リーグ戦情報
試合日程
試合結果
星取表
個人記録ランキング
X2
X3X4
チケット情報
 
オンラインチケット販売
スタジアムガイド

Final6
JAPAN X BOWL
RICE BOWL

3rd IFAF World Championships2007 in KAWASAKI/JAPAN
worldcup 1999
worldcup 2003
NFL JAPAN

リーグ記録集
TOP > X-TOP > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○オービックシーガルズ(54)
   ×
●富士通フロンティアーズ(22)
 
【X-CENTRAL 2006 リーグ戦 オービックシーガルズ vs 富士通フロンティアーズ】 ―――
試合日:'06.10.16
会場:東京ドーム
開始時刻:19:00
終了時刻:21:00
天候:晴れ
観衆:5998人

(C)Xリーグ広報委員会
1Q開始早々、オービック#83清水がキックオフリターンで先制TD
 
(C)Xリーグ広報委員会
2Q開始早々、富士通#28進士が走り込んでTD
 
(C)Xリーグ広報委員会
3Q、富士通#20森本が攻め込むも相手ディフェンスに阻まれる
 
(C)Xリーグ広報委員会
4Q10分、オービック#23古川が相手ディフェンスを振り切りTD
 
リーグ戦も後半戦に突入した。第4節の緒戦は、オービックシーガルズ対富士通フロンティアーズという、強豪同士の激突となった。

試合は、1プレー目から大きく動いた。
富士通のキックオフを、オービックのリターナー#83清水が93ヤード返し、いきなりのTD。7-0とオービックが先制する。

続くオービックのキックオフを、今度は富士通#80米山が51ヤードのビッグリターンを見せ、敵陣40ヤード付近から攻撃開始。
4プレー目に#16月野から#80米山へのTDパスがヒットし、キックは不成功に終わったものの、6点を返した。その後も、両チームは得点を重ねる。
オービックは約55ヤードのドライブを#22古谷(晋)へのTDパスで得点に結びつけ、続く富士通の攻撃では、#33JacksonがQB月野のパスをカットしてボールを確保すると、そのまま45ヤードのインターセプトリターンTDを決め、21-6。

富士通も、#80米山のキックオフリターンから最後は#20森本のTDとつなげて反撃するが、オービックはまたも#83清水が94ヤードのキックオフリターンTDを決め、1Qだけで28-13という「乱打戦」となった。

2Qはお互いややペースダウンしたものの、FGなどで加点し、31-19で前半を終える。

3Q最初のシリーズ、富士通はファーストダウンを奪えずパント。
一方オービックは、自陣24ヤードから開始となった攻撃シリーズを、7プレーをかけ、最後はQB#15龍村からWR#83清水への36ヤードTDパスで突き放した。オービック守備陣も後半は富士通オフェンスを0点に抑え、最終スコアは54-22。
オービックシーガルズは、最終戦を残して地区2位以内を決め、FINAL6(決勝トーナメント)への進出を決めた。

ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
FINAL6
  富士通(31)
   ×
ON−SKY(21)
  松下電工(29)
   ×
オービック(26)
  鹿島(13)
   ×
オービック(19)
  ON−SKY(20)
   ×
アサヒ飲料(0)
 
試合日程
 
JAPAN X BOWL
12/17 富士通 vs 松下電工
 
XJCEA sports{
TOKYO@MX IC

VENUS
VENUS WEST

?AN
   
       
    本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2007 NFA All rights reserved.