チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > X-TOP > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○オービックシーガルズ(44)
   ×
●IBM BigBlue(14)
 
【X 2009 セカンドステージ オービックシーガルズ(E2位) vs IBM BigBlue(C3位)】 ―――
試合日:'09.11.15
会場:川崎球場
開始時刻:14:30
終了時刻:17:07
天候:晴れ
観衆:1387人

(C)Xリーグ広報委員会
第1クオーター開始早々、キックオフリターンタッチダウンを決め笑顔のオービック・清水
 
(C)Xリーグ広報委員会
第2クオーター、自ら攻め込むIBM・多川(中央)
 
(C)Xリーグ広報委員会
第3クオーター14分、オービック・白木(中央)が飛び込みタッチダウンを決め37点目を挙げる
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クオーター14分、IBM・中野(中央)が飛び込みタッチダウンを決め13点目を挙げる
 
開始早々、オービックではこれまで何度も見られたシーン、WR#83清水がキックオフリターンから86ヤードを快走。先制のタッチダウンをあげる。対するIBMのQBは#14多川。自らのランプレーで前進を試みるが、ダウン更新が続かず、あえなくパントとなる。
自陣20ヤードから攻撃権を得たオービックは、RB#20古谷・#23古川のラン、QB#15龍村からWR#85萩山へのパス等、11プレー、4分38秒をかけてタッチダウン。トライフォーポイントも2点コンバージョンのパスがRB#33小島に決まり、15−0とリード。オービックの一方的な試合展開を予想させた。
しかし、続くIBMの攻撃、オービックは反則で相手にファーストダウンを与え、その後もパントに追い込むがここでファンブル。ボールを再びIBMに奪われる。IBMは敵陣25ヤードで得たチャンスで、#14多川からWR#17小川へパスを決め前進、最後は多川からWR#1岸へのパスでタッチダウン。トライフォーポイントも成功し、15−7と追い上げる。
第2クォーター最初のプレーでは、オービック#15龍村のパスがIBM#3イアン・サンプルに奪われインターセプト。なかなかリズムを掴めないオービックだったが、IBMの度重なる反則に助けられ、K#1金親のフィールドゴールで加点。18−7とする。
オービックは続くIBMの攻撃をマイナス3ヤードに抑えパントに追い込む。#20古谷のランを中心に敵陣に入るが、IBMディフェンスに阻まれ、またしてもレッドゾーンでストップ。フィールドゴールを選択するが、これをブロックされ、なかなか突き放すことができない。
しかし、IBMも次のプレーで#14多川がボールを大きくファンブル。これをオービック#45LB早坂がリカバー。今度こそタッチダウンがほしいオービックはRB#36白木・#21杉原・#20古谷がランプレーを連続、最後はQB#15龍村がエンドゾーンへ持ち込み、タッチダウン(トライフォーポイントは失敗)。24−7とリードして前半を終了する。

前半、拙攻のイメージがあったこの試合、後半は全くの守備戦。両チームのディフェンスがお互いのオフェンスの前進を許さず、パントの応酬となる。この中で光ったのは、オービックのP#1金親とパントカバーチーム。じわじわとフィールドポジションを逆転し、敵陣48ヤードからの攻撃を得る。ここからオービックは、#83清水・#36白木・#22古谷らの活躍でタッチダウン。31−7として試合を決めた。
オービックはこの後、得た攻撃権を確実にタッチダウンに結びつけ44得点を挙げる。IBMも終了間際にRB#24中野がタッチダウンを挙げるが時すでに遅し。44−14でオービックが勝利した。

IBMは何回かつけいるチャンスがあったものの、自らの反則やターンオーバーで好機をつぶし、ものにすることができなかった。
このブロックの台風の目として期待されていたが、強豪チーム相手に今日のような戦いぶりでは勝機は見出せない。
オービックは課題であったオフェンスの決定力が、試合が進むにつれて調子を取り戻してきたようだ。試合全般を通してディフェンスのパフォーマンスは安定しており、キッキングゲームでも相手より優位にたてる要素が大きいだけに、オフェンスが安定するようになれば、パナソニック電工との対戦は楽しみだ。何度も苦汁を飲まされている相手と試合会場(大阪・長居球技場)での戦いとなるが、負ければワイルドカードでの進出チャンスはほとんど無いと言っても過言ではない状況。過去、絶対絶命と言われる状況を何度と克服してきたチームだけに、どういう戦い方で前年度チャンピオンに臨むのか。興味は尽きない。

撮影:エムアイプランニング(大賀静子)
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
07/01 オービック(13)
富士通(15)

06/20 アズワン (20)
サイクロンズ(6)

06/20 アサヒ飲料(20)
吹田マーヴィーズ(9)

06/19 ブルザイズ(6)
ハリケーンズ(17)

06/19 日本ユニシス(10)
オール三菱(17)

06/19 富士ゼロックス(9)
オール東京ガス(32)

06/19 アサヒビール (28)
IBM(33)

06/13 パイレーツ(7)
オービック(62)

06/13 富士通(20)
鹿島(17)

06/12 アサヒプリテック(3)
J-Stars(36)

06/12 パナソニック電工(48)
エレコム神戸(13)

05/30 アサヒビール (17)
パイレーツ(18)

05/30 オービック(38)
IBM(0)

05/29 富士通(48)
オール三菱(9)

05/29 鹿島(64)
日本ユニシス(7)

05/23 エレコム神戸(31)
アサヒプリテック(3)

05/23 パナソニック電工(49)
アズワン (0)

05/22 吹田マーヴィーズ(33)
サイクロンズ(2)

05/22 アサヒ飲料(36)
J-Stars(0)

05/16 アサヒビール (61)
ブルザイズ(0)

 
試合日程
 
EAST
09/04 アサヒビール vs オール三菱
09/06 富士ゼロックス vs ブルザイズ
09/08 鹿島 vs IBM
CENTRAL
09/07 オービック vs ハリケーンズ
09/09 富士通 vs オール東京ガス
09/10 日本ユニシス vs パイレーツ
WEST
09/04 パナソニック電工 vs エレコム神戸
09/04 吹田マーヴィーズ vs アズワン
09/05 アサヒ飲料 vs サイクロンズ
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.