チケット情報 スタジアムガイド フォト/動画 コラム

JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
アメフット×商店街 Xリーガーお店訪問記
地域社会活動
TOP > リーグ記録集 > X/試合結果 > X試合結果(詳細:2008年度)
 
   
試合結果 個人記録 試合解説
 
 
○鹿島ディアーズ(27)
   ×
●オンワードオークス(14)
 
【第32回パールボウルトーナメント 順位決定戦(Dブロック1位vsCブロック1位)】 ―――
試合日:'08.05.31
会場:大井ふ頭中央海浜公園 第2球技場
開始時刻:11:00
終了時刻:13:23
天候:雨
観衆:957人

(C)Xリーグ広報委員会
第1クォーター14分、鹿島・佐野がインターセプトタッチダウンを決める
 
(C)Xリーグ広報委員会
第1クォーター、自ら攻め込むオンワード・冨澤(中央)
 
(C)Xリーグ広報委員会
第3クォーター、相手陣内に攻め込む鹿島・丸田
 
(C)Xリーグ広報委員会
第3クォーター、オンワード・杉原(中央)が相手陣内に攻め込みファーストダウンを獲得する
 
パールボウルトーナメント準決勝第1試合は、鹿島ディアーズとオンワードオークスの対戦。昨年、一昨年と僅差の激闘を繰り広げてきた両雄の戦いは、今年も接戦が予想されたが、勝負は意外な展開となった。

試合開始のキックオフはオンワード。鹿島はこのボールを自陣19ヤードまでリターンして最初の攻撃シリーズを開始する。先発QB#10尾崎はRB#29丸田、#11曽根のランでコンスタントにゲインを重ね、瞬く間に敵陣へ攻め込む。そしてオンワードディフェンスがランストップ出来ず焦りだしたところにWR#22小嶋へ39ヤードのパスを通し、一気に敵陣15ヤードへと進攻する。最後はRB#29丸田が15ヤードを走りきりTD。鹿島はこのシリーズを8プレーで完結し、理想的な形で先制点を奪った(TFPも成功し7−0)。
続くオンワードの攻撃、QBには#13冨澤が先発し反撃を開始するかと思われたが、最初のプレーでQBサックを受け6ヤード後退すると、次のプレーでRB#20杉原がボールをファンブル。鹿島ディフェンスがボールを押さえ敵陣22ヤードから絶好のチャンスを手に入れる。オンワードディフェンスが慌てる中、鹿島は1プレーでRB#29丸田が22ヤードを走りTD(TFP成功)。14−0と差を広げる。
オンワードも反撃を試みるが、鹿島ディフェンスの壁を突破出来ず、続く攻撃シリーズもパントとなる。対する鹿島も敵陣までは攻め込むが、ここはオンワードディフェンスが踏ん張りパントへと追い込む。しかし、鹿島パンター#19西口が蹴ったパントはオンワード陣1ヤードでボールデッド、オンワードは厳しい地点からの攻撃を強いられる。そして攻守に攻勢を仕掛ける鹿島にまたもやビッグプレーが生まれる。オンワード自陣7ヤードからの3rdダウン、オンワードQB#13冨澤の1stダウン狙いのパスを鹿島のDB#24佐野がインターセプトリターンTD。TFPは失敗したものの、第1Qで20−0とまさかの一方的な展開となった。

第2Qに入ると、試合はようやく落ち着きを取り戻すが、オンワードは苦しいフィールドポジションからの攻撃が続き、鹿島から得点を奪うことが出来ないまま前半を終了する。

後半に入ると、流れを変えたいオンワードはQBに新人#4菅原を起用する。菅原は落ち着いて攻撃を指揮し敵陣まで攻め込むが、結局このシリーズはパントとなる。対する鹿島はランプレーを中心に攻撃を組み立てるが、こちらも効果的なゲインを奪えない。試合展開が膠着状態に入ったかに思われた第3Q中盤、オンワードが反撃の狼煙を上げる。後半3度目の攻撃シリーズ、QB菅原はRB#20杉原と自らのランで1stダウンを更新すると、5プレー目にパスコースへ出た杉原へパスを投じる。パスをキャッチした杉原は、スピードを活かして鹿島ディフェンスを抜き去りそのままエンドゾーンへ。TFPも成功しオンワードに待望の7点が入る。
オンワードベンチが待望のTDに息を吹き返す中、今度は鹿島にビッグプレーが生まれる。続く攻撃の1プレー目、QB#10尾崎は新人WR#18前田へヒッチパス。前田はそのボールをキャッチすると縦にそのまま加速し58ヤードのビッグゲイン。一気に敵陣ゴール前1ヤードまでボールを運ぶ。最後はRB#38佐藤のランでTD(TFP成功)。27−7と再び20点差として第3Qを終える。
第4Qに入り、もう後がないオンワードはパスで進攻を図るが、鹿島DL#92西川、新人#90鈴木にQBサックをもらうなど、最後までリズムが掴めない。中盤にはWR#25前田へのパスでTDを返すが反撃もここまで。終始安定した試合運びで序盤の大量リードを守りきった鹿島ディアーズが、27−14で勝利し決勝戦へと駒を進めた。

撮影:エムアイプランニング(大賀静子・田中伸弥・大瀧百合香)
ページの先頭へ
 
 
前節試合結果
 
05/22 オービック(47)
パイレーツ(0)

05/22 オール東京ガス(21)
富士ゼロックスAFC(0)

05/21 富士通(34)
IBM(7)

05/21 ブルザイズ(0)
日本ユニシス(34)

05/14 鹿島(41)
オール三菱(0)

05/14 アサヒビール (9)
ノジマ相模原(0)

05/08 富士通(45)
ブルザイズ(0)

05/08 IBM(42)
日本ユニシス(17)

05/07 オービック(45)
オール東京ガス(20)

05/07 パイレーツ(43)
富士ゼロックスAFC(14)

05/01 鹿島(34)
ノジマ相模原(14)

05/01 アサヒビール (23)
オール三菱(10)

04/30 パナソニック電工(27)
アズワン (0)

04/30 アサヒ飲料(20)
エレコム神戸(3)

05/15 パナソニック電工(16)
アサヒ飲料(14)

05/15 アズワン (6)
エレコム神戸(10)

05/14 阪急(3)
アサヒプリテック(10)

05/14 富士ゼロックスJ-Stars(18)
サイクロンズ(21)

05/01 サイクロンズ(7)
アサヒプリテック(10)

05/01 阪急(19)
富士ゼロックスJ-Stars(14)

JAPAN X BOWL
12/20 オービック(20)
パナソニック電工(16)

 
試合日程
 

2011年度の日程は、
現在調整中です。

 
協会について | プライバシーポリシー
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.