チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > X-TOP > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○IBM BigBlue(30)
   ×
●ROCBULL(10)
 
【Xリーグ東日本春季交流戦2007 IBM BigBlue vs ROCBULL】 ―――
試合日:'07.05.03
会場:川崎球場
開始時刻:11:30
終了時刻: 
天候:晴れ
観衆:1442人

(C)Xリーグ広報委員会
【ROCBULL?IBM】第2クォーター6分、タッチダウンを決め笑顔で喜ぶIBM・高木幸(奥)=川崎球場(エムアイプランニング・大賀章好)
 
(C)Xリーグ広報委員会
【ROCBULL?IBM】第2クォーター、相手陣内へ突進するROCBULL・矢吹=川崎球場(エムアイプランニング・大賀章好)
 
(C)Xリーグ広報委員会
【ROCBULL?IBM】第4クォーター1分、IBM・円谷(左)が相手ディフェンスをかわしタッチダウンを決める=川崎球場(エムアイプランニング・大賀章好)
 
(C)Xリーグ広報委員会
【ROCBULL?IBM】第4クォーター、ROCBULL・冨居(右)が相手のパスを阻止する=川崎球場(エムアイプランニング・大賀章好)
 
2007年5月3日、第三回ワールドカップが川崎で開催されることになり、パールボウルトーナメントが春季交流戦となった初日のゲーム。
IBM BigBlueとクラブチーム化2年目のROCBULLのカードは、五月晴れの川崎球場で行われた。

先制したのは、2QのROCBULL。1回目のFGを惜しくも外した2回目。#10K畑木が19ヤードの距離を決めて3-0とする。
反撃するIBMは、次のシリーズでQB岡村からWR高木への30ヤードTDパスを決める。TFPは失敗するが、3-6と逆転で前半を終える。

折り返して後半、3Qの6分過ぎROCBULLの攻撃、今年度より参加のQB#12倉持が、中盤より攻撃を始め、ゴール前22ヤードからTE#89阿部にミドルゾーンへの約10ヤードのパスを通す。阿部は、そのまま守備陣をかわしてエンドゾーンへ持ち込んでTD。TFPも決め、10-6と再逆転に成功。

一方IBMも、次のキックオフで、#32飯塚の好リターンで72ヤードと陣地を一気に獲得。
その後は、ROCBULL陣25ヤードからわずか4回の攻撃でTD。最後は、QB岡村から#7福井へのパスだった。その後のTFPも決め、10-13と再逆転に成功。
その後、ROCBULLはキックオフリターン直後のランプレーでファンブルし、
IBMがリカバー。このチャンスを得てFGにつなげるが、
ROCBULLの好ブロックで追加得点を阻む。

4Qに入って、IBMはQBを岡村から#10柴田に代える。柴田は、WR#89円谷に2本のTDパスをヒットさせ14点の追加に成功する。その後もK#11井田がFGでさらに3点を獲得、一気に30-10と突きはなす。

ROCBULLも#15WR川崎がワンポイントディフェンスでパスインターセプトを決め、
#13DB矢吹の約50ヤードのキックオフリターンでチャンスを掴むものの、ゲームの主導権は奪い返せず、そのままゲームセット。交流戦初日の第一試合は、IBMに軍配が上がった。

ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
ファイナルステージ
  パナソニック電工(26)
鹿島(34)

  富士通(31)
アサヒビール (21)

X 2009 セカンドステージ
11/22 アサヒ飲料(21)
富士通(43)

11/22 オール三菱(14)
ハリケーンズ(31)

11/22 パナソニック電工(23)
オービック(20)

11/22 パイレーツ(22)
富士ゼロックス(13)

11/23 エレコム神戸(44)
アサヒプリテック(0)

11/23 アサヒビール (14)
鹿島(24)

入替戦
12/05 アサヒプリテック(0)
サイクロンズ(10)

 
試合日程
 
JAPAN X BOWL
12/21 鹿島 vs 富士通
RICE BOWL
01/03 社会人代表 vs 学生代表
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.