チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > X-TOP > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○明治安田パイレーツ(19)
   ×
●ブルザイズ東京(14)
 
【X−CENTRAL 2009 リーグ戦 明治安田パイレーツ vs ブルザイズ東京】 ―――
試合日:'09.10.12
会場:川崎球場
開始時刻:11:30
終了時刻:13:46
天候:晴れ
観衆:979人

(C)Xリーグ広報委員会
第1クオーター、相手陣内に攻め込みファーストダウンを奪う明治安田・服部(右)
 
(C)Xリーグ広報委員会
第2クオーター、インターセプトし攻め込むブルサイズ東京・三輪(左)
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クオーター6分、タッチダウンを決め雄叫びをあげる明治安田・杉田
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クオーター8分、ブルサイズ東京・尾崎(中央)が相手ディフェンスをかわしタッチダウンを決め13点目を挙げる
 
 明治安田、ブルザイズともに順位をめぐって重要な試合である。特に明治安田は勝ってIBMの勝敗を待ち、セカンドステージ進出に向けての直接対決に挑むためにも負けられない。
ゲームは立ち上がりから明治安田がブルザイズ陣に攻め込むという展開で幕をあけた。#7QB水野のスクランブル、#25RBのランが冴え、一挙にゴール前に。しかし、ここからブルザイズのディフェンス陣が粘りを見せる。明治安田は速攻でゴール前まで攻め込んだもののフィールドゴールも失敗し流れにのれず。しかし掴んだモメンタムは離さなかった。第一クォーター残り五分過ぎ、ブルザイズのパントをブロックし攻撃権を得ると、このチャンスを#88TE二宮へのタッチダウンパスへとつなげ先制。
第二クォーターもインターセプトから攻撃権を得るが、このシリーズもフィールドゴールを失敗しブルザイズを突き放す事ができない。第二クォーター中盤、明治安田が#88二宮・#87WR松下へ小気味の良いパス攻撃にリズムが出てきたかと思われた矢先にビッグプレーがおこる。
ブルザイズディフェンスがパスをキャッチしたWRに激しいタックルを見舞い、この衝撃でWRがボールをジャックル、これをブルザイズの#10LB三輪が奪いゴールに向かい突進、明治安田の選手が必死に追いついたかと思われた瞬間に後ろからフォローしていた#27DB松浦にまるでラグビーの様なパスをまわし、受け取った松浦がゴールに走り込みタッチダウン、ブルザイズ逆転。ブルザイズリードで前半終了。
後半に入り明治安田は二本のフィールドゴールで逆転したが、その後は一進一退。
前半で明治安田のジャックルをさそったタックルもそうであったが、ブルザイズディフェンス陣の粘り強いタックルが目立つ。
しかし、第四クォーターに入り残り時間も五分となり、明治安田は#25RB杉田の18ヤードラッシュでタッチダウンを奪い勝負あったかと見えたが、今度はブルザイズオフェンスが粘る。
途中交代でオフェンスをリードしたブルザイズ#16QB尾崎が自らのキープにて25ヤードを走り切り、52ヤードを5プレイでタッチダウンに導く。
だが無情にも時はすでに遅すぎた。逆転には十分な時間が残っていなかった。


次節 
 この一戦のあと、第二試合で行われた試合でIBMが敗れたため、両チームは2勝2敗で並び、次節でセカンドステージ進出をかけ直接対決する事となった。
 明治安田はIBMのQB岡村のパス攻撃が脅威であろうが、先ずはランプレイを止める対策が必要であろう。オフェンスは#25RB杉田のランをキーとしたい。軸ができれば、#88二宮・#87松下へのタイミングパスも有効となってくるだろう。それと重要な試合にはキッキングゲームのできが左右される。少ないチャンス得点に結びつけるフィールドゴールの成功率は上げたいところである。
 一方ブルザイズもハリケーンズと全敗同士の対戦となり、最下位を脱する戦いとなる。パントやファンブルなどで攻撃権を渡してしまう事に注意し、持ち前の粘り強いプレーを展開する事ができれば十分に勝機はあると思われる。負けがこんでいるとはいえ、シーズン序盤よりは地力はついてきてる様に感じられる。


撮影:エムアイプランニング(大賀静子・大瀧百合香)
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
ファイナルステージ
  パナソニック電工(26)
鹿島(34)

  富士通(31)
アサヒビール (21)

JAPAN X BOWL
12/21 鹿島(21)
富士通(14)

X 2009 セカンドステージ
11/22 アサヒ飲料(21)
富士通(43)

11/22 オール三菱(14)
ハリケーンズ(31)

11/22 パナソニック電工(23)
オービック(20)

11/22 パイレーツ(22)
富士ゼロックス(13)

11/23 エレコム神戸(44)
アサヒプリテック(0)

11/23 アサヒビール (14)
鹿島(24)

入替戦
12/05 アサヒプリテック(0)
サイクロンズ(10)

12/23 ブルザイズ(13)
電通(7)

12/23 オール東京ガス(38)
警視庁(0)

 
試合日程
 
RICE BOWL
01/03 鹿島 vs 関西大学
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.