チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > X-TOP > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○IBM BigBlue(38)
   ×
●富士ゼロックスミネルヴァAFC(0)
 
【【第33回パールボウルトーナメント】 IBMビッグブルー vs 富士ゼロックスミネルヴァAFC】 ―――
試合日:'09.04.25
会場:川崎球場
開始時刻:14:00
終了時刻:12:47
天候:雨
観衆:426人

(C)Xリーグ広報委員会
第2クオーター、IBM・中野(中央)が相手陣内に走り込みファースダウンを獲得する
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クオーター、富士ゼロックス・前川(中央)が攻め込みファースダウンを奪う
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クオーター9分、IBM・イアンサンプルがパントリターンタッチダウンを決める
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クオーター、相手陣内に自ら攻め込む富士ゼロックス・帆足(中央左)
 
 激しい雨が降る中、全Qに得点をあげたIBMビッグブルーが富士ゼロックスミネルヴァAFCを38−0で下した。
 
 IBMは第1Qファーストシリーズ、QB岡村からWR小川へのパス、RB飯塚・工藤のランで敵陣に入る。RB飯塚が4ヤードを走り先制TDを奪う。その後の富士ゼロックスの攻撃をIBMイアン・サンプルがパスインターセプトして攻撃権を奪取。WR岸・福井へのパス、RB工藤・中野・飯塚のランで攻撃を進め、K催 の27ヤードFGで10−0とリードを広げる。

 雨脚が強くなった第2Qに入ってもIBMの勢いは止まらない。RB中野のラン、WR岸へのパスで敵陣深くに侵入し、RB工藤が11ヤードを走りきりTD。17−0とする。
富士ゼロックスはQB帆足のランとパスで攻撃を展開するものの、IBM守備陣に阻まれる。

第3Q、IBMは絶妙なパントでゴール前3ヤードから富士ゼロックスの攻撃を開始させる。そして富士ゼロックスの攻撃をエンドゾーンで止め、セーフティを奪って19−0とする。再び攻撃権を獲得したIBMは、ランプレーを中心に攻撃を展開してQB岡村からWR小川への4ヤードTDパスで追加点をあげる。
そして第4Qには相手ファンブルボールを確保して敵陣10ヤードから攻撃を開始。9分22秒にRB工藤が1ヤードを飛び込みTD(TFPキック失敗)。試合残り時間2分4秒にはイアン・サンプルがパントリターンをTD(TFPキック失敗)に結び付け38−0と試合を決定付けた。
富士ゼロックスはQB帆足、RB前川のランプレーでIBM陣内22ヤードまで攻め込み、TDパスを投じたが、DB阿部がインターセプト。万事休した。

IBMの次の対戦は5月16日、川崎球場(午前11時キックオフ)でアサヒビールシルバースター。
敗れた富士ゼロックスは5月4日、川崎球場(午前11時キックオフ)でアサヒビールシルバースターと対戦する。

撮影:エムアイプランニング(大賀静子・田中伸弥)
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
ファイナルステージ
  パナソニック電工(26)
鹿島(34)

  富士通(31)
アサヒビール (21)

JAPAN X BOWL
12/21 鹿島(21)
富士通(14)

X 2009 セカンドステージ
11/22 アサヒ飲料(21)
富士通(43)

11/22 オール三菱(14)
ハリケーンズ(31)

11/22 パナソニック電工(23)
オービック(20)

11/22 パイレーツ(22)
富士ゼロックス(13)

11/23 エレコム神戸(44)
アサヒプリテック(0)

11/23 アサヒビール (14)
鹿島(24)

入替戦
12/05 アサヒプリテック(0)
サイクロンズ(10)

12/23 ブルザイズ(13)
電通(7)

12/23 オール東京ガス(38)
警視庁(0)

 
試合日程
 
RICE BOWL
01/03 鹿島 vs 関西大学
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.