チケット情報 スタジアムガイド フォト/動画 コラム

JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
アメフット×商店街 Xリーガーお店訪問記
地域社会活動
TOP > リーグ記録集 > X/試合結果 > X試合結果(詳細:2007年度)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○ハリケーンズ(17)
   ×
●ROCBULL(14)
 
【X-EAST 2007 リーグ戦 ルネサスハリケーンズ vs ROCBULL】 ―――
試合日:'07.09.20
会場:東京ドーム
開始時刻:19:00
終了時刻:21:20
天候:晴れ
観衆:2797人

(C)Xリーグ広報委員会
第2クォーター、パス攻撃を狙うルネサス・皆川
 
(C)Xリーグ広報委員会
第2クォーター、ROCBULL・倉持(中央)の攻撃を阻止するルネサス守備陣
 
(C)Xリーグ広報委員会
第3クォーター3分、ROCBULL・服部(中央)が走り込み逆転のタッチダウンを決める
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クォーター、パスをキャッチするROCBULL・田嶋(左)
 
Xリーグ2007東日本地区、第二節。9月20日(木)東京ドーム、19時。
共にまず一勝を目指すROCBULLとルネサスハリケーンズが対戦。

先手を取ったのは、ROCBULL。1Q5分13秒にROCBULLのRB#33滝田が
ボールを持ち込んでタッチダウン7-0と先制する。(TFP成功)

しかし、この後ルネサスは、QB#9皆川のランプレイ、#20唐沢のランプレイ
に加えて#39近藤、#83櫻内らへのタイミングパスが決まり、ボールコントロールを続ける。
結果、前半に1つのタッチダウンと1つのFGを決めて、9-7で前半を折り返す。

後半になって、今度はROCBULLが試合の流れをつかむ、#33滝田のランプレイが
ゲインを重ね、最後はRB#21服部が18ヤードのタッチダウンランで、逆転に成功、
9-14(TFP成功)と逆転に成功。

しかし、その後はルネサスのディフェンスが早く反応し、ROCBULLに得点を許さず、
試合はルネサスペースで進み、4Q早々にQB#9皆川自らが持ち込んだ
タッチダウンで追加した得点(17-14 TFPは2点コンバージョン)を守りきり、
Xリーグ3シーズン目にして初の一勝を挙げた。


撮影:エムアイプランニング(大賀章好)
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
05/22 オービック(47)
パイレーツ(0)

05/22 オール東京ガス(21)
富士ゼロックスAFC(0)

05/21 富士通(34)
IBM(7)

05/21 ブルザイズ(0)
日本ユニシス(34)

05/14 鹿島(41)
オール三菱(0)

05/14 アサヒビール (9)
ノジマ相模原(0)

05/08 富士通(45)
ブルザイズ(0)

05/08 IBM(42)
日本ユニシス(17)

05/07 オービック(45)
オール東京ガス(20)

05/07 パイレーツ(43)
富士ゼロックスAFC(14)

05/01 鹿島(34)
ノジマ相模原(14)

05/01 アサヒビール (23)
オール三菱(10)

04/30 パナソニック電工(27)
アズワン (0)

04/30 アサヒ飲料(20)
エレコム神戸(3)

05/15 パナソニック電工(16)
アサヒ飲料(14)

05/15 アズワン (6)
エレコム神戸(10)

05/14 阪急(3)
アサヒプリテック(10)

05/14 富士ゼロックスJ-Stars(18)
サイクロンズ(21)

05/01 サイクロンズ(7)
アサヒプリテック(10)

05/01 阪急(19)
富士ゼロックスJ-Stars(14)

JAPAN X BOWL
12/20 オービック(20)
パナソニック電工(16)

 
試合日程
 

2011年度の日程は、
現在調整中です。

 
協会について | プライバシーポリシー
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.