チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > X2-TOP/試合日程 > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 試合解説

○クラブウォリアーズ(20)     ×  ●Sony Solidstate(19)

【X2 2009 リーグ戦 クラブウォリアーズ vs Sony Solidstate】 ―――
試合日:'09.09.12
会場:大井ふ頭中央海浜公園 第2球技場
開始時刻:13:45
終了時刻:15:55
天候:曇り
観衆:197人

(C)Xリーグ広報委員会
Passで189Yadを稼いだSONY QB#17市川
 
(C)Xリーグ広報委員会
昨年のX2東日本リーディングパサー#17青木
 
両チームにとって大事な初戦、ソニーのキックオフで試合開始。初めは両チームとも敵陣に攻め入るも、お互いフィールドゴールを外すなど、得点を取る事が出来ない。 そんな中、先制はウォーリアーズ、ラン攻撃でヤードを刻み、最後もQB#17青木からハンドオフを受けた#2小川がそのままエンドゾーンに走り込みTD。 一方、ソニーもその後のシリーズで敵陣深くまで攻め込み最後はQB#17市川が自らのスクランブルでエンドゾーンまで持ち込みTDを取り返し、7-7の同点で前半を折り返した。
後半はソニーの攻撃から。このシリーズでもゴール前までドライブ、最後はQB#17市川のパスを#80Joelがキャッチ、そのままエンドゾーンに走り込みTDを奪った。この後のキックを外すが、ソニーはこの試合初めてリードを奪った。しかしウォーリアーズは次ぎのシリーズで#13近藤が50yd以上を力走しTD。ウォーリアーズはキックも成功させスコアを14-13とし、逆転に成功した。ソニーはその後、2度のフィールドゴールを失敗するなど得点を取れず、逆転をすることが出来ない。逆にウォーリアーズがQB#17青木から#13近藤へのTDパスを決める。キックを外したが20-13と残り時間わずかでリードをさらに広げた。しかし、ソニーはその後執念を見せる。QB#17市川が#4本間へロングパスを決め、本間がそのままウォーリアーズディフェンスを振り切り執念のTDを決めた。ソニーは、勢いそのままに逆転を狙い、2ポイントコンバージョンに挑むが失敗。20-19と僅かに1点とどか
ず試合終了。ウォーリアーズが勝利した。
(記事:警視庁イーグルス)

写真撮影(警視庁イーグルス)
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
ファイナルステージ
  パナソニック電工(26)
鹿島(34)

  富士通(31)
アサヒビール (21)

JAPAN X BOWL
12/21 鹿島(21)
富士通(14)

X 2009 セカンドステージ
11/22 アサヒ飲料(21)
富士通(43)

11/22 オール三菱(14)
ハリケーンズ(31)

11/22 パナソニック電工(23)
オービック(20)

11/22 パイレーツ(22)
富士ゼロックス(13)

11/23 エレコム神戸(44)
アサヒプリテック(0)

11/23 アサヒビール (14)
鹿島(24)

入替戦
12/05 アサヒプリテック(0)
サイクロンズ(10)

12/23 ブルザイズ(13)
電通(7)

12/23 オール東京ガス(38)
警視庁(0)

 
試合日程
 
RICE BOWL
01/03 鹿島 vs 関西大学
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.