チケット情報 スタジアムガイド フォト/動画 コラム

JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
アメフット×商店街 Xリーガーお店訪問記
TOP > X-TOP > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○パナソニック電工インパルス(23)
   ×
●アサヒ飲料クラブ チャレンジャーズ(20)
 
【X−WEST 2010 リーグ戦 パナソニック電工インパルス vs アサヒ飲料チャレンジャーズ】 ―――
試合日:'10.10.24
会場:長居陸上競技場
開始時刻:13:00
終了時刻:15:25
天候:曇り
観衆:5067人

(C)Xリーグ広報委員会
KR#5本多のリターンで前半に追加点
 
RB#22佃がTDを決め、追いすがる
 
QB#23椙田のランでアサヒ飲料が逆転
 
QB#8高田が起死回生の同点ドライブ
 
 XリーグWEST1stステージの最終戦。パナソニック電工インパルスとアサヒ飲料チャレンジャーズのディビジョン優勝を賭けた全勝対決は、タイブレイクの末パナソニック電工に凱歌。パナソニック電工は5戦全勝でWEST1位を獲得した。

 試合開始を告げるキックオフでパナソニック電工にビッグプレーが出る。
 自陣深いところでボールをキャッチしたKR#27辻が、タックルを1人かわすとそのまま独走態勢。84ヤードのリターンTDで、パナソニック電工が先制する。

 勢いづくパナソニック電工。アサヒ飲料最初のシリーズをあっさり退けると、自陣35ヤードからの第1シリーズ。QB#8高田からWR#5本多、#28栗原らへのパスが次々に決まり、敵陣29ヤードに迫ると、ここでRB#20石野のドロープレーが決まりTD。追加点を奪う。
 このままパナソニック電工が圧倒するのかと思われる立ち上がりだったが、ゲームはこの後、アサヒ飲料が支配することとなる。

 このゲームをコントロールしたのはアサヒ飲料のQB#23椙田。「今までのスカウティングが全く役に立たなかった。思っていた以上の準備だった」とパナソニック電工の村上監督に言わしめたプレーコールでオフェンスをドライブ。
 WR#15森へのパス、RB#32中西へのピッチプレーなどで次々とダウンを更新し、K#17山岡の33ヤードFGで反撃の狼煙。

 2Q中盤から始まった自陣20ヤードからの攻撃では、QB椙田自らのキーププレーも交えながらゴール前9ヤードまで進攻。TDパスは決まらなかったものの、K山岡のFG成功に繋げて、6−14と追いあげる。

 前半残り時間1秒。「軽く蹴って(前半を)終わらせるよう指示したのだが」とアサヒ飲料の藤本ヘッドコーチが振り返るシーン。
 アサヒ飲料が蹴りこんだキックオフのボールを、パナソニック電工のKR本多が73ヤードのビッグリターン。しかもリターン中にアサヒ飲料の反則があって、パナソニック電工は、残り時間0秒のFGトライを成功させ、17−6と引き離す。

 後半、アサヒ飲料の第1シリーズ。自陣37ヤードからQB椙田のキープでダウンを更新すると、WR#88植松へのパス、RB中西のランで敵陣21ヤードまで前進。
 最後はRB#22佃が相手ディフェンスをすり抜けてTDラン。アサヒ飲料が13−17と追いすがる。

 4Q6分15秒から始まったアサヒ飲料の攻撃。2度に渡る4thダウンギャンブルをWR森へのパス、RB佃のランで成功させ、ゴール前12ヤード。
 最後はQB椙田がキーププレーでエンドゾーンへ駆け込んでTD。20−17とアサヒ飲料がついに逆転する。

 しかし残り時間1分45秒から、パナソニック電工も底力を発揮。自陣24ヤードからWR#81塚崎へのパス、QB高田のランで連続1stダウン更新。相手の反則にも助けられゴール前30ヤードへ進むと、K#15小笠原が同点FGを決め、試合はタイブレイクへと突入する。

 タイブレイク先攻のパナソニック電工は、QB高田がWR#84吉田へのパスを決め、ゴール前3ヤードとするがTDには至らず。K小笠原がFGを決めて、3点を先制する。
 後攻のアサヒ飲料は、1stダウン更新に至らずFGトライ。K山岡の蹴ったボールがゴールポストに当たって不成功。この瞬間、パナソニック電工のディビジョン優勝が決まった。

 「恥ずかしながらの勝利。今日は完全に向こう(アサヒ飲料)のゲームだった。キックオフリターンでいいのがあってなんとか勝てたが、あとはほぼ完敗」と、苦笑いのパナソニック電工・村上監督。「ショートヤーデージをきちんと取る、止める。次からの対戦を考えたらこのままでは良くない」と、2ndステージへの対策を語った。

 「(ゲームプランの)8割ぐらいは上手くいった。選手はよくやってくれたと思う。最後は力負け」と、アサヒ飲料の藤本ヘッドコーチ。2ndステージに向けては「ウチはどこまでも挑戦者。今日出来たことを自信に繋げて頑張りたい」と、話していた。

(C)日本社会人アメリカンフットボール協会
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
EAST
10/23 オール三菱(24)
ブルザイズ(3)

10/23 アサヒビール (23)
鹿島(24)

10/23 IBM(28)
富士ゼロックス(6)

CENTRAL
10/24 パイレーツ(13)
オール東京ガス(7)

10/24 富士通(13)
オービック(17)

10/24 日本ユニシス(7)
ハリケーンズ(14)

WEST
10/24 パナソニック電工(23)
アサヒ飲料(20)

10/23 吹田マーヴィーズ(16)
エレコム神戸(13)

10/23 アズワン (9)
サイクロンズ(3)

 
試合日程
 
2ndステージ
11/06 パイレーツ vs 鹿島
11/07 オービック vs 吹田マーヴィーズ
11/07 アサヒビール vs パナソニック電工
 
協会について | プライバシーポリシー
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.