チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > リーグ記録集 > X/試合結果 > X試合結果(詳細:2006年度)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
●IBM BigBlue(9)
   ×
○鹿島ディアーズ(37)
 
【X-EAST 2006 リーグ戦 IBM BigBlue vs 鹿島ディアーズ】 ―――
試合日:'06.09.06
会場:東京ドーム
開始時刻:19:00
終了時刻:21:27
天候:雨
観衆:3476人

(C)Xリーグ広報委員会
1Q4分、IBMのK井田の先制のFG
 
(C)Xリーグ広報委員会
3Q6分、鹿島RB池場が走り込みTD
 
(C)Xリーグ広報委員会
4Q6分、鹿島RB曽根が攻め込みTD
 
(C)Xリーグ広報委員会
4Q11分。IBMのRB磯谷が相手DEFを振り切り TD
 
Xリーグ2006の開幕戦は、6年連続のファイナル進出を狙う鹿島ディアーズと、昨年得失点差で惜しくもファイナル進出を逃したIBMBigBlueの対戦。

特にIBMは昨年、鹿島との直接対決での敗戦が響いたこともあり、何としても雪辱を果たしたいところ。緊迫した試合展開が予想された。

試合は開始直後から動く。
鹿島は最初の攻撃で1stダウンを得たものの、次のシリーズでQB#10尾崎が放ったパスをIBMのDB#9阿部がインターセプト。
敵陣32ヤードと絶好の位置で獲得した攻撃権を、最後はK#11井田の28ヤードFGにつなげ3点を先制する。

その後は、両チームがパントを蹴りあう展開となったが、鹿島は1Q残り2分で、LB#42牧内がQB#15岡村のパスを、敵陣26ヤードでインターセプト。
TDこそ奪えなかったものの、K#87田中がFGを確実に決め、2Q早々に試合を振り出し戻した。

続くIBMのオフェンスシリーズで鹿島にビッグプレーが飛び出す。
パスを受けたWR#44天谷に、鹿島の新主将DB#23栄がファンブルフォース。すばやくボールを拾い上げた新人DB#27加藤が、快速を飛ばし67ヤードを走り切りTDを挙げた。

鹿島ディフェンスは、その後IBMにファーストダウンを与えない。前半最後のオフェンスでは、ラン、パスを織り交ぜ60ヤードをドライブし、最後はK田中のFGにつなげ13-3となったところで前半が終了した。

続くIBMのオフェンスシリーズで鹿島にビッグプレーが飛び出す。
パスを受けたWR#44天谷に、鹿島の新主将DB#23栄がファンブルフォース。すばやくボールを拾い上げた新人DB#27加藤が、快速を飛ばし67ヤードを走り切りTDを挙げた。

鹿島ディフェンスは、その後IBMにファーストダウンを与えない。前半最後のオフェンスでは、ラン、パスを織り交ぜ60ヤードをドライブし、最後はK田中のFGにつなげ13-3となったところで前半が終了した。

鹿島のディフェンスは後半も好調。IBMオフェンスをDL#99木下、#92西川の好タックルでシャットアウトする。

4Qに入っても鹿島の攻撃は止まらない。ラインの的確な仕事に裏打ちされ、個性の異なるRB池場をはじめ#5山、#11曽根らが、確実にゲインを重ね2つのTDを追加。試合の趨勢を決した。

IBMも終了間際に、ノーハドルオフェンスで90ヤードを6プレーという速攻で前進。一矢を報いるTDを奪い返すが、時すでに遅し。
37-9という予想外の大差で鹿島が開幕戦を勝利で飾った。

ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
ファイナルステージ
  パナソニック電工(26)
鹿島(34)

  富士通(31)
アサヒビール (21)

JAPAN X BOWL
12/21 鹿島(21)
富士通(14)

X 2009 セカンドステージ
11/22 アサヒ飲料(21)
富士通(43)

11/22 オール三菱(14)
ハリケーンズ(31)

11/22 パナソニック電工(23)
オービック(20)

11/22 パイレーツ(22)
富士ゼロックス(13)

11/23 エレコム神戸(44)
アサヒプリテック(0)

11/23 アサヒビール (14)
鹿島(24)

入替戦
12/05 アサヒプリテック(0)
サイクロンズ(10)

12/23 ブルザイズ(13)
電通(7)

12/23 オール東京ガス(38)
警視庁(0)

 
試合日程
 
RICE BOWL
01/03 鹿島 vs 関西大学
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.