リーグ戦情報
試合日程
試合結果
星取表
個人記録ランキング
X2
X3X4
チケット情報
 
オンラインチケット販売
スタジアムガイド

Final6
JAPAN X BOWL
RICE BOWL

3rd IFAF World Championships2007 in KAWASAKI/JAPAN
worldcup 1999
worldcup 2003
NFL JAPAN

リーグ記録集
TOP > X-TOP > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○松下電工インパルス(24)
   ×
●内外電機マーヴィーズ(14)
 
【X-WEST 2007 リーグ戦 松下電工インパルス vs 内外電機マーヴィーズ】 ―――
試合日:'07.11.04
会場:大阪市長居球技場
開始時刻:17:20
終了時刻:20:00
天候:曇り
観衆:1034人

(C)Xリーグ広報委員会
先制点を奪った内外電機のRB#27土手下
 
(C)Xリーグ広報委員会
松下電工も反撃。QB#8高田のパス
 
(C)Xリーグ広報委員会
RB#33粳田も要所で好ゲインを奪う
 
(C)Xリーグ広報委員会
ダメ押しのTDを決めた松下電工WR#7長谷川
 
 WESTを8連覇、しかも6年連続全勝での優勝を狙う松下電工インパルスと、勝てばFINAL6出場、負ければシーズン終了という崖っぷちの内外電機マーヴィーズが対戦した。

 もう後がない内外電機。立ち上がりからいきなりのロングドライブを見せる。自陣22ヤードからのオフェンスは、3プレー連続でQB#10安斎がキープしダウンを更新。次のオフェンスでは3rdダウン13まで戻されたが、ここでQB安斎からWR#81中川へのパスが成功し、一気に敵陣まで攻め込んだ。
 ここでも3rdダウン11まで追い込まれるが、QB安斎からWR中川へのタイミングパスが決まり、またもや前進。その後もQB安斎、QB#1寺尾のランでゴール前9ヤードまで迫ると、ここでRB#28川瀬が中央を突破しTD。
 あの鉄壁と評される松下電工ディフェンスから、7分以上も費やしたロングドライブで先制点をもぎ取った。

 何とか追いつきたい松下電工は自陣43ヤードからのオフェンスで、2ndダウン13と追い込まれながら、QB高田からWR#22下川へのパスが成功し、キャッチしてから約50ヤードを独走しそのままTD。7-7とした。
 しかしこのゲームに賭けてきた内外電機も粘りを見せる。その直後の自陣16ヤードからのオフェンスで、RB#27土手下が一度はタックルされながらも振りほどいて、敵陣48ヤードまで力強く走る。
 このチャンスに、QB安斎がDBを抜いてフリーとなっていたWR#88中村へパスを決めTD。14-7と再びリードした。

 松下電工もすぐにやり返す。キックオフリターンでリターナーの石野が78ヤードをリターンし、ゴール前15ヤードからの攻撃権を得た。
 だがここはRB#1小林、RB石野のランがともに不発。QB高田からWR#81塚崎へのTDパスも内外電機のDB#19渡邊がカット。結局38ヤードのFGをK太田が決め、10-14と内外電機のリードで前半を終えた。

 後半に入って松下電工2シリーズ目のオフェンス。敵陣46ヤードからRB石野のラン、QB高田のスクランブルで前進すると、RB小林のラン、QB高田からWR#7長谷川へのパスでゴール前9ヤード。
 最後もそのWR長谷川へのピンポイントのパスが決まりTD。17-14と逆転に成功する。

 一方、内外電機オフェンスは後半完全に手詰まり状態。唯一敵陣に攻め入ったオフェンスでも、スペシャルプレーから投じたパスをインターセプトされるなど良いところなし。
 反対に松下電工は、WR長谷川がオプションピッチを受け68ヤード独走のTDを奪い、勝利を決定づけた。

 10回目のWEST優勝を果たした松下電工・村上監督は「負けることは全く考えていなかった。ただ、もう少し落ち着いてプレーしないと、バタバタしていた。リードされる展開は今シーズンなかったので、よい経験になった。去年みたいなことがないように、今年は何としても勝てるよう頑張りたい」と、ホッとした表情で話していた。

 一方の内外電機・武田ヘッドコーチは「今回、初めて松下電工に勝ちに行く試合をした。十分に勝負できたと思っている。これからも選手は松下電工を倒すまで、レベルアップして欲しい」と、悔しい敗戦にも十分すぎる手応えを感じたようだった。

(C)日本社会人アメリカンフットボール協会
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
EAST
11/04 ルネサス(12)
   ×
富士通(65)
11/04 オービック(55)
   ×
アサヒビール (6)
11/04 ROCBULL(13)
   ×
オール三菱(14)
CENTRAL
11/03 富士ゼロックス(0)
   ×
IBM(47)
11/03 鹿島(9)
   ×
ON−SKY(10)
11/03 明治安田(27)
   ×
東京ガス(26)
WEST
11/04 内外電機(14)
   ×
松下電工(24)
11/04 SRC神戸(0)
   ×
アサヒ飲料(3)
11/04 アドバ名古屋 (21)
   ×
アズワン (34)
FINAL6
  富士通(31)
   ×
ON−SKY(21)
  松下電工(29)
   ×
オービック(26)
  鹿島(13)
   ×
オービック(19)
  ON−SKY(20)
   ×
アサヒ飲料(0)
 
試合日程
 
JAPAN X BOWL
12/17 富士通 vs 松下電工
 
XJCEA sports{
TOKYO@MX IC

VENUS
VENUS WEST

?AN
   
       
    本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2007 NFA All rights reserved.