスでゲイン。今度は#35西村がきっちりとFGを決め、10-0と富士通が突き放す。

第2Qは富士通ペース。
#30金のタッチダウンラン。QB#18出原から#15ブレナンへのタッチダウンパスで順調に追加点をあげる。いずれもPATはキック成功。
ハリケーンズはゲインをするものの、反則で無効になったり、QBサックを許すなどでオフェンスでゲインできず、結局、前半は24-0で富士通リードで折り返した。

後半に入り、ハリケーンズが奮起、富士通の最初のシリーズを#65沖山がQBサック。ファンブルも誘発し、味方がリカバーし、好機を得る。
その好機をオフェンスもドライブし、ゲインを重ねる。
WR#14合田へのパス、#20唐沢、#40瀬川が中心となったオプションプレーが進み、ゴール前6ヤードまで攻め込む。
3rdダウンでパスを選択、その投げたパスは富士通LB#45鈴木がインターセプト。
ハリケーンズはチャンスを逃す。

ピンチをしのぎ、波に乗りたい富士通だったが、オフェンスがなかなかチャンスを広げることが出来ない。
#18出原の被インターセプト、#20森本のファンブルロストなどのターンオーバーでハリケーンズにボールを渡してしまう。
その後、両チームともに攻めきれず、第4Q終盤へ。

富士通は自陣20ヤードからのシリーズを#29平澤、#11松村、#1細井など層の厚いRB陣を起用、順調にゲインし、ゴール前3ヤードまで進むが、ハリケーンズが最後はなんとかしのぎ、タイムアップ。
後半は両チーム無得点のまま、ファイナルスコア24-0で富士通が勝利した。

富士通はこれで4戦全勝。セカンドステージ上位リーグ進出が決定。
ハリケーンズは4戦全敗となり、セカンドステージ下位リーグが決定した。

次節は
富士通が鹿島ディアーズと10月25日川崎球場にて対戦する。
富士通は鹿島との対戦では昨年、パールボウル決勝、FINAL6の1回戦でいずれも接戦で敗退している。リベンジのみならず、今季のセントラルディビジョンの1位を争う試合になるので白熱する展開になるであろう。

ハリケーンズはブルザイズ東京と10月24日大井第2球技場で対戦する。
ブルザイズは今季よりXリーグへ昇格したチーム。Xリーグ先輩格のハリケーンズとしても負けられない1戦になり、また、セカンドステージを見据え、貴重な今季初勝利を挙げられるか。
攻撃スタイルはオプションランを主体としている両チームだけにこちらもみどころの多い試合が予想される。

撮影:エムアイプランニング(大賀静子・大瀧百合香)
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
01/03 オービック(24)
立命館大学(0)

JAPAN X BOWL
12/20 オービック(20)
パナソニック電工(16)

 
試合日程
 
東日本交流戦
05/01 アサヒビール vs オール三菱
05/01 鹿島 vs ノジマ相模原
05/07 パイレーツ vs 富士ゼロックスAFC
05/07 オービック vs オール東京ガス
05/08 IBM vs 日本ユニシス
05/08 富士通 vs ブルザイズ
05/14 アサヒビール vs ノジマ相模原
05/14 鹿島 vs オール三菱
05/21 ブルザイズ vs 日本ユニシス
05/21 富士通 vs IBM
05/22 オール東京ガス vs 富士ゼロックスAFC
05/22 オービック vs パイレーツ
GREEN BOWL
04/30 アサヒ飲料 vs エレコム神戸
04/30 パナソニック電工 vs アズワン
05/15 4/30 11:20の敗者 vs 4/30 14:00の敗者
05/15 4/30 11:20の勝者 vs 4/30 14:00の勝者
GREEN BOWL(チャレンジ)
05/01 富士ゼロックスJ-Stars vs 阪急
05/01 サイクロンズ vs アサヒプリテック
05/14 5/1 14:00の敗者 vs 5/1 11:20の敗者
05/14 5/1 14:00の勝者 vs 5/1 11:20の勝者
 
協会について | プライバシーポリシー
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.