チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > リーグ記録集 > X/試合結果 > X試合結果(詳細:2007年度)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○富士通フロンティアーズ(31)
   ×
●オンワードスカイラークス(21)
 
【【Final6】2回戦  富士通フロンティアーズ vs オンワードスカイラークス】 ―――
試合日:'07.12.01
会場:横浜スタジアム
開始時刻:13:00
終了時刻:16:02
天候:晴れ
観衆:3529人

(C)Xリーグ広報委員会
第1クォーター、相手陣内に攻め込む富士通・森本
 
(C)Xリーグ広報委員会
第1クォーター、相手の攻撃を阻止するオンワードスカイラークス・レジーミッチェル(左)
 
(C)Xリーグ広報委員会
第2クォーター9分、富士通・ブラッドブレナンが走り込みタッチダウンを決める
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クォーター、相手陣内に攻め込むオンワードスカイラークス・石川(中央)
 
 横浜スタジアムで行われたFINAL6準決勝は、富士通フロンティアーズ(EAST1位)とオンワードスカイラークス(CENTRAL2位/以下ON-SKY)が対戦した。
 ゲームは立ち上がりからオフェンスが好調の富士通が得点を重ね、前半を17-0で折り返すと、後半も粘るON-SKYを突き放して快勝。5年ぶりに日本社会人選手権・ジャパンXボウルへの進出を果たした。

 リーグ戦でのパス成功率63.6%を記録する富士通のルーキーQB#18出原は、この日も快調な滑り出しを見せる。
 第1プレーでWR#15ブレナンにパスを決めてダウンを更新。WR#7金田へのパス、RB#20森本、#28進士らのラン、そしてQB出原のキープなどでゴール前16ヤードと迫ると、ここからはRB森本や、ショットガンからRB進士へのダイレクトスナップなど、ランプレーを立て続けに繰り出し、最後はRB森本が1ヤードを押し込んでTD。鮮やかな先制ドライブが成功する。

 さらに富士通の第2シリーズ。今度はQB出原からTE#87大矢へのパスを軸に、QB#19吉田のキーププレーなどを交えて連続ダウン更新。相手の反則にも助けられてゴール前21ヤードと進むが、ここはON-SKYのディフェンス陣が踏ん張りTDには至らないものの、K#17長谷の34ヤードFG成功で10-0とする。

 第2Q、ここまでいまひとつ攻撃のリズムが掴めなかったON-SKYが反撃を開始。
 自陣24ヤードからのオフェンスをQB#13冨澤からWR#7井本へのパスで陣地を進める。さらに富士通ディフェンス陣の激しいプレッシャーを受けながらも、QB冨澤が円熟味のあるプレーでスクランブルを連発してゴール前25ヤードと絶好の得点機に至る。しかしここからが決め手に欠き、FGトライも失敗、無得点に終わる。

 逆にオフェンス好調の富士通がさらにたたみかける。QB吉田、RB#32千葉のランでダウンを更新すると、QB出原からTE大矢へ34ヤードのロングパスが成功。一気にゴール前に押し寄せると、QB出原からWRブレナンに22ヤードTDパスがヒット、17-0と富士通が一方的なリードを奪って前半を折り返す。

 これ以上離されるわけにはいかないON-SKY。後半最初のシリーズは、QB冨澤からWR#15伊藤、#25前田、#80吉野らへのパス、QB#16本間のキープなどで4連続ダウン更新、ゴール前19ヤードと陣地を進める。
 ここで一度はFGトライ失敗となるが、相手の反則で助けられてダウン更新。QB本間、冨澤らのQBキープで前進を重ね、最後はRB伊藤がエンドゾーン右に駆け込んでTD、反撃の狼煙をあげる。

 しかし富士通オフェンスもすぐに取り返す。QB出原からWR#80米山、QB吉田からWRブレナンへのパス、RB進士の20ヤードランなどでゴール前4ヤードとすると、フィニッシュはRB千葉が中央を抜けてTD。7プレー74ヤードのTDドライブを決めて、24-7と粘るON-SKYを突き放す。

 さらに富士通は4Q7分59秒からも、QB吉田が2回連続の独走キープで合わせて70ヤードゲイン。ゴール前14ヤードからはOL陣とRB陣がパワー勝負で押し込み、RB千葉の3ヤードTDランで完結。31-7とする。

 試合残り時間4分3秒から、ON-SKYはQB冨澤のパスアタックを軸に、テンポの速いキャッチアップオフェンスを展開して2本のTDをもぎ取り、意地を見せるものの時すでに遅し。
 先制、追加、ダメ押し、と順調に得点を積み重ねた富士通が勝利を収めた。

 「ラッキーでした」の第1声は、就任3年目となる富士通・藤田ヘッドコーチ。「オフェンス、ディフェンスとも選手がよくやってくれた。このような展開になるのはまったくの予想外」と、冷静に振り返る。「選手やスタッフが本当によく頑張った。特にライン陣がホントによくやってくれて、チームを作り上げた」と、今季躍進のポイントであるライン陣の成長を称えた。
 新人ながらスターターQBとしてこの日も大活躍の出原は「練習からイメージしてきたスカウティング通りのプレーが、落ち着いて出来た」と、満足げな表情だった。

 「トータルで相手が強かった」と、ON-SKYの市瀬ヘッドコーチ。「思っていたよりパスが多く、出足のオフェンスで上手くペースを持っていかれてしまった」と、序盤の展開を悔やむ。「一人ひとりが、この敗戦を糧にして次に繋げていきたい」と、新たなスタートを誓った。

撮影:エムアイプランニング(大賀静子・中島健介)
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
ファイナルステージ
  パナソニック電工(26)
鹿島(34)

  富士通(31)
アサヒビール (21)

JAPAN X BOWL
12/21 鹿島(21)
富士通(14)

X 2009 セカンドステージ
11/22 アサヒ飲料(21)
富士通(43)

11/22 オール三菱(14)
ハリケーンズ(31)

11/22 パナソニック電工(23)
オービック(20)

11/22 パイレーツ(22)
富士ゼロックス(13)

11/23 エレコム神戸(44)
アサヒプリテック(0)

11/23 アサヒビール (14)
鹿島(24)

入替戦
12/05 アサヒプリテック(0)
サイクロンズ(10)

12/23 ブルザイズ(13)
電通(7)

12/23 オール東京ガス(38)
警視庁(0)

 
試合日程
 
RICE BOWL
01/03 鹿島 vs 関西大学
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.