チケット情報 スタジアムガイド フォト/動画 コラム

JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
アメフット×商店街 Xリーガーお店訪問記
地域社会活動
TOP > リーグ記録集 > X/試合結果 > X試合結果(詳細:2007年度)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○オービックシーガルズ(83)
   ×
●ROCBULL(7)
 
【X-EAST 2007 リーグ戦 オービックシーガルズ vs ROCBULL】 ―――
試合日:'07.10.06
会場:大井ふ頭中央海浜公園 第2球技場
開始時刻:15:00
終了時刻:17:23
天候:晴れ
観衆:905人

(C)Xリーグ広報委員会
第1クォーター、相手ディフェンスをかわし攻め込むROCBULL・服部(中央)
 
(C)Xリーグ広報委員会
第2クォーター10分、オービック・白木が走り込みタッチダウンを決める
 
(C)Xリーグ広報委員会
第3クォーター、オービック・古谷拓(中央)が走り込みファーストダウンを獲得する
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クォーター、相手陣内へ突進するROCBULL・新井
 
Xリーグ東日本EAST第三節最初の試合は、
オービックシーガルズ対ROCBULL。大井第二球技場で15時にキックオフ。

先手を取ったのは、オービック。1Q5分19秒に#36白木がタッチダウン。
その後、続いて#20古谷がボールを持ち込んで、1Qを14-0(TFP成功)で終了。

2Qに入って、オービックのディフェンスがさらに集中力を発揮して、
ROCBULLオフェンスを率いるQB#9藤原の攻撃をシャットアウト、
ファーストダウンを許さない。

一方で、オービックはパントリターンタッチダウン、パントブロックからの
リターンタッチダウンなども含めて、2Qに42点をもぎとり、
前半で、56-0と試合の大勢が決まった。

後半に入って、ROCBULLはQBを#12倉持に変えて反撃を試みる。
#33滝田のラン、#82田嶋、#15川崎へのパスが決まりだすが、
得点にはいたらず、ROCBULLの唯一のタッチダウンは、
オービックのパントスナップミスをエンドゾーンで抑えたものにとどまった。

ファイナルスコアは、83-7という意外な大量得点差に終わった。

ROCBULLの次の試合は、10月21日(日)富士通フロンティアーズ(川崎球場)。
オービックの次の試合は、10月20日(土)オール三菱ライオンズ(川崎球場)。




撮影:エムアイプランニング(大賀静子・中島健介)
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
05/22 オービック(47)
パイレーツ(0)

05/22 オール東京ガス(21)
富士ゼロックスAFC(0)

05/21 富士通(34)
IBM(7)

05/21 ブルザイズ(0)
日本ユニシス(34)

05/14 鹿島(41)
オール三菱(0)

05/14 アサヒビール (9)
ノジマ相模原(0)

05/08 富士通(45)
ブルザイズ(0)

05/08 IBM(42)
日本ユニシス(17)

05/07 オービック(45)
オール東京ガス(20)

05/07 パイレーツ(43)
富士ゼロックスAFC(14)

05/01 鹿島(34)
ノジマ相模原(14)

05/01 アサヒビール (23)
オール三菱(10)

04/30 パナソニック電工(27)
アズワン (0)

04/30 アサヒ飲料(20)
エレコム神戸(3)

05/15 パナソニック電工(16)
アサヒ飲料(14)

05/15 アズワン (6)
エレコム神戸(10)

05/14 阪急(3)
アサヒプリテック(10)

05/14 富士ゼロックスJ-Stars(18)
サイクロンズ(21)

05/01 サイクロンズ(7)
アサヒプリテック(10)

05/01 阪急(19)
富士ゼロックスJ-Stars(14)

JAPAN X BOWL
12/20 オービック(20)
パナソニック電工(16)

 
試合日程
 

2011年度の日程は、
現在調整中です。

 
協会について | プライバシーポリシー
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.