チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > リーグ記録集 > X/試合結果 > X試合結果(詳細:2006年度)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○アサヒ飲料クラブ チャレンジャーズ(42)
   ×
●SRC神戸ファイニーズ(6)
 
【X-WEST 2006 リーグ戦 SRC神戸ファイニーズ vs アサヒ飲料チャレンジャーズ】 ―――
試合日:'06.09.09
会場:大阪市長居球技場
開始時刻:14:50
終了時刻:17:05
天候:晴れ
観衆:845人

(C)Xリーグ広報委員会
 
(C)Xリーグ広報委員会
 
(C)Xリーグ広報委員会
 
2001年シーズン以来遠ざかっているXリーグ王座の奪回を目指すアサヒ飲料チェレンジャーズと、先頃、チームの新スポンサーも決定し、ムード上昇中のSRC神戸ファイニーズが対戦した。
試合開始早々から、積極的なオフェンスを繰り広げる両者の激突であったが、結局この前半戦のオフェンスの成否が、結果の明暗を分けた。


アサヒ飲料の第1シリーズ、自陣25ヤード。先発QB#18桂からWR#80吉村に、一発ダウン更新のファーストプレーが決まると、オフェンスがそのまま波に乗る。
RB#27中村(多)、#25関根らのラン、WR#7梅田へのパスなどで、ゴール前まで進むと、最後はRB#20阿倍の中央突破があっさり決まって、先制に成功。

SRC神戸も、RB#3徳重のラン、QB#18佐藤からWR#5寒川へのパスなどで敵陣へと進入するが、ゴール前20ヤード付近まで進んだところで、4thダウンFGを選択。

このキックをアサヒ飲料のDL#99加藤がデフレクト。得点を阻む。

続くアサヒ飲料のオフェンス。QB桂が今度はWR梅田、#3桃澤へのパスを軸にオフェンスをコントロール。ゴール前からRB中村(多)がフィニッシュのTDランを決め、追加点を挙げる。

対するSRC神戸は、WR#19浦野へのパス、RB#4松陰のランで連続ダウン更新するものの、敵陣に入ったところでQB佐藤が、アサヒ飲料DB#32中村(寅)にインターセプトを奪われてしまう。

直後のプレーで、代わったアサヒ飲料QB#11木下が、「最大の持ち味」(アサヒ飲料・高橋ヘッドコーチ)のQBキープで独走、一発TDラン。
さらに前半終了間際にも、QB木下が再び独走キープでエンドゾーンを駆け抜け、立て続けにTDランを決める。


アサヒ飲料は前半のオフェンスシリーズを全てTDで締めくくり、28-0。この時点で試合の趨勢を決めてしまった。

後半のアサヒ飲料。交替出場したQB#6椙田が、2本のTDを演出するなど得点を着実に重ねる。

SRC神戸も意地を見せる。試合終了間際に、QB佐藤が連続ロングパス成功で、ゴール前まで持ち込み、QB#8荒木がTDパスを成功させるが、反撃もここまで。
「オフェンスが取れるところで取れていない」と、反省しきりの、SRC神戸・山下ヘッドコーチ。
「特にディフェンスのルーキー達が自分の力を出せていない、もっとやれるはず」と、まず気持ちの面での立て直しを誓う。

ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
ファイナルステージ
  パナソニック電工(26)
鹿島(34)

  富士通(31)
アサヒビール (21)

JAPAN X BOWL
12/21 鹿島(21)
富士通(14)

X 2009 セカンドステージ
11/22 アサヒ飲料(21)
富士通(43)

11/22 オール三菱(14)
ハリケーンズ(31)

11/22 パナソニック電工(23)
オービック(20)

11/22 パイレーツ(22)
富士ゼロックス(13)

11/23 エレコム神戸(44)
アサヒプリテック(0)

11/23 アサヒビール (14)
鹿島(24)

入替戦
12/05 アサヒプリテック(0)
サイクロンズ(10)

12/23 ブルザイズ(13)
電通(7)

12/23 オール東京ガス(38)
警視庁(0)

 
試合日程
 
RICE BOWL
01/03 鹿島 vs 関西大学
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.