チケット情報 スタジアムガイド フォト/動画 コラム

JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
アメフット×商店街 Xリーガーお店訪問記
地域社会活動
TOP > X2-TOP/試合日程 > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 試合解説

○クラブウォリアーズ(35)     ×  ●バーバリアン(14)

【X2−EAST 2010 リーグ戦 クラブウォリアーズ vs クラブバーバリアン】 ―――
試合日:'10.09.12
会場:アミノバイタルフィールド
開始時刻:11:00
終了時刻:13:15
天候:晴れ
観衆:250人

(C)Xリーグ広報委員会
今年も健在、ウォリアーズQB#17青木
 
ウォリアーズ大型TE#85佐々木
 
バーバリアンRB#13後藤
 
オフェンスキャプテンのベテランQB#14斎藤
 
開幕2日目、去年リーグ3位のウォーリアーズと9位のバーバリアンの対戦が9/12 11:00に
KICK offされた。

キックオフセレモニーでは、ウォーリアズが裏を選択し、レシーブを選択。


1Q バーバリアンのキックオフで試合が開始し、1Qが始まった。
ウォーリアーズのファーストプレーはパス。#21にヒットし、ファーストダウンを獲得。
第2プレーは、#2へのスイーププレー。23yを獲得。ゴール直前まで攻め込む。
続いて#22のダイブでTD。わずか3プレー(試合開始1:22)で7点を獲得した。

ウォーリアーズのTD後のバーバリアンの攻撃は、ウォーリアーズに対抗しパスプレーを選択。
#5にヒットする。
続いて、#34のランプレーをファーストダウンを奪うも、後の攻撃が続かず、パントとなる。
その後、ウォーリアーズ、バーバリアン共に、一歩も譲らず1Qが進む。
1Q終了間際、バーバリアンは、パス/ランを交互に繰り返し、敵陣33yまで進む。
ここで、1Qが終了する。

2Qに変わり、ファーストプレーでバーバリアンはパスプレーを選択。
#81にTDパスがヒットする。TFPも決まり7-7の同点となる。

バーバリアンのTD後は、ディフェンスが踏ん張り、ウォーリアーズの攻撃を4回で抑える。
バーバリアンは、パス/ランとバランスよく攻撃し、2Qの9:09で#83への31yTDパスがヒットする。
7-14でバーバリアンが逆転する。

逆転されたウォーリアズは、#9へのロングパスをヒットさせ敵陣19yまで攻め込む。
3連続パスするも、いずれも失敗となり4thダウンとなる。ウォーリアーズは、ギャンブルを選択。
4thダウンもパスを選択した。パスプレーは崩れるも、QBのスクランブルにより、TDを獲得する。
2Q 5:45で動転となる。

逆転を狙うバーバリアンは、パスプレーで敵陣へ攻め込もうとする。しかし、ウォーリアーズの#10が
インターセプトし、バーバリアンの攻撃を阻止する。
直後のバーバリアンのディフェンスも負けじとインターセプトする。

両者一歩も譲らず、試合が経過した。
前半のこり2:25で試合が動いた。ウォーリアーズのパントをバーバリアンがファンブルし、ウォーリアーズが抑える。
直後のファーストプレーでウォーリアーズ#1の21yのTDが決まり逆転。TFPは失敗し、20-14で逆転に成功する。

勢いに乗ったウォーリアーズは、ディフェンスが踏ん張り、残り44秒で攻撃権を得る。
2Q残り9秒 #7のTDパスが決まる。2Pも決まりウォーリアーズが28-14リードして、前半が終了した。


後半は、ウォーリアーズのKICKOFFで試合が開始された。
バーバリアンは、パスプレーで逆襲し、敵陣まで攻め込むも4thギャンブルで失敗する。
直後のウォーリアーズ攻撃。#2のランプレーで30y獲得する。その後、2ndで#1へのTDパスが決まり、35-14
とバーバリアンを引き離した。
その後、ウォーリアーズがパスインターセプトすれば、バーバリアンも負けじとパスインターセプトし、
両者一歩も譲らないディフェンスを繰り返した。
4Q開始直後、ウォーリアーズの攻撃で、バーバリアンがインターセプトする。
ランでコツコツ攻め、敵陣22yまで攻め込む。
1st、2ndダウンでTDを狙ったロングパスは失敗。続いて3rdダウンのパスでウォーリアーズ#41がカットする。
バーバリアンは、4thダウンギャンブルを選択したが失敗する。

ギャンブルを阻止したウォーリアーズディフェンスは、息を吹き返し、バーバリアンの攻撃を阻止する。
ウォーリアーズは、ラン攻撃を使い、タイムコントロールする。
4Q、残り23秒バーバリアンのランプレーでロングゲインするも、TimeUPとなり試合終了。

前半は、両者互角の戦いだったが、ディフェンス力が上まったウォーリアーズが試合の主導権を握った。
その後、勢いにのったウォーリアーズオフェンスが点差を広げた試合展開であった。

ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
05/22 オービック(47)
パイレーツ(0)

05/22 オール東京ガス(21)
富士ゼロックスAFC(0)

05/21 富士通(34)
IBM(7)

05/21 ブルザイズ(0)
日本ユニシス(34)

05/14 鹿島(41)
オール三菱(0)

05/14 アサヒビール (9)
ノジマ相模原(0)

05/08 富士通(45)
ブルザイズ(0)

05/08 IBM(42)
日本ユニシス(17)

05/07 オービック(45)
オール東京ガス(20)

05/07 パイレーツ(43)
富士ゼロックスAFC(14)

05/01 鹿島(34)
ノジマ相模原(14)

05/01 アサヒビール (23)
オール三菱(10)

04/30 パナソニック電工(27)
アズワン (0)

04/30 アサヒ飲料(20)
エレコム神戸(3)

05/15 パナソニック電工(16)
アサヒ飲料(14)

05/15 アズワン (6)
エレコム神戸(10)

05/14 阪急(3)
アサヒプリテック(10)

05/14 富士ゼロックスJ-Stars(18)
サイクロンズ(21)

05/01 サイクロンズ(7)
アサヒプリテック(10)

05/01 阪急(19)
富士ゼロックスJ-Stars(14)

JAPAN X BOWL
12/20 オービック(20)
パナソニック電工(16)

 
試合日程
 

2011年度の日程は、
現在調整中です。

 
協会について | プライバシーポリシー
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.