チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > X-TOP > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
●エレコム神戸ファイニーズ(17)
   ×
○アズワンブラックイーグルス(22)
 
【X 2009 セカンドステージ エレコム神戸ファイニーズ(W4位) vs アズワンブラックイーグルス(W6位)】 ―――
試合日:'09.11.08
会場:大阪市長居球技場
開始時刻:11:00
終了時刻:13:32
天候:晴れ
観衆:478人

(C)Xリーグ広報委員会
RB#33長谷のTDパスキャッチで先制
 
(C)Xリーグ広報委員会
WR#83要へのTDパスで反撃の狼煙
 
(C)Xリーグ広報委員会
 
(C)Xリーグ広報委員会
 
 Xリーグ20092ndステージのWESTブロック。WEST4位以下のチームが再戦するサバイバルリーグの初戦は、1stステージ2勝3敗のエレコム神戸ファイニーズ(WEST4位)と、ここまで勝ち星に恵まれないアズワンブラックイーグルス(WEST6位)が対戦した。

 エレコム神戸の先発QB#8荒木は、立ち上がりから調子が良く、自陣42ヤードからのオフェンスを自らのランでダウン更新。敵陣に入ったところでRB#33長谷へショベルパスを決め、#33長谷はそのままエンドゾーンまで走りきってTD(TFPキック成功)。開始早々にエレコム神戸が7−0と先制する。

 これでペースを掴んだエレコム神戸。QB#8荒木から、WR#80松岡(隼)、#81松岡(大)、TE#4守山らへのパス、RB#33長谷のランなどが次々に決まり、ダウンを更新していく。
 しかし敵陣に入ったところで、アズワンDB#4福原、#22梶原らがパスインターセプトで攻撃を断ち切り、これ以上の得点を与えない。

 ディフェンス陣の奮闘に、なかなか応えることのできないアズワン攻撃陣。反対にショットガンフォーメーションからのスナップミスを、エレコム神戸のLB#5池原に抑えられ、相手にチャンスを渡してしまう。
 エレコム神戸はこの敵陣27ヤードからの得点機を、K#80松岡(隼)のFG成功に繋げ、10−0とリードを広げる。

 前半終了直前。アズワンは残り2分21秒からの攻撃をあっさりと終える。これが指揮官の逆鱗に触れた。
 「逃げのオフェンスをするな、と。攻め続けろ、前へ押し続けろ、と喝を入れた」(アズワン・義政監督)。

 後半、アズワンオフェンスが反撃開始。3Q7分47秒、自陣32ヤードからの攻撃。
 RB#29渡辺の連続ランで2回ダウンを更新し、敵陣へと進入。ここからQB#8奥野、RB#31坂本のランでさらに前進。最後は、WR#83要へ12ヤードのTDパスが決まり、7−10(TFPキック成功)。反撃の狼煙をあげる。

 4Qに入って、エレコム神戸の4thダウンギャンブルを食い止めた直後、自陣43ヤードからのアズワンオフェンス。QB#8奥野からWR#1中西へのパス、RB#31坂本のランで一発ダウン更新して敵陣37ヤード。
 ここで#8奥野、#44鈴木、再び#8奥野と渡るフリーフリッカーからWR#83要へのロングパスが成功してゴール前6ヤード。ここからは連続3回のパワーランで、RB#31坂本が残り1ヤードを押し込んでTD。14−10と逆転に成功する(TFPキック成功)。

 エレコム神戸も、「ケガの回復が万全ではなく休ませていた」(エレコム神戸・米村HC)エースQB#18佐藤が後半から交替出場。自陣46ヤードからの攻撃を、RB#33長谷のランなどで敵陣へと進めると、WR#80と#81松岡兄弟へのパスを立て続けに決め、敵陣15ヤード。
 ここからホールディングの反則などで、3rdダウン20と追い込まれるが、4Q11分、QB#18佐藤からWR#82山口へ起死回生のTDパスが決まって、17−14とエレコム神戸が再逆転する(TFPキック成功)。

 だがアズワンも最後まで諦めない。自陣29ヤードから、RB#44鈴木、QB#8奥野のロングランが決まって、一気に敵陣25ヤードまで陣地を進める。WR#83要へのパスを1回挟んで、RB#31坂本が連続ランアタック。
 試合残り時間48秒に、#31坂本が残り3ヤードを押し込んで再々逆転のTD。TFPも#31坂本のランが決まって、22−17。アズワンが今季初白星を逆転劇で勝ち取った。

 「今日は絶対に勝たなあかんゲーム。ようやく勝ててホンマ良かった」とアズワンの義政監督。「最後はウチの原点であるパワープレー、ブラストで勝負した」と、チーム一丸の勝利に久々の笑顔だ。

 「ゲームを通しての流れをコントロール出来なかった」と、エレコム神戸の米村ヘッドコーチ。前節の3位決定戦での敗北(対吹田戦)から2週間、影響は少なからず残っているという。「取り戻すのは並大抵じゃない」と、いまチーム状況を語った。

ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
ファイナルステージ
  パナソニック電工(26)
鹿島(34)

  富士通(31)
アサヒビール (21)

JAPAN X BOWL
12/21 鹿島(21)
富士通(14)

RICE BOWL
01/03 鹿島(19)
関西大学(16)

X 2009 セカンドステージ
11/22 アサヒ飲料(21)
富士通(43)

11/22 オール三菱(14)
ハリケーンズ(31)

11/22 パナソニック電工(23)
オービック(20)

11/22 パイレーツ(22)
富士ゼロックス(13)

11/23 エレコム神戸(44)
アサヒプリテック(0)

11/23 アサヒビール (14)
鹿島(24)

入替戦
12/05 アサヒプリテック(0)
サイクロンズ(10)

12/23 ブルザイズ(13)
電通(7)

12/23 オール東京ガス(38)
警視庁(0)

 
試合日程
 

2009年度の日程は、
全て終了致しました。

 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.