チケット情報 スタジアムガイド フォト/動画 コラム

JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
アメフット×商店街 Xリーガーお店訪問記
地域社会活動
TOP > リーグ記録集 > X/試合結果 > X試合結果(詳細:2008年度)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○オンワードオークス(30)
   ×
●IBM BigBlue(29)
 
【第32回パールボウルトーナメント Cブロック第3節 オンワードオークス vs IBM BigBlue】 ―――
試合日:'08.05.18
会場:大井ふ頭中央海浜公園 第2球技場
開始時刻:14:00
終了時刻:16:50
天候:晴れ
観衆:1221人

(C)Xリーグ広報委員会
第2クォーター、相手ディフェンスを交わし攻め込むIBM・サンプル(中央)
 
(C)Xリーグ広報委員会
第3クォーター、試合を組み立てるオンワード・菅原(右)
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クォーター、相手陣内に攻め込むIBM・磯谷
 
(C)Xリーグ広報委員会
第4クォーター残り3秒、37ヤードのフィールドゴールを決め再逆転を果たしたオンワード・西村
 
昨シーズン、大熱戦を演じたオンワードとIBMの対戦。この試合も、昨シーズンの試合を彷彿させる激しい内容となった。

先制したのはIBM。QB#15岡村からWR#83サンプルへの23ヤードパスで大きく前進。ゴール前でオンワードの反則もあり、1ヤードと迫ったところで、RB#39礒谷がドライブしたボールをファンブル。幸運なことに、エンドゾーンにいたWR#13岸がこれを押さえて、この試合最初のTDを記録した(TFPキック成功)。しかし、その直後のキックオフでは、オンワードRB#20杉原がボールをキャッチすると一気に加速、89ヤードのキックオフリターンTDを見せ、試合を直ぐに振り出しに戻す。

続くIBMのオフェンスシリーズでは、オンワードの反則にも助けられてダウンを更新。ゴール前4ヤードに迫ると、RB#2片岡が飛込み再び試合を14-7とIBMがリードする(TFPキック成功)。続くオンワードのオフェンスシリーズは、QB#13冨澤のパスをIBM DB#20古川がインターセプト。試合の流れはIBMに傾いたまま2Qに入る。IBMは、インターセプトで得たチャンスをTDに繋げられなかったものの、K#11井田が25ヤードFGを決め17-7とさらにリードを広げる。

オンワードも2Qに入り体制を立て直し、ランプレーを中心にシリーズを構成。RB#20杉原が2ヤードを飛込み14-17とIBMを追い上げていく。これで波に乗りたいオンワードだが、IBMの4thダウンパントをファンブルしIBMがそれをリカバー。さらに続くオンワードのオフェンスシリーズも、QB冨澤がIBM LB#49神前のファンブルフォースを受け攻守交代。ここからIBMは、再びRB片岡が4ヤードを駆け抜けTD(TFPキック失敗)。23-14と点差を広げ、前半はIBMが試合の主導権を握って終了した。

3Qに入ると、オンワードはルーキーQB#4菅原を投入。これが功を奏し、IBMディフェンスが混乱する中RB#31杉澤が1ヤードのTDランを決める(TFPキック成功)。IBMの攻撃をパントに追い込み、再びオンワードのオフェンスシリーズ。QB菅原が、ラン・パスとシリーズを上手く組立ゴール前15ヤードまで攻め込むものの、IBMディフェンスも踏ん張りFGを失敗に追い込み、23-21とリードを守って試合はいよいよ4Qに入る。

まず動いたのはオンワード。QBを再び冨澤に戻すと、WR#7井本へのパスで大きく前進。WR#3岩崎への11ヤードパスで3rdダウンコンバージョンを成功させると、最後はRB#18宮幸が1ヤードを飛込み逆転のTD。TFPのパスは失敗したが、27-23とオンワードがこの試合初めてリードする。残り3分15秒からのIBMオフェンスシリーズ、TDがなんとしても必要なIBMは、WR#44天谷、SB#18高木、WR#89円谷とロングパスが決まり敵陣に入ると、最後はWR#17小川に29ヤードTDパスが決まり29-27と再び試合を逆転する(TFPキック失敗)。

残り56秒から、再度の逆転を賭けたオンワードの攻撃は、要所要所でQB冨澤のファーストダウン更新のパスが決まり時計を止めながらIBM陣内を前進していく。ゴール前20ヤード3rdダウン残り8秒になったところでオンワードはK#1西村に全てを託す。プレッシャーの中蹴られたボールは、ゴールポストに吸い込まれ37ヤードのFG成功。前回とは逆にオンワードが30-29と劇的な勝利を飾った。

この結果、Cブロックではオンワードオークスが一位となりパールボウルトーナメント準決勝に進出。5月31日にDブロック一位の鹿島ディアーズと大井第二球技場で対戦する。ブロック二位となったIBM BigBlueは、Dブロック二位の富士ゼロックスクラブAFCと、6月8日川崎球場で対戦する。

撮影:エムアイプランニング(大賀静子)
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
05/22 オービック(47)
パイレーツ(0)

05/22 オール東京ガス(21)
富士ゼロックスAFC(0)

05/21 富士通(34)
IBM(7)

05/21 ブルザイズ(0)
日本ユニシス(34)

05/14 鹿島(41)
オール三菱(0)

05/14 アサヒビール (9)
ノジマ相模原(0)

05/08 富士通(45)
ブルザイズ(0)

05/08 IBM(42)
日本ユニシス(17)

05/07 オービック(45)
オール東京ガス(20)

05/07 パイレーツ(43)
富士ゼロックスAFC(14)

05/01 鹿島(34)
ノジマ相模原(14)

05/01 アサヒビール (23)
オール三菱(10)

04/30 パナソニック電工(27)
アズワン (0)

04/30 アサヒ飲料(20)
エレコム神戸(3)

05/15 パナソニック電工(16)
アサヒ飲料(14)

05/15 アズワン (6)
エレコム神戸(10)

05/14 阪急(3)
アサヒプリテック(10)

05/14 富士ゼロックスJ-Stars(18)
サイクロンズ(21)

05/01 サイクロンズ(7)
アサヒプリテック(10)

05/01 阪急(19)
富士ゼロックスJ-Stars(14)

JAPAN X BOWL
12/20 オービック(20)
パナソニック電工(16)

 
試合日程
 

2011年度の日程は、
現在調整中です。

 
協会について | プライバシーポリシー
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.