チケット情報 スタジアムガイド フォト/動画 コラム

JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
アメフット×商店街 Xリーガーお店訪問記
地域社会活動
TOP > X-TOP > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
●オール三菱ライオンズ(0)
   ×
○オール東京ガスクリエイターズ(20)
 
【第34回パールボウル Dブロック オール三菱ライオンズ vs オール東京ガスクリエイターズ】 ―――
試合日:'10.05.01
会場:川崎球場
開始時刻:11:00
終了時刻:13:35
天候:晴れ
観衆:793人

第2クオーター、オール三菱・吉田裕(右)がパスキャッチでファーストダウンを狙うも相手ディフェンスに阻まれる
 
第3クオーター3分、オール東京ガス・鈴木圭(左)が走り込みタッチダウンを決める
 
第3クオーター、オール三菱・石垣(右)が相手陣内に攻め込みファーストダウンを奪う
 
第4クオーター14分、オール東京ガス・坂井(中央)が走り込みタッチダウンを決め19点目を挙げる
 
 同一カードで連敗中だったオール東京ガスクリエイターズが雪辱を果たした。前々回(08年9月18日)は7−23、前回(09年10月24日)は14−16で敗戦。昨年はオール三菱LIONSに敗戦後、セカンドステージの下位リーグにまわり入れ替え戦も経験した。オール東京ガスクリエイターズとしてはこの試合はまさに“出直し戦”である。今シーズン飛躍できるか否かを占う上で大きな意味を持った試合だった。

 第1Q、オール東京ガスのレシーブでゲームスタート。最初のシリーズでオール東京ガスがいきなり4thダウンギャンブルを試みるも失敗し、攻撃権はオール三菱に移る。自陣からの攻撃となったオール三菱は着実にゲインしていきたいところだったが、3rdダウンで投じたパスをキャッチ後にファンブル。そのボールをオール東京ガスが抑え、再び攻撃権を得たオール東京ガスは、このシリーズで敵陣18ヤードからのフィールドゴールに成功し幸先良く先制する。ミスから先制を許したオール三菱は、RB#36石垣、RB#39丸茂を中心としたランオフェンスで反撃に出る。敵陣20ヤードまで攻め入ると、フィールドゴールで同点を狙うが、これがオール東京ガスディフェンスのブロックによって阻まれてしまう。第1Qはオール東京ガス3−0オール三菱。

 第2Q、開始直後、オール東京ガスがフィールドゴールにより3点を追加する。オール三菱は第1Q同様ランを中心として攻め、連続で攻撃権を獲得していくが、タッチダウンに結びつけるまでには至らない。前半はチャンスを確実にものにしたオール東京ガスに対して、あと一歩のところで得点を奪えなかったオール三菱。スコアではオール東京ガスが上回っているが、効果的なランオフェンスを披露したオール三菱にも充分勝機があるように見えた。

 第3Q、開始早々にオール三菱は4thダウンでパンターがスナップされたボールを落とし、自陣11ヤード地点で攻撃権をオール東京ガスに献上してしまう。オール東京ガスはRB#2鈴木のランでタッチダウンを獲得(トライも成功)。相手のミスにつけこみ、しっかりと点差を広げた。QB#14室田のドローとパスを織り交ぜたオフェンスはオール三菱ディフェンスになかなか的を絞らせず、後半の流れはオール東京ガスに傾いていく。結果的にこのクォーターでの得点は1TDに留まるものの、オール東京ガス優位の時間が続いた。

第4Q、それまでラン中心だったオール三菱オフェンスが、パスオフェンスに活路を見出す。QB#4安村はWR#84吉田、RB#36石垣へのパスを通し連続で攻撃権を更新。さらに石垣が14ヤードゲインとなるランを出し、敵陣深くまでボールを運び得点のチャンスを迎える。しかし、ここでもオール三菱はこのチャンスを得点に結びつけることができない。TDを狙ったパスがインターセプトされ、ターンオーバーを喫する。このシリーズで得点を奪えなかったのが大きく、完全にゲームはオール東京ガスのものとなってしまった。オール東京ガスは、この後もRB#45坂井のランプレイでTDを獲得(トライ成功)。最終スコア20−0でオール東京ガスの勝利となった。

オール東京ガスは相手のミスに助けられはしたものの、完封ゲームで今シーズン初勝利を飾ることが出来た。ここ2戦連敗中だったオール三菱に勝てたというのは、非常に意味のあるものだろう。この試合で得たものを次戦、さらには今シーズン全体につなげていってほしい。対してオール三菱は、ミスが多く、もう少し出来たのにというのが本音ではないだろうか。この2チームに点差ほどの実力があったようには思えない。オール三菱には次戦での奮起にぜひ期待したい。

撮影:エムアイプランニング(大賀静子・大瀧百合香)
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
01/03 オービック(24)
立命館大学(0)

JAPAN X BOWL
12/20 オービック(20)
パナソニック電工(16)

 
試合日程
 
東日本交流戦
05/01 アサヒビール vs オール三菱
05/01 鹿島 vs ノジマ相模原
05/07 パイレーツ vs 富士ゼロックスAFC
05/07 オービック vs オール東京ガス
05/08 IBM vs 日本ユニシス
05/08 富士通 vs ブルザイズ
05/14 アサヒビール vs ノジマ相模原
05/14 鹿島 vs オール三菱
05/21 ブルザイズ vs 日本ユニシス
05/21 富士通 vs IBM
05/22 オール東京ガス vs 富士ゼロックスAFC
05/22 オービック vs パイレーツ
GREEN BOWL
04/30 アサヒ飲料 vs エレコム神戸
04/30 パナソニック電工 vs アズワン
05/15 4/30 11:20の敗者 vs 4/30 14:00の敗者
05/15 4/30 11:20の勝者 vs 4/30 14:00の勝者
GREEN BOWL(チャレンジ)
05/01 富士ゼロックスJ-Stars vs 阪急
05/01 サイクロンズ vs アサヒプリテック
05/14 5/1 14:00の敗者 vs 5/1 11:20の敗者
05/14 5/1 14:00の勝者 vs 5/1 11:20の勝者
 
協会について | プライバシーポリシー
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.