チケット情報 スタジアムガイド フォト/動画 コラム

JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
アメフット×商店街 Xリーガーお店訪問記
地域社会活動
TOP > X2-TOP/試合日程 > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 試合解説

○Sony Solidstate(23)     ×  ●クラブオックス川崎(0)

【X2−CENTRAL 2010 リーグ戦 Sony Solidstate vs クラブオックス川崎AFC 】 ―――
試合日:'10.09.23
会場:アミノバイタルフィールド
開始時刻:11:00
終了時刻:12:55
天候:雨
観衆:188人

 
 
前節の猛暑から一転して豪雨の中でキックオフされたクラブOX川崎AFC 対 SONY Solidstateの一戦。序盤は両チームともランとショートパスでオフェンスを組み立てるが、思うように進められない。このまま膠着状態が続くかと思われたが、雨が弱まりかけた1Q中盤、SONYのRB#33上窪がOXディフェンス陣の一瞬の隙を突きカットバックでオープンを駆け上がり74yadsの独走TD。7-0と先制する。
2Qに入るとSONYはスタートQB#12須田がランとショートパスを巧みに織り交ぜゴール前に進み、キッカー#61小山のFGに結びつけ3点を追加する。対するOXはRB#18中村のランを中心に反撃に出るが、SONYのDL#92小林、LB#54稲田らの力強い守備が中央突破を許さない。SONYは前半終了間際にも小山がFGを狙うがこれを外し10-0で前半を終了する。
後半に入って再び雨が激しくなる中、OX守備はDL#76佐藤、DB#42木場らの激しいタックルでSONYオフェンスを自陣に封じる。しかしオフェンスがRB#35河合・#2ベンらのランでコンスタントにゲイン奪うも、勝負どころでQB#15鳥沢のパスが決まらずこちらも自陣から進められない。
4Qに入って再び膠着状態を打開したのはSONY。#14DB飯田のインターセプトで得た敵陣からのシリーズを丁寧にゴール前まで繋ぎ、最後はWR#10樋口へのTDパスで17-0と突き放した。これでOX守備は集中力が切れたか、終了間際にもRB#33上窪が再び80YDSの独走TDで駄目を押し、23-0とSONYが勝利を収めた。
SONYは豪雨と強風の悪コンディションにもかかわらず、QB#12須田が落ち着いたボールコントロールでオフェンスを組み立て2連勝。OXは雨の為かパスが繋がらずオフェンスに決め手を欠き2連敗、次節東京電力戦に奮起を期待する。

ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
05/22 オービック(47)
パイレーツ(0)

05/22 オール東京ガス(21)
富士ゼロックスAFC(0)

05/21 富士通(34)
IBM(7)

05/21 ブルザイズ(0)
日本ユニシス(34)

05/14 鹿島(41)
オール三菱(0)

05/14 アサヒビール (9)
ノジマ相模原(0)

05/08 富士通(45)
ブルザイズ(0)

05/08 IBM(42)
日本ユニシス(17)

05/07 オービック(45)
オール東京ガス(20)

05/07 パイレーツ(43)
富士ゼロックスAFC(14)

05/01 鹿島(34)
ノジマ相模原(14)

05/01 アサヒビール (23)
オール三菱(10)

04/30 パナソニック電工(27)
アズワン (0)

04/30 アサヒ飲料(20)
エレコム神戸(3)

05/15 パナソニック電工(16)
アサヒ飲料(14)

05/15 アズワン (6)
エレコム神戸(10)

05/14 阪急(3)
アサヒプリテック(10)

05/14 富士ゼロックスJ-Stars(18)
サイクロンズ(21)

05/01 サイクロンズ(7)
アサヒプリテック(10)

05/01 阪急(19)
富士ゼロックスJ-Stars(14)

JAPAN X BOWL
12/20 オービック(20)
パナソニック電工(16)

 
試合日程
 

2011年度の日程は、
現在調整中です。

 
協会について | プライバシーポリシー
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.