チケット情報 スタジアムガイド フォト/動画 コラム

JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
アメフット×商店街 Xリーガーお店訪問記
地域社会活動
TOP > リーグ記録集 > X/試合結果 > X試合結果(詳細:2008年度)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○鹿島ディアーズ(31)
   ×
●オール三菱ライオンズ(0)
 
【X−CENTRAL 2008 リーグ戦 鹿島ディアーズ vs オール三菱ライオンズ】 ―――
試合日:'08.09.28
会場:川崎球場
開始時刻:14:45
終了時刻:16:45
天候:くもり
観衆:840人

(C)Xリーグ広報委員会
第1クォーター5分、鹿島・佐藤(中央)が86ヤードを走りきりタッチダウンを決める
 
(C)Xリーグ広報委員会
第1クォーター、オール三菱・岡本が相手陣内に攻め込みファーストダウンを奪う
 
(C)Xリーグ広報委員会
第1クォーター、相手ディフェンスをかわし攻め込む鹿島・前田(中央)
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クォーター、パスをキャッチするオール三菱・藏重(左)
 
2008年Xリーグ CENTRALカンファレンス 第2節の最終戦
鹿島ディアーズ vsオール三菱ライオンズの試合は、鹿島ディアーズのKick Offで試合開始。
自陣30ydからオール三菱の最初の攻撃。RB#3 岡本のランプレーでファーストダウンを更新するも直後にオール三菱が痛恨のファンブル。このボールを鹿島のDL#91倉持がリカバーしターンオーバー。
鹿島は敵陣37ydの好位置からの最初の攻撃をRB#38佐藤とQB#10尾崎のランプレー、WR#18 前田へのパスでゴール前4ydへ。最後はRB#38佐藤のランでゴールラインへ走り込み先制タッチダウン。TFP成功(スコア7:0)
オール三菱の次の攻撃はスリーアンドアウトのパント。オール三菱P#14金氏の好パントにより鹿島は自陣14ydからの攻撃。ここで鹿島RB#38佐藤が86yd独走のビッグランを生み出しタッチダウン。TFP成功(スコア14:0)
またもやオール三菱の攻撃はスリーアンドアウト。自陣43ydから鹿島の攻撃。WR#18前田へのパスとRB#38佐藤のランでゲインを重ね、最後はQB#10尾崎からWR#18前田への28ydのパスが成功しタッチダウン。TFP成功(スコア21:0)。

2Qに入りオール三菱も反撃。QB#19冷水のランとWR#20斉藤へのパスが決まりファーストダウンを連続更新しリズムを掴みかけるも敵陣に攻め入ろうとしたRB#36石垣のランは鹿島DL#92西川のロスタックルを受けファーストダウン更新ならずパント。一方、鹿島の攻撃は勢いが止まらず。ここも好調なRB#38佐藤のランとWR#18前田へのパスでゲインを重ね、最後はQB#10尾崎からWR#18前田への51ydのロングパスが決まりタッチダウン。TFP成功(スコア28:0)
その後のオール三菱の攻撃はファーストダウン獲得できず。2Q残り5分、敵陣40ydからの鹿島の攻撃はランとパスを織り交ぜファーストダウンを2回更新しゴール前7ydへ。しかし、タッチダウンを狙ったQB#10尾崎のパスは、オール三菱主将SF#34長田がエンドゾーンでインターセプトし、鹿島の追加点を阻止。

3Q自陣37ydからの鹿島の攻撃は、QB#10尾崎からWR#2中川への22ydのパスが成功し前進するも、その後はオール三菱のディフェンスの壁に阻まれパント。オール三菱の後半最初の攻撃。RB#3 岡本、RB#36石垣、そしてQB#19冷水のランでゲインを重ねるも要所でのパスが決まらずパント。その後の鹿島の攻撃は敵陣38ydから好位置から。RB#49川村のランとWR#18前田へのパスで敵陣18ydへ。しかしここもオール三菱のディフェンスの壁は厚く、4thダウンギャンブルはオール三菱LB#13池田の強力なロスタックルが炸裂し、鹿島は追加点が奪えず。

3Q残り3分、敵陣49ydからの鹿島の攻撃は、QB#10尾崎からWR#22小嶋への9ydのパス成功からRB#49川村とQB#10尾崎の6回のランプレーでゴール前1ydまで攻め入り第4Qに突入。しかしここでもオール三菱ディフェンスが奮闘。鹿島は3回のランプレーで1yd突破を狙うも、オール三菱の強力なディフェンスの壁を突破できず、3rdダウンではLB#54内村の強烈なロスタックルが炸裂。最後は鹿島K#19西口が25ydのFGトライ。結果はGood。(スコア31:0)。
その後のオール三菱の攻撃は、鹿島DL#99木下のロスタックルとDL#92西川のQBサックなどを受け前進できず。また、鹿島の攻撃もQB#12池野のパスをオール三菱SF#14金氏がインターセプト。
その後オール三菱の攻撃は鹿島DL#90鈴木のQBサックにより4thダウンはパント。鹿島の攻撃も強力なオール三菱ディフェンスの前に前進できず4thダウンはパント。4Q残り2分47秒からオール三菱の最後の攻撃。QB#19冷水のランと鹿島ディフェンスのパスインターフェアの反則によりファーストダウン獲得。その後QB#19冷水からWR#7蔵重への19ydのパス成功とWR#1板坂への2度のパス、WR#25大渕への12ydのパスが成功しファーストダウンを2回更新。敵陣35yd地点からRB
#36石垣へのパスで前進するも反則によりゲインならず。残り時間僅かとなったオール三菱最後の4thダウンギャンブルはQB#19冷水からのエンドゾーンへ向けたロングパスとなったがパス失敗に終わりそのまま試合終了。最終スコアは31:0。鹿島は2試合連続の完封勝利。オール三菱は1勝1敗。

撮影:エムアイプランニング(大賀静子・大瀧百合香)
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
05/22 オービック(47)
パイレーツ(0)

05/22 オール東京ガス(21)
富士ゼロックスAFC(0)

05/21 富士通(34)
IBM(7)

05/21 ブルザイズ(0)
日本ユニシス(34)

05/14 鹿島(41)
オール三菱(0)

05/14 アサヒビール (9)
ノジマ相模原(0)

05/08 富士通(45)
ブルザイズ(0)

05/08 IBM(42)
日本ユニシス(17)

05/07 オービック(45)
オール東京ガス(20)

05/07 パイレーツ(43)
富士ゼロックスAFC(14)

05/01 鹿島(34)
ノジマ相模原(14)

05/01 アサヒビール (23)
オール三菱(10)

04/30 パナソニック電工(27)
アズワン (0)

04/30 アサヒ飲料(20)
エレコム神戸(3)

05/15 パナソニック電工(16)
アサヒ飲料(14)

05/15 アズワン (6)
エレコム神戸(10)

05/14 阪急(3)
アサヒプリテック(10)

05/14 富士ゼロックスJ-Stars(18)
サイクロンズ(21)

05/01 サイクロンズ(7)
アサヒプリテック(10)

05/01 阪急(19)
富士ゼロックスJ-Stars(14)

JAPAN X BOWL
12/20 オービック(20)
パナソニック電工(16)

 
試合日程
 

2011年度の日程は、
現在調整中です。

 
協会について | プライバシーポリシー
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.