リーグ戦情報
X
X2
試合日程
試合結果
星取表
X3X4
チケット情報
 
オンラインチケット販売
スタジアムガイド

Final6
JAPAN X BOWL
RICE BOWL

3rd IFAF World Championships2007 in KAWASAKI/JAPAN
worldcup 1999
worldcup 2003
NFL JAPAN

リーグ記録集
TOP > X2-TOP/試合日程 > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 試合解説

○クラブバーバリアン(17)     ×  ●警視庁イーグルス(6)

【X2-EAST 2007 リーグ戦 クラブバーバリアン vs 警視庁イーグルス】 ―――
試合日:'07.10.13
会場:アミノバイタルフィールド
開始時刻:11:30
終了時刻:13:30
天候:晴れ
観衆:200人

(C)Xリーグ広報委員会
 
(C)Xリーグ広報委員会
 
前半開始早々敵陣に攻め入ったバーバリアンはエースRB34の相手を巧みにかわす鮮やかな44ydsランにより先制する。これに対してフィジカルで相手を上回る警視庁はじりじりと敵陣深くまで攻め込みなんとかTDを奪うもTFPのキックを外し7-6。序盤は一進一退の攻防を繰り返した両チームだが、その後徐々にペースをつかんだバーバリアンはRB34のランプレイで確実にダウンを更新し、第2QでFGを確実に決め10-6とし、4点のリードを奪う。
後半に入ると、警視庁の攻撃に対してバーバリアンの守備陣が踏ん張り、ゲインを許さず、好ポジションを確保する。バーバリアンの攻撃陣も守備陣の奮闘に応えるべく、34のランで敵陣まで攻め入ると最後はQB14からWR81への12ydsTDパスがヒット。TFPのキックも決まり17-6と警視庁を突き放す。警視庁は持ち前のフィジカルタフネスを発揮することができず、キックオフリターンも振るわず、悪いムードが漂う。こうなると警視庁オフェンスもリズムをつかめず、立て続けにQBサックに奪われる。第4Qに入ると終始バーバリアンのペースではあったが、決定力に欠いたバーバリアンのオフェンスは得点を奪えず17-6で試合終了。

バーバリアン RB34 大島選手の試合後のコメント。
先制点を取ればディフェンスが踏ん張ってくれると思ったので、まずは先制点を取ることだけを考えた。結局はディフェンスががんばったお陰でいいフィールドポジションから攻撃することができたので、今日の攻撃の得点、ならびに勝利はディフェンスによるところが大きい。次は今春勝利を奪っている東京電力戦だが、もう一度気を引き締め1からチームを出発させたい。

ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
EAST
11/04 ルネサス(12)
   ×
富士通(65)
11/04 オービック(55)
   ×
アサヒビール (6)
11/04 ROCBULL(13)
   ×
オール三菱(14)
CENTRAL
11/03 富士ゼロックス(0)
   ×
IBM(47)
11/03 鹿島(9)
   ×
ON−SKY(10)
11/03 明治安田(27)
   ×
東京ガス(26)
WEST
11/04 内外電機(14)
   ×
松下電工(24)
11/04 SRC神戸(0)
   ×
アサヒ飲料(3)
11/04 アドバ名古屋 (21)
   ×
アズワン (34)
FINAL6
  富士通(31)
   ×
ON−SKY(21)
  松下電工(29)
   ×
オービック(26)
  鹿島(13)
   ×
オービック(19)
  ON−SKY(20)
   ×
アサヒ飲料(0)
 
試合日程
 
JAPAN X BOWL
12/17 富士通 vs 松下電工
 
XJCEA sports{
TOKYO@MX IC

VENUS
VENUS WEST

?AN
   
       
    本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2007 NFA All rights reserved.