チケット情報 スタジアムガイド フォト/動画 コラム

JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
アメフット×商店街 Xリーガーお店訪問記
地域社会活動
TOP > リーグ記録集 > X/試合結果 > X試合結果(詳細:2007年度)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○松下電工インパルス(24)
   ×
●アサヒ飲料クラブ チャレンジャーズ(0)
 
【X-WEST 2007 リーグ戦 松下電工インパルス vs アサヒ飲料チャレンジャーズ】 ―――
試合日:'07.10.21
会場:神戸市王子スタジアム
開始時刻:14:40
終了時刻:17:10
天候:晴れ
観衆:1213人

(C)Xリーグ広報委員会
QB#8高田からWR#7長谷川へのスクリーン
 
(C)Xリーグ広報委員会
LB#10東がインターセプトで攻撃を絶つ
 
(C)Xリーグ広報委員会
PR#22高橋の59ヤードリターンで反撃
 
(C)Xリーグ広報委員会
RB#20石野がダメ押しのTDを決める
 
WEST3強対決の第2ラウンド。松下電工インパルスとアサヒ飲料チャレンジャーズの全勝決戦は、24-0で松下電工が完封勝利。松下電工は、最終戦を待たずに2位以上が確定し、8年連続11回目のFINAL6進出を決めた。

立ち上がりの両者。よく準備された互いのディフェンスが相手のオフェンスを封じ込める。
アサヒ飲料の先発QB#18桂が、OL陣のパワーを活かして繰り出すRB#26池上、#33椎木のランで攻めれば、松下電工は、DL#13山中、LB#10東らを軸にランアタックをことごとく封じる。
松下電工は、QB#8高田から、W杯後の今季初出場となるWR#7長谷川へのパスを軸にオフェンスを展開するが、アサヒ飲料は守備範囲の広いLB#1河口を中心に踏ん張り、拮抗した内容で第1Qが終了。

第2Qから試合が動き出した。松下電工がハーフライン付近でQB高田が4thダウンギャンブルからQBスニークでダウン更新。
続いてRB#20石野のランで敵陣に入った次のプレー、QB高田が右サイドライン際を駆け上がるWR長谷川にロングパス。これがTDとなり松下電工が先制に成功する。

一方、なかなか攻撃の糸口が掴めないアサヒ飲料は、QB#6椙田にスイッチ。しかしQB椙田は、2プレー目でLB東にインターセプトを奪われてしまう。
松下電工は、前半残り時間55秒からタイムアウトを上手く使って時計をコントロール。WR#22下川へのパス、RB石野のランで陣地を進め、K#9太田のFG成功へと結びつけ、10-0で折り返す。

「あれを止めたのが最大のポイントだったかな」と、松下電工の村上監督。
後半開始の松下電工オフェンスはダウン更新ができずパント。このパントをアサヒ飲料PR#22高橋がビッグリターン。ゴール前5ヤードまで進み、アサヒ飲料は絶好の得点機を得る。
しかしここで松下電工LB東、DL#93松本が連続QBサックを奪う。22ヤードまで後退させられたアサヒ飲料はFGトライを選択。だがこれも失敗に終わり得点ならず。

アサヒ飲料の手痛い無得点の後に、松下電工が好ドライブを見せる。
自陣22ヤードからQB高田のキープ、WR#81塚崎、#86野口、長谷川へのパス、RB石野のランなどでダウン更新を重ね、最後はRB石野がエンドゾーンに駆け込んでTD。17-0と追加点を加える。

さらに3Qから4Qにかけて、QB桂からWR高橋へのパスを軸にゴール前18ヤードと迫ってきたアサヒ飲料オフェンスを、DB#16野村がインターセプトで断ち切る。
ここで自陣10ヤードからのオフェンスとなった松下電工は、QB高田が落ち着いてパスを決め、89ヤード10プレーのロングドライブをRB石野のTDで締めくくり、これがダメ押し点。
このままアサヒ飲料の反撃を抑え込み完封勝利をものにした。

「最初、いろいろなプレーを試みて流れが悪くなっていたが、OL陣が終始いいプレーをしてくれたのが結果につながった」と、いつもは辛口の村上監督も口元がゆるむ。
秋季リーグ初出場で9回捕球118ヤード1TDと大活躍を見せたWR長谷川には「いままで温めていた甲斐があった」と目を細める。
FINAL6出場は確定したが「次(内外電機戦)もいい試合をして結果を出す」と、全勝優勝を誓う村上監督。
副将LB東も「相手の得意なランプレーを止められたことが何より嬉しい」と、満足げな表情だ。「今日の勝ちを次に繋げたい」と、最終決戦へと照準を定める。

「恥ずかしい試合をしてしまった」とアサヒ飲料の高橋ヘッドコーチ。「全体を通して相手のランプレーをきっちり止めきれなかった」と敗因を語る。
最終節では、松下電工が内外電機に勝利するか、引き分ければアサヒ飲料にもFINAL6出場が残っている。もちろんアサヒ飲料の勝利は必須だ。
「他力本願となってしまったが、ウチは自分たちのゲーム(SRC神戸戦)をきっちりやる」と、切り替えて立て直しを図りたい。

(C)日本社会人アメリカンフットボール協会
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
05/22 オービック(47)
パイレーツ(0)

05/22 オール東京ガス(21)
富士ゼロックスAFC(0)

05/21 富士通(34)
IBM(7)

05/21 ブルザイズ(0)
日本ユニシス(34)

05/14 鹿島(41)
オール三菱(0)

05/14 アサヒビール (9)
ノジマ相模原(0)

05/08 富士通(45)
ブルザイズ(0)

05/08 IBM(42)
日本ユニシス(17)

05/07 オービック(45)
オール東京ガス(20)

05/07 パイレーツ(43)
富士ゼロックスAFC(14)

05/01 鹿島(34)
ノジマ相模原(14)

05/01 アサヒビール (23)
オール三菱(10)

04/30 パナソニック電工(27)
アズワン (0)

04/30 アサヒ飲料(20)
エレコム神戸(3)

05/15 パナソニック電工(16)
アサヒ飲料(14)

05/15 アズワン (6)
エレコム神戸(10)

05/14 阪急(3)
アサヒプリテック(10)

05/14 富士ゼロックスJ-Stars(18)
サイクロンズ(21)

05/01 サイクロンズ(7)
アサヒプリテック(10)

05/01 阪急(19)
富士ゼロックスJ-Stars(14)

JAPAN X BOWL
12/20 オービック(20)
パナソニック電工(16)

 
試合日程
 

2011年度の日程は、
現在調整中です。

 
協会について | プライバシーポリシー
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.