井内盛栄堂 VS イワタニ

チーム名

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

井内盛栄堂 ブラックイーグルス

0

7

7

0

14

イワタニ サイドワインダーズ

14

0

0

7

21


古豪チーム同士の白熱ゲームをイワタニが制す!

 2年目を迎えたQB大橋率いるイワタニサイドワインダーズと、スポンサーを得て初めての公式戦となる井内盛栄堂ブラックイーグルスが対戦した。

 試合開始早々、井内盛栄堂は自陣28ヤードからの攻撃を、RB山本や2年目を迎えた丹野らが積極的な走りを見せ、ゴール前27ヤードまで迫った。ここでキッカー朴が登場し44ヤードのFGを狙うが失敗し先制することができなかった。

 一方のイワタニは大橋のパスが冴えた。2回連続パスを失敗した第3ダウン、WR堀へのパスが決まりファーストダウンを獲得。その後、下里、島崎へもミドルパスや、RB廣長の28ヤードのビッグランなどでゴール前8ヤードまで攻め込み、最後は自らが持ち込みTD。ラン、パスのバランス良く先制点を挙げた。
 続く第2シリーズでも廣長、近藤のランで確実にゲインして、最後はTE越智への50ヤードのパスが決まりTD。試合の主導権をイワタニが握ったかと思われた。しかし、ここから井内盛栄堂の反撃が始まる。

 相手のパントミスから得たゴール前34ヤードからの攻撃を、QB杉谷、丹野らのランで着実にゲインを重ね、最後は杉谷のパスをWR蔵満がキャッチしてTD。
 後半の第1シリーズでも、自陣33ヤードからの攻撃を山本、丹野らのランやドロー攻撃でゴール前まで迫り、残り1ヤードをQB杉谷が自ら持ち込んでTD。とうとう同点に追い付いた。

 その後はイワタニは着実にゲインはするものの痛い所で反則。また井内盛栄堂は同点になってホっとしたのか、攻撃にリズムを無くしてしまった。

 一進一退の攻防が続く中、勝ち越しのTDを奪ったのはイワタニだ。第4Q自陣からの攻撃を堀への33ヤードのパス、廣長、小串らのビッグランでゴール前2ヤードまで迫り最後は大橋が持ち込んでTD。21ー14とした。
 井内盛栄堂も追い上げたものの力及ばず、新チームとしての初戦を白星で飾ることができなかった。

 QB大橋は「肩の調子は良かったし、第1Qの雰囲気からいけば、もっと点を取らないといけませんよね。後半に調子が落ちてしまうイワタニの悪い癖がやっぱり出てしまいました。学生とは違う、社会人のフィジカル面を意識してこれからも頑張ります」と自己採点は厳しい。
 一方の井内盛栄堂の義政監督は「あきませんでしたね。特にOLとRBのタイミングのズレがまだ直し切れていませんでした。せっかくスポンサーがついたんだから、これからは勝つためのフットボールをやっていきます」とこの試合を反省材料にチーム力アップを誓っていた。


試合結果を見る

個人記録を見る