チケット情報 スタジアムガイド フォト/動画 コラム

JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
アメフット×商店街 Xリーガーお店訪問記
地域社会活動
TOP > X-TOP > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○(44)
   ×
●(3)
 
【【第33回パールボウルトーナメント】 鹿島ディアーズ vs オール東京ガスクリエイターズ】 ―――
試合日:'09.05.16
会場:川崎球場
開始時刻:14:00
終了時刻:16:16
天候:曇り
観衆:440人

(C)Xリーグ広報委員会
第1クオーター、オール東京ガス・藤縄がパスをキャッチしファーストダウンを奪う
 
(C)Xリーグ広報委員会
第2クオーター、鹿島・岩倉(中央)が相手ディフェンスをかわしファーストダウンを奪う
 
(C)Xリーグ広報委員会
第3クオーター、オール東京ガス・片山(中央)が相手ディフェンスをかわしファーストダウンを奪う
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クオーター2分、鹿島・中川がパスを受けそのまま走り込みタッチダウンを決める
 
鹿島は試合開始のキックオフをリターナー前田が、79ヤードを走り抜けてエンドゾーンに持ち込みTD。幸先のいい得点をあげた。
追うオール東京ガスは、RB片山とQB室田のランにSE藤縄へのパスなどで攻撃を展開する。TDこそ奪えなかったが、K鈴木(崇)が25ヤードのFGを決め3−7とする。
一方、鹿島は新人RB岩倉(新潟大)、QB尾崎のランで敵陣に進撃するが、オール東京ガスDB亀田のパスインターセプトで追加点を阻まれる。しかし第2Q5分36秒、鹿島はエースRB丸田が2ヤードを飛び込んで待望のTD。前半終了時には、K鹿島がFGを決めて17−3で折り返す。

後半、オール東京ガスは追撃開始。パスプレーを中心に敵陣13ヤードまで侵攻するものの、鹿島DB佐野にパスをインターセプトされ、追加点が奪えない。
逆に鹿島はこのチャンスにRB佐藤が82ヤードのロングランTDを奪い、24−3とリードを広げる。そして第4Qには新人QB山城(日大)が攻撃を指揮して、WR中川への31ヤードTDパスを演出する。5分5秒には守備がQBサックファンブルから攻撃権を奪取。敵陣29ヤードから攻撃をはじめる。QB山城からRB岩倉への13ヤードパスTD(TFPキック失敗)が決まり、37−3とする。さらに8分12秒にはLB岡橋がパスインターセプトして再び攻撃権を奪い、RB曽根のTDに結びつける。
結局、このTDがだめ押し点となり、44―3で鹿島が圧勝した。
鹿島は30日、川崎球場でアサヒビールとパールボウル進出を賭けて対戦する。
(記事:門棚丈二)

撮影:エムアイプランニング(大賀静子・大瀧百合香)
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
05/14 鹿島(41)
オール三菱(0)

05/14 アサヒビール (9)
ノジマ相模原(0)

05/08 富士通(45)
ブルザイズ(0)

05/08 IBM(42)
日本ユニシス(17)

05/07 オービック(45)
オール東京ガス(20)

05/07 パイレーツ(43)
富士ゼロックスAFC(14)

05/01 鹿島(34)
ノジマ相模原(14)

05/01 アサヒビール (23)
オール三菱(10)

04/30 パナソニック電工(27)
アズワン (0)

04/30 アサヒ飲料(20)
エレコム神戸(3)

05/15 パナソニック電工(16)
アサヒ飲料(14)

05/15 アズワン (6)
エレコム神戸(10)

05/14 阪急(3)
アサヒプリテック(10)

05/14 富士ゼロックスJ-Stars(18)
サイクロンズ(21)

05/01 サイクロンズ(7)
アサヒプリテック(10)

05/01 阪急(19)
富士ゼロックスJ-Stars(14)

JAPAN X BOWL
12/20 (20)
(16)

 
試合日程
 
東日本交流戦
05/21 ブルザイズ vs 日本ユニシス
05/21 富士通 vs IBM
05/22 オール東京ガス vs 富士ゼロックスAFC
05/22 オービック vs パイレーツ
 
協会について | プライバシーポリシー
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.