チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > リーグ記録集 > X/試合結果 > X試合結果(詳細:2006年度)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
●ROCBULL(6)
   ×
○オール三菱ライオンズ(14)
 
【X-EAST 2006 リーグ戦 ROCBULL vs オール三菱ライオンズ】 ―――
試合日:'06.09.11
会場:東京ドーム
開始時刻:19:00
終了時刻:21:20
天候:
観衆:2127人

(C)Xリーグ広報委員会
1Q10分。ROCBULL RB#33滝田が走り込んでTD
 
(C)Xリーグ広報委員会
2Q、突進するも相手ディフェンスに阻まれるROCBULLのRB#4佐藤
 
(C)Xリーグ広報委員会
4Q2分。オール三菱RB#39丸茂が飛び込みTDを決める
 
(C)Xリーグ広報委員会
4Q、相手ディフェンスをかわし突進するオール三菱RB#20新田
 
クラブチームになった新生ROCBULLが対戦する相手は、オール三菱ライオンズ。オール三菱も今季よりユニフォームを新しくして初戦に臨んだ。

ゲームは19時、ROCBULLのK#1曽木のキックオフでスタート。オール三菱、最初のオフェンスシリーズで、P#14金氏がパントフェイクから28ヤードを走り、ファーストダウンを獲得。早くもトリックプレーが飛び出す。
しかしその後はダウン更新に至らず、攻撃権はROCBULLに移る。

ROCBULLもRB#4佐藤のランアタックで一度ファーストダウン更新するが、その後はダウン更新には至らない。

初戦の緊張を解いたのはオール三菱が先だった。QB#17木目田が、ROCBULL陣30ヤードからエンドゾーン左にパスを投げ込む。オール三菱WR#15佐倉が、ROCBULLのDB#20DB荒川に競り勝ちTD。7-0とリードした。

ROCBULLは自陣29ヤードから始まったオフェンスを、TE#89阿部へのパス、QB#16本間のラン、WR#6川上へパスを繋ぎ、最後はRB#33滝田が中央から右オープンへのランプレーで一気に60ヤードを独走TD。わずか4プレーで奪い返した。
しかしTFPのキックは失敗。6-7と同点にはならない。

その後、2Q、ハーフタイムを挟んだ3Qとも、両チームディフェンスのが踏ん張って、一進一退の攻防となり、両チーム共に一歩も譲らない。

ゲームが動いたのは、4Q。
オール三菱が均衡を破り、RB#39丸茂がエンドゾーン右へ8ヤードのTDラン。14-6と点差をひろげた。

ROCBULLも、LB#52佐藤のインターセプト、DB#25中島のファンブルリカバーと逆転へのチャンスを掴むが、その後のオフェンスが得点に結び付けられないまま試合終了となった。

オール三菱の次の試合は、9月24日川崎球場にて鹿島ディアーズと対戦。 敗れたROCBULLの次の試合も同じく24日、対戦相手はオンワードスカイラークス。

ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
ファイナルステージ
  パナソニック電工(26)
鹿島(34)

  富士通(31)
アサヒビール (21)

JAPAN X BOWL
12/21 鹿島(21)
富士通(14)

X 2009 セカンドステージ
11/22 アサヒ飲料(21)
富士通(43)

11/22 オール三菱(14)
ハリケーンズ(31)

11/22 パナソニック電工(23)
オービック(20)

11/22 パイレーツ(22)
富士ゼロックス(13)

11/23 エレコム神戸(44)
アサヒプリテック(0)

11/23 アサヒビール (14)
鹿島(24)

入替戦
12/05 アサヒプリテック(0)
サイクロンズ(10)

12/23 ブルザイズ(13)
電通(7)

12/23 オール東京ガス(38)
警視庁(0)

 
試合日程
 
RICE BOWL
01/03 鹿島 vs 関西大学
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.