チケット情報 スタジアムガイド フォト/動画 コラム

JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
アメフット×商店街 Xリーガーお店訪問記
地域社会活動
TOP > リーグ記録集 > X/試合結果 > X試合結果(詳細:2008年度)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○SRC神戸ファイニーズ(21)
   ×
●アサヒプリテック ゴールデンファイターズ(12)
 
【X−WEST 2008 リーグ戦 SRC神戸ファイニーズ vs アサヒプリテックゴールデンファイターズ】 ―――
試合日:'08.11.03
会場:神戸市王子スタジアム
開始時刻:12:00
終了時刻:14:20
天候:曇り
観衆:1420人

(C)Xリーグ広報委員会
試合を託されたSRC神戸QB#16樋口
 
(C)Xリーグ広報委員会
SRC神戸WR#4守山がTDパスをキャッチ
 
(C)Xリーグ広報委員会
SRC神戸のオフェンスを支えるRB#27草清
 
(C)Xリーグ広報委員会
RB#40亀川が追撃のTDをあげる
 
 WEST最終節のサバイバルマッチ第2ラウンド。この試合に勝つと3位、負けると入替戦出場と、まさに瀬戸際のSRC神戸ファイニーズ。対するは、2日のゲームでアズワンが敗れているため入替戦出場はなくなった(直接対決で勝利)が、「この試合が今季の総決算」(井上監督)と気合い十分のアサヒプリテックゴールデンファイターズ。2008年WEST最終ゲームが、神戸市王子スタジアムで行われた。

 開始早々、SRC神戸が鮮やかな先制ドライブ。今季は早々にエースQB#18佐藤を負傷で失い、さらに#8荒木も負傷中という厳しい状況の中、阪大出身の若手QB#16樋口がオフェンスを指揮する。
 QB#16樋口は期待に応え、エースRB#27草清のラン、WR#7笠巻へのパス、自らのランなどで連続ダウン更新。瞬く間にゴール前10ヤードと押し寄せる。
 しかし、アサヒプリテック守備もここで粘りを見せる。SRC神戸は3rdダウンロングと追い込まれたところで、QB#18佐藤がワンポイントリリーフ。WR#4守山へTDパス一閃、エースQBの存在感をアピールした働きで、SRC神戸が先制に成功する。

 前節、闘志溢れるプレーでアズワンを破ったアサヒプリテックも、反撃開始。
 QB#11松本のオプション攻撃から繰り出すRB#40亀川のランを武器にドライブ開始。だがまだ完全復調ではない#40亀川のランが思うように伸びず、自陣を脱することが出来ない。

 2Q、その#40亀川のゲインが出て、アサヒプリテックがようやく敵陣に入ったところでのプレー。QB#11松本からのパスを受けたWR#19前川に、SRC神戸ディフェンス陣が激しいファンブルフォース。こぼれた球をSRC神戸のDB#22四方が拾い上げ、そのままエンドゾーンに駆け込みTD。追加点をあげ、14−0で前半を折り返す。

 SRC神戸、後半最初のシリーズ。自陣5ヤードからQB#16樋口が、こんどはRB#48宮下の力強い走りを軸にオフェンスをコントロール。RB#21後藤のラン、RB#27草清へのパスなども交えながら、ゴール前15ヤードと陣地を進める。
 ここで再び3rdダウンロングと追い込まれるが、今度はQB#16樋口からWR#81松岡(大)へTDパスがヒット。95ヤード、5分18秒のロングドライブを、ダメ押しの21点目に繋げた。

 3Q終盤、アサヒプリテックは自陣30ヤード付近から蹴ったパントのボールを、SRC神戸のリターナーがファンブルしたところで、すかさずDL#90寺井が確保。敵陣34ヤードから再び攻撃権と絶好のチャンスを迎える。
 ゴール前24ヤード、4thダウンギャンブルからQB#11松本がWR#83田中にTDパスを決め、6−21と反撃(TFPキック失敗)。
 さらにアサヒプリテックは、4QにもRB#40亀川のランを軸に粘り強いドライブを見せ、最後もピッチを受けたRB#12亀川がエンドゾーンに駆け込んで、12−21と追いすがる(TFPプレー失敗)。

 しかしアサヒプリテックの反撃もここまで。最後はQB#16樋口が勝利のニーダウンで時計を進め、SRC神戸がWEST3位の座を獲得した。

 「オフェンスが、特に樋口がよく頑張ってTDを取ってくれた」と、破顔一笑のSRC神戸の畑原監督。「(樋口は)自分のプレーが出来て、自信にも繋がったでしょう」と若きQBの活躍を称えた。「今季は惜しい試合を落としてきた。しかし、ようやくFINAL6を狙えるチームが整ってきた」と、来季への期待に花が咲く。

 一方、アサヒプリテックの井上監督は「アズワンとやったときのような気持ちが足りない。X残留の安心感からか、油断やブレがあった」と、悔しさをにじませる。「ここで本当にファイニーズに勝ってこそ結果。やはりそれが宿題」と、来季に向けて気を吐いた。

(C)日本社会人アメリカンフットボール協会
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
05/22 オービック(47)
パイレーツ(0)

05/22 オール東京ガス(21)
富士ゼロックスAFC(0)

05/21 富士通(34)
IBM(7)

05/21 ブルザイズ(0)
日本ユニシス(34)

05/14 鹿島(41)
オール三菱(0)

05/14 アサヒビール (9)
ノジマ相模原(0)

05/08 富士通(45)
ブルザイズ(0)

05/08 IBM(42)
日本ユニシス(17)

05/07 オービック(45)
オール東京ガス(20)

05/07 パイレーツ(43)
富士ゼロックスAFC(14)

05/01 鹿島(34)
ノジマ相模原(14)

05/01 アサヒビール (23)
オール三菱(10)

04/30 パナソニック電工(27)
アズワン (0)

04/30 アサヒ飲料(20)
エレコム神戸(3)

05/15 パナソニック電工(16)
アサヒ飲料(14)

05/15 アズワン (6)
エレコム神戸(10)

05/14 阪急(3)
アサヒプリテック(10)

05/14 富士ゼロックスJ-Stars(18)
サイクロンズ(21)

05/01 サイクロンズ(7)
アサヒプリテック(10)

05/01 阪急(19)
富士ゼロックスJ-Stars(14)

JAPAN X BOWL
12/20 オービック(20)
パナソニック電工(16)

 
試合日程
 

2011年度の日程は、
現在調整中です。

 
協会について | プライバシーポリシー
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.