チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > リーグ記録集 > X2/試合結果 > X2試合結果(詳細:2007年度)
 
   
試合結果 試合解説

●ブルザイズ東京(0)     ×  ○東亜建設工業クレーンズ(16)

【Jr.パールボウル2007 Dブロック ブルザイズ東京vs東亜建設工業クレーンズ】 ―――
試合日:'07.05.26
会場:川崎球場
開始時刻:14:20
終了時刻:16:30
天候:晴れ
 

照りつける暑い日差しの中、ブルザイズのキックオフで試合
開始。

第1Q 東亜建設の最初の攻撃はパントで終わるも、ブルザ
イズの最初の攻撃シリーズで、東亜LB#13岡田がインターセプ
トし、敵陣ゴール前2ヤードまでリターンするビッグプレーが
飛び出す。このチャンスを#30永濱のダイブプレーで押し込
んで東亜が先制TD。TFPも成功し、7-0。

第2Qは両軍の守備陣が奮闘。ブルザイズ守備陣、LB#2明石、#64
鈴木の好タックル、DB#6田辺のインターセプトにより 東亜攻
撃の前進を阻む。
前半終了間際の東亜のパントでパンターがファンブルし、ブ
ルザイズがリカバー。敵陣35ヤード付近でブルザイズがチャン
スを得て#88由良へのパスなどを試みるも得点に結びつける事
が出来ず、前半が終了。7-0で前半を折り返す。

第3Qは東亜のキックオフで試合再開。しかし、この最初のリ
ターンで東亜のハードヒットをくらったブルザイズリターナー
が痛恨のファンブル。東亜にリカバーされる。このチャンスを
逃がさず、FGまでつなげて成功。10-0となる。
ブルザイズはスプレッド体型からのモーションで揺さぶりを
かけ、#39光山のラン、#82野口、#88由良へのパスで敵陣20ヤ
ードまで運ぶも4ダウンギャンブル失敗によりなかなか得点で
きない。3Q終了間際にブルザイズ攻撃のファンブルを東亜が
またもリカバーし4Qに突入。

第4Q 敵陣10ヤード付近で絶好のチャンスを得た東亜は#22
力のラン、#7板木へのパスを試みるもTDは出来ず、FG成功で1
3-0となる。
反撃を試みるブルザイズのパスを東亜#28神垣がインターセ
プト。これを東亜オフェンスQB#5横山から#7板木への17ヤー
ドパス成功などでゴール前までつなげ、キッカー#14藤田が
この日3本目のFG成功で16-0となり、そのまま試合終了。

ファーストダウン、総獲得ヤードではブルザイズが上回った
ものの、インターセプト、ファンブルリカバーをそのまま得点
につなげた東亜建設が勝利した。
昨年、入れ替え戦の憂き目をみた東亜建設が2連勝し、Dブロ
ックを突破、6/9(土) 大井第2球技場にてバーバリアンと対
決する。

ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
ファイナルステージ
  パナソニック電工(26)
鹿島(34)

  富士通(31)
アサヒビール (21)

JAPAN X BOWL
12/21 鹿島(21)
富士通(14)

X 2009 セカンドステージ
11/22 アサヒ飲料(21)
富士通(43)

11/22 オール三菱(14)
ハリケーンズ(31)

11/22 パナソニック電工(23)
オービック(20)

11/22 パイレーツ(22)
富士ゼロックス(13)

11/23 エレコム神戸(44)
アサヒプリテック(0)

11/23 アサヒビール (14)
鹿島(24)

入替戦
12/05 アサヒプリテック(0)
サイクロンズ(10)

12/23 ブルザイズ(13)
電通(7)

12/23 オール東京ガス(38)
警視庁(0)

 
試合日程
 
RICE BOWL
01/03 鹿島 vs 関西大学
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.