チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > X-TOP > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
●アサヒ飲料クラブ チャレンジャーズ(14)
   ×
○パナソニック電工インパルス(32)
 
【X−WEST 2009 リーグ戦 アサヒ飲料クラブ チャレンジャーズ vs パナソニック電工インパルス】 ―――
試合日:'09.10.24
会場:キンチョウスタジアム
開始時刻:13:00
終了時刻:15:04
天候:曇り
観衆:2232人

(C)Xリーグ広報委員会
キックで20点を叩きだしたK#15小笠原
 
(C)Xリーグ広報委員会
ディフェンスの分厚い壁がランを阻止
 
(C)Xリーグ広報委員会
RB#22中西のランでアサヒ飲料が追撃
 
(C)Xリーグ広報委員会
WR#7長谷川が2本目のTDを奪う
 
 ここまで4戦全勝同士。1stステージのWESTディビジョン優勝をかけてアサヒ飲料チャレンジャーズとパナソニック電工インパルスが対決した。

 試合の主導権を握るためにも先制点を奪いたい両チーム。その第1シリーズは明暗を分けた。
 試合開始直後のパナソニック電工のオフェンス。自陣24ヤードからQB#8高田が、ホットラインWR#7長谷川へ16ヤードのパスを決めた。その後、RB#20石野のラン、再びWR#7長谷川へのパス、RB#1小林のラン、WR#5本多のリバースプレー、RB#20石野のランと前進を続ける。
 交代違反で罰退したものの、WR#5本多へのパス、RB#3永冨のランでゴール前10ヤード付近まで攻め込んだが、エンドゾーンまで届かずFGを選択。K#15小笠原が29ヤードをしっかり蹴りこみ3点を先制した。

 一方、アサヒ飲料の第1シリーズは4プレーであっさり攻撃権を放棄。次のシリーズ以降も、QB#3有馬のパス、そしてランニングプレーとも、パナソニック電工の厚いディフェンスに阻まれてボールコントロールができない。

 パナソニック電工は第2Qに入った直後にも、自陣32ヤードからQB#8高田が4連続でパスを決めるなど、これまで苦手としてきたボールコントロールオフェンスを展開。しかし敵陣25ヤードまで迫ったところでパスを失敗し、K#15小笠原が42ヤードのFGを決め6−0とした。
 パナソニック電工は次のシリーズでもゴール前16ヤードまで攻め込んだが、パスを3回続けて失敗。またもやK#15小笠原が33ヤードのFGを決めて9−0とした。

 しかしその直後、アサヒ飲料のビッグプレーが飛び出す。キックオフのボールをKR#21林が77ヤードのリターン。ゴール前16ヤードからのオフェンスとなった第1プレーで、QB#3有馬がWR#7天野へTDパスを決める。
 トライフォーポイントは失敗したものの、アサヒ飲料が6−9と3点差に迫る。

 前半終了まで、残り1分53秒で迎えたパナソニック電工の攻撃。
 ハーフライン付近からQB#8高田のスクランブルや、WR#5本多、#7長谷川へのパスが立て続けに決まり、ゴール前13ヤード。
 ここでエースRB#20石野が、左オフタックル付近を走り抜けTD(TFPキック成功)、16−6で前半を折り返した。

 後半に入ってもパナソニック電工のFGラッシュが続く。K#15小笠原が23ヤード、30ヤードのキックに成功。
 アサヒ飲料がRB#22中西の独走ロングゲインを足がかりにTDを奪い、2ポイントコンバージョンも決めて14―22と追いあげた直後にも、49ヤードの長距離を決めて突き放すなど、ゲームの流れを作る計6本のFGを、ことごとく成功させた。

 パナソニック電工は、第4Q9分30秒にQB#8高田からWR#7長谷川へのパスで、ようやく2本目となるTDを奪い、32−14とし2年ぶり11回目の優勝を果たした。

 パナソニック電工の村上監督は「小笠原は最近安定していたけど、今週は特に調子がよかった。全部決めてくれてありがたかった。オフェンスはフラストレーションがたまったんとちゃうかな。もっとTDをとって欲しかった。でも勝利できたのは社員がたくさん来てくれて声援を送ってくれたおかげ。お客さんが多かったのが1番のポイントでした」とスタンドを埋め尽くし、熱心に声援を送ってくれた観客に感謝。

 一方、アサヒ飲料の藤本ヘッドコーチは「完敗です。ディフェンスはしっかりタックルできなかったし、オフェンスはランプレーが出せず、パスプロテクションがもたなかった。2ndステージの試合まで時間があるので、ケガをしたメンバーをしっかり休ませ、コンディショニングに重点をおいて立て直します」と悔しそうに話していた。

(C)日本社会人アメリカンフットボール協会
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
07/01 オービック(13)
富士通(15)

06/20 アズワン (20)
サイクロンズ(6)

06/20 アサヒ飲料(20)
吹田マーヴィーズ(9)

06/19 ブルザイズ(6)
ハリケーンズ(17)

06/19 日本ユニシス(10)
オール三菱(17)

06/19 富士ゼロックス(9)
オール東京ガス(32)

06/19 アサヒビール (28)
IBM(33)

06/13 パイレーツ(7)
オービック(62)

06/13 富士通(20)
鹿島(17)

06/12 アサヒプリテック(3)
J-Stars(36)

06/12 パナソニック電工(48)
エレコム神戸(13)

05/30 アサヒビール (17)
パイレーツ(18)

05/30 オービック(38)
IBM(0)

05/29 富士通(48)
オール三菱(9)

05/29 鹿島(64)
日本ユニシス(7)

05/23 エレコム神戸(31)
アサヒプリテック(3)

05/23 パナソニック電工(49)
アズワン (0)

05/22 吹田マーヴィーズ(33)
サイクロンズ(2)

05/22 アサヒ飲料(36)
J-Stars(0)

05/16 アサヒビール (61)
ブルザイズ(0)

 
試合日程
 
EAST
09/04 アサヒビール vs オール三菱
09/06 富士ゼロックス vs ブルザイズ
09/08 鹿島 vs IBM
CENTRAL
09/07 オービック vs ハリケーンズ
09/09 富士通 vs オール東京ガス
09/10 日本ユニシス vs パイレーツ
WEST
09/04 パナソニック電工 vs エレコム神戸
09/04 吹田マーヴィーズ vs アズワン
09/05 アサヒ飲料 vs サイクロンズ
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.