リーグ戦情報
X
X2
試合日程
試合結果
星取表
X3X4
チケット情報
 
オンラインチケット販売
スタジアムガイド

Final6
JAPAN X BOWL
RICE BOWL

3rd IFAF World Championships2007 in KAWASAKI/JAPAN
worldcup 1999
worldcup 2003
NFL JAPAN

リーグ記録集
TOP > X2-TOP/試合日程 > 試合結果 > 試合結果(詳細)
 
   
試合結果 試合解説

○電通クラブキャタピラーズ(16)     ×  ●東亜建設工業クレーンズ(7)

【X2-CENTRAL 2007 リーグ戦 電通クラブキャタピラーズ vs 東亜建設工業クレーンズ】 ―――
試合日:'07.09.15
会場:大井ふ頭中央海浜公園 第2球技場
開始時刻:17:40
終了時刻:19:50
天候:晴れ
観衆:200人

電通クラブキャタピラーズ 対 東亜建設工業クレーンズ @大井第二球技場

X2Central第1節、第3試合は昨シーズンCentral2位の電通クラブキャタピラーズとEast6位の東亜建設工業クレーンズの対戦。ゲーム序盤はディフェンス優位の試合展開で両チームともファーストダウンを更新できず、パントの蹴り合いが続く。この均衡を破ったのは東亜建設工業。第2Qに#22力がエンドゾーンへ駆け込んで先制TD。一方の電通も#17中島、#4冨田を中心にRun攻撃を展開し、すかさず同点とする。このままハーフタイム突入と思われた前半終了間際、電通は#80伊藤へのTD Passを決め、勝ち越し。13-7で前半を終える。
第3Qは両者一進一退の攻防が続くも追加点を奪えず第4Qへ。電通は#4冨田の力強いRunにより敵陣深くまで攻め込むが、東亜建設工業のディフェンスが踏ん張り、TDを与えない。しかしここは#6村上が落ち着いてFGを決め、16-7と突き放す。東亜建設工業は9点差を追いかけ、Run主体のオフェンスを展開するも#90赤尾を中心とした電通守備陣が立ちはだかり得点を奪えない。結局、電通がこのリードを最後まで守りきり、試合終了。電通が大事な初戦で勝利を飾った。

ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
EAST
11/04 ルネサス(12)
   ×
富士通(65)
11/04 オービック(55)
   ×
アサヒビール (6)
11/04 ROCBULL(13)
   ×
オール三菱(14)
CENTRAL
11/03 富士ゼロックス(0)
   ×
IBM(47)
11/03 鹿島(9)
   ×
ON−SKY(10)
11/03 明治安田(27)
   ×
東京ガス(26)
WEST
11/04 内外電機(14)
   ×
松下電工(24)
11/04 SRC神戸(0)
   ×
アサヒ飲料(3)
11/04 アドバ名古屋 (21)
   ×
アズワン (34)
FINAL6
  富士通(31)
   ×
ON−SKY(21)
  松下電工(29)
   ×
オービック(26)
  鹿島(13)
   ×
オービック(19)
  ON−SKY(20)
   ×
アサヒ飲料(0)
 
試合日程
 
JAPAN X BOWL
12/17 富士通 vs 松下電工
 
XJCEA sports{
TOKYO@MX IC

VENUS
VENUS WEST

?AN
   
       
    本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2007 NFA All rights reserved.