チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > X-TOP > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
●吹田マーヴィーズ(20)
   ×
○アサヒビールシルバースター(22)
 
【X 2009 セカンドステージ 吹田マーヴィーズ(W3位) vs アサヒビールシルバースター(E1位)】 ―――
試合日:'09.11.08
会場:キンチョウスタジアム
開始時刻:14:30
終了時刻:17:09
天候:晴れ
観衆:837人

(C)Xリーグ広報委員会
RB#5小田が押し込んで吹田が先制
 
(C)Xリーグ広報委員会
RB#20山上が2本目のTDで突き放す
 
(C)Xリーグ広報委員会
WR#82山田へのTDパスが決まり同点
 
(C)Xリーグ広報委員会
残り時間21秒、K#11戸倉の決勝FG
 
 Xリーグ20092ndステージ・Cブロックの初戦。大阪市長居球技場でWEST3位の吹田マーヴィーズと、EAST1位のアサビビールシルバースターが対戦した。

 アサヒビールの1stシリーズ、自陣20ヤードからの攻撃。QB#5波木からWR#84新垣に56ヤードのロングパスが決まり、一気に敵陣21ヤードと攻め込む。しかしここから吹田の守備陣が踏ん張り、K#10山口の4thダウンFGトライも失敗に終わる。
 続く吹田の攻撃。自陣20ヤードからQB#11木下の67ヤード独走で、ゴール前12ヤード。だがこちらも攻めあぐね、4thダウンギャンブルも失敗に終わり、両チームとも最初の先制機を逸する。

 互いのパントの応酬が続いた1Q終盤。吹田のQB#11木下がWR#88中村へ44ヤードのパスを通し、敵陣16ヤードと前進。Qタイムを挟んでRB#21瀬川のランでダウンを一つ更新すると、ゴール前3ヤードからRB#5小田が押し込んでTD。TFPのキックはブロックされるが、6−0と吹田が先制する。

 アサヒビールもチャンスを掴む。吹田がファンブルしたボールを、DB#39中路が確保し、敵陣9ヤードまで70ヤードのファンブルリターン。
 ここからのオフェンスは、吹田の気迫溢れるゴールライン守備に阻まれるものの、続く攻撃シリーズで、QB#5波木からTE#88栗山へのパスが決まって、再びゴ―ル前へ。RB#20高橋が13ヤードを走りきってTD。TFPのキックはポストに当たって失敗となるが、6−6とアサヒビールが同点に追いつく。

 市民応援団の大きな声援を受け、吹田も反撃する。自陣45ヤードからの攻撃を、RB#21瀬川、#20山上、QB#11木下らの連続ランや相手の反則などで、連続ダウン更新してゴール前5ヤード。
 最後は、RB#20山上が相手守備をくぐり抜けてTD。TFPのキックも決まって13−6と、吹田がリードを奪って前半を終了する。

 後半最初のアサヒビールオフェンス。QB#5波木からTE#80島野、RB#20高橋へのパス、RB#23波武名のランなどが立て続けに決まって連続ダウン更新。敵陣に入ったところでWR#82山田へのTDパスが決まって、13−13。再び同点とする(TFPキック成功)。

 吹田も負けていない。キックオフのボールをKR#7中川が83ヤードのビッグリターン。ゴール前7ヤードから、最後はQB#11木下が押し込んでTD。20−13と三度、吹田が試合の主導権を奪う。

 しかしゲームはここから我慢の展開となる。吹田のオフェンスは、QB#11木下、RB#20山上、#21瀬川らキープレーヤーのランが全く進まない。
 アサヒビールもQB#5波木のパスアタックを中心に攻撃を進めるが、吹田のディフェンスセカンダリー陣の反応が良く、大きなゲインには至らない。それでも粘り強く陣地を進め、3Q終盤にK#10山口が37ヤード、4Q早々にK#11戸倉が30ヤードのFGをそれぞれ決めて、20−19と1点差まで追いあげる。

 試合残り時間2分27秒、アサヒビール自陣13ヤードからのキャッチアップオフェンス。
 このシリーズを任されたQB#19東野は、TE#88栗山、WR#17中島へのパスや、自らのランを交えながら連続ダウン更新。敵陣に入ってからの4thダウンギャンブルをWR#17中島へのパスで成功させ、ゴール前24ヤードまで進撃する。
 「あの場面は調子の良かった戸倉を選択した」(深堀HC)。残り時間21秒。4thダウンからK#11戸倉が逆転の43ヤードFGを決めて、激しい接戦に終止符を打った。

 「相手の積極的な攻守に圧倒されてペースを掴めずにいたが、最後は各ポジションがそれぞれの役割を果たしてくれた」と、アサヒビールの深堀HC。最後に追い込まれた4thダウンギャンブルの場面では「あそこは中島のキャッチングを信頼した」と、頼りになるレシーバーの名を挙げた。

 「最初から流れも良かったし、なによりディフェンスが本当に良く頑張った」と吹田の武田HC。「いい勝負は出来たが、ここを勝つのと負けるのでは大きな実力差がある。この悔しさを次に繋げていきたい」と、次の試合(鹿島戦)を見据えて気合いを入れた。

(C)日本社会人アメリカンフットボール協会
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
07/01 オービック(13)
富士通(15)

06/20 アズワン (20)
サイクロンズ(6)

06/20 アサヒ飲料(20)
吹田マーヴィーズ(9)

06/19 ブルザイズ(6)
ハリケーンズ(17)

06/19 日本ユニシス(10)
オール三菱(17)

06/19 富士ゼロックス(9)
オール東京ガス(32)

06/19 アサヒビール (28)
IBM(33)

06/13 パイレーツ(7)
オービック(62)

06/13 富士通(20)
鹿島(17)

06/12 アサヒプリテック(3)
J-Stars(36)

06/12 パナソニック電工(48)
エレコム神戸(13)

05/30 アサヒビール (17)
パイレーツ(18)

05/30 オービック(38)
IBM(0)

05/29 富士通(48)
オール三菱(9)

05/29 鹿島(64)
日本ユニシス(7)

05/23 エレコム神戸(31)
アサヒプリテック(3)

05/23 パナソニック電工(49)
アズワン (0)

05/22 吹田マーヴィーズ(33)
サイクロンズ(2)

05/22 アサヒ飲料(36)
J-Stars(0)

05/16 アサヒビール (61)
ブルザイズ(0)

 
試合日程
 
EAST
09/04 アサヒビール vs オール三菱
09/06 富士ゼロックス vs ブルザイズ
09/08 鹿島 vs IBM
CENTRAL
09/07 オービック vs ハリケーンズ
09/09 富士通 vs オール東京ガス
09/10 日本ユニシス vs パイレーツ
WEST
09/04 パナソニック電工 vs エレコム神戸
09/04 吹田マーヴィーズ vs アズワン
09/05 アサヒ飲料 vs サイクロンズ
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.