チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > リーグ記録集 > X/試合結果 > X試合結果(詳細:2006年度)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○アサヒビールシルバースター(21)
   ×
●富士通フロンティアーズ(14)
 
【X-CENTRAL 2006 リーグ戦 アサヒビールシルバースター vs 富士通フロンティアーズ】 ―――
試合日:'06.09.23
会場:川崎球場
開始時刻:15:00
終了時刻:17:00
天候:晴れ
観衆:1553人

(C)Xリーグ広報委員会
1Q7分、アサヒビールRB#2花房が先制のTD
 
(C)Xリーグ広報委員会
3Q6分、自ら攻め込むアサヒビールQB#9波木
 
(C)Xリーグ広報委員会
3Q8分、富士通WE#33清水がパスをキャッチしTD
 
(C)Xリーグ広報委員会
4Q10分、TDを決め#84久保田と抱き合う富士通WR#15ブレッドブレナン
 
リーグ戦2戦目にして優勝候補同士の激突。試合は緊張した雰囲気で始まる。

最初のシリーズはお互いパントを蹴り合う展開であったが、先にチャンスを掴んだのはアサヒビールシルバースター。

富士通フロンティアーズが、ランプレーでファンブルしたボールをリカバー、その後のオフェンスを着実に進めて、最後は、RB#2花房が8ヤードを走りこんでTD。7-0(TFP成功)と先制する。

その後は、富士通がRB#20森本、#28進士の両バックを中心にボールをすすめるが、肝心なところでアサヒビール守備陣の素早い集まりに前進を阻まれる。
一方、アサヒビールもQB#9波木の切れ味の良いランプレーを軸に、しぶといボールコントロールオフェンスを展開。
前半はそのまま膠着した状態となり、7-0で終了。
後半、富士通はQBを#16月野から#4中澤にスイッチ。パスを主体としたオフェンスでアサヒビールを崩しにかかる。
一方アサヒビールは、QB波木を中心としたオフェンスが着実に進み、3Q6分34秒にRB#2花房がTD。14-0と引き離す(TFP成功)。

試合は大きくアサヒビールに傾いたかに見えたが、富士通が反撃。QB中澤からWR#32清水へのTDパスが決まり、14-7(TFP成功)とする。
しかしシルバースターも突き放す。その後の攻撃で、今度はQB#9波木からTE#88橋詰に27ヤードのTDパスがヒット。21-7(TFP成功)。 富士通は、最後まで追撃の手を緩めない。
ノーハドルオフェンスを展開し、QB中澤からWR#15ブレナンへのTDパスが決まり、21-14(TFP成功)とする。

ここで試合は、残り1分25秒。富士通はオンサイドキックを試みるが、キッカーから蹴られたボールは、アサヒビールの選手の胸の中に納まってしまう。そのままアサヒビールが残り時間を消費してゲームオーバー。
ファナイルスコア、21-14。熱戦に終止符が打たれた。

アサヒビールは2連勝。次節は10月8日川崎球場でルネサスハリケーンズと対戦。富士通は10月7日に、同じく川崎球場で東京ガスクリエイターズと対戦する。



ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
ファイナルステージ
  パナソニック電工(26)
鹿島(34)

  富士通(31)
アサヒビール (21)

JAPAN X BOWL
12/21 鹿島(21)
富士通(14)

X 2009 セカンドステージ
11/22 アサヒ飲料(21)
富士通(43)

11/22 オール三菱(14)
ハリケーンズ(31)

11/22 パナソニック電工(23)
オービック(20)

11/22 パイレーツ(22)
富士ゼロックス(13)

11/23 エレコム神戸(44)
アサヒプリテック(0)

11/23 アサヒビール (14)
鹿島(24)

入替戦
12/05 アサヒプリテック(0)
サイクロンズ(10)

12/23 ブルザイズ(13)
電通(7)

12/23 オール東京ガス(38)
警視庁(0)

 
試合日程
 
RICE BOWL
01/03 鹿島 vs 関西大学
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.