チケット情報 チケット情報 フォト/動画 コラム
JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
TOP > リーグ記録集 > X2/試合結果 > X2試合結果(詳細:2007年度)
 
   
試合結果 試合解説

●警視庁イーグルス(14)     ×  ○東亜建設工業クレーンズ(20)

【Jr.パールボウル2007 Dブロック 警視庁イーグルス vs 東亜建設工業クレーンズ】 ―――
試合日:'07.04.30
会場:大井ふ頭中央海浜公園 第2球技場
開始時刻:16:20
終了時刻:18:30
天候:晴れ
 

GWの陽気の中、警視庁のKick offで試合開始。

第1Q 東亜建設攻撃 ランパスを織り交ぜながら、着実なプレーを展開。QB#5横山よりTE#15壷内のパスプレーで先制TD6-0。TD直後、警視庁もランパス織り交ぜ、時間を費やしながら、#2迫田のランプレーでTD。TFPも成功し、7-6で逆転。
第2Q は一転して双方のディフェンス陣が奮闘。東亜建設は#25宮崎、警視庁は#8西のインターセプト応酬により一進一退の攻防が続き、得点することができない。
後半、警視庁#15永友のキックオフリターンにより攻撃開始。パントファンブルリカバーを含めFGに持ち込んだが失敗。東亜建設攻撃は警視庁#24上内にインターセプトを喫するも、直後に自陣12ヤード警視庁パントの際に、東亜建設パントブロック。ここで東亜建設ドローアクションプレーによりTD TFP成功 7-13と逆転に成功。
第4Q 自陣21ヤード警視庁攻撃の際、東亜建設のQBサックによりファンブルリカバー、攻守交替。東亜建設#22のランプレーにより、TD TFP成功 7-20 警視庁を突き放す。警視庁パスプレーを展開し、#3林より#11中野のパスプレーでTD
TFP成功し、14-20

ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
ファイナルステージ
  パナソニック電工(26)
鹿島(34)

  富士通(31)
アサヒビール (21)

JAPAN X BOWL
12/21 鹿島(21)
富士通(14)

X 2009 セカンドステージ
11/22 アサヒ飲料(21)
富士通(43)

11/22 オール三菱(14)
ハリケーンズ(31)

11/22 パナソニック電工(23)
オービック(20)

11/22 パイレーツ(22)
富士ゼロックス(13)

11/23 エレコム神戸(44)
アサヒプリテック(0)

11/23 アサヒビール (14)
鹿島(24)

入替戦
12/05 アサヒプリテック(0)
サイクロンズ(10)

12/23 ブルザイズ(13)
電通(7)

12/23 オール東京ガス(38)
警視庁(0)

 
試合日程
 
RICE BOWL
01/03 鹿島 vs 関西大学
 
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
NPO法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.