X League
リーグ記録集 1997〜2005 記録集TOP 閉じる
   
JAPAN X BOWL


 「勝負強さ」とは何か。
 今年のアサヒビールシルバースターは、それを知っているチームであろう。

 リーグ開幕戦ではクラブハスキーズに70−0と大勝したものの、第2節でオンワードスカイラークスに完敗。開幕早々、あとがない状況に追い込まれた。

 しかしアサヒビールは、そこから這い上がってきた。
 第4節ではパールボウルの覇者・富士通フロンティアーズを相手に、前半を14−0とリードを許し、FINAL6進出は断たれたかと思われた。
 が、後半に入ると抜群の集中力を見せる。QB金岡のパスを中心に反撃を開始。RB吉岡、WR梶山がTDを奪って同点とすると、ディフェンス陣は、ベストRB森本を擁する富士通のグラウンドアタックをシャットアウト。
 最後に富士通が得た勝ち越しのチャンスも、LB山下のインターセプトで断ち切って、引き分けに持ち込み、「後半のアサヒビールは素晴らしかった」と、富士通のカート・ローズヘッドコーチに言わしめた。

FINAL6鹿島戦 (C)MakotoSATO  結局、この「勝ちに等しい引き分け」(アサヒビール・深堀ヘッドコーチ)が決め手となって、FINAL6に進出することとなった。

 FINAL6初戦では、今季CENTRAL全勝優勝の鹿島ディアーズと対戦。
 試合開始早々にフィールドゴールで3点を失うものの、その後はゲインは許しても、追加点は決して許さないディフェンスで、粘りを見せる。
 試合残り時間4分半。自陣25ヤードまで鹿島に攻め込まれ、試合を決める追加点を奪われるかと思ったところでDB米田がインターセプト。
 このワンチャンスに、それまで鹿島ディフェンスに抑えられていたオフェンス陣が奮起。RB中村(友)、花房、伊是名のRBトリオのランで、TDに結びつけ逆転に成功する。

 「相手の勝負強さが上回った。ワンチャンスを確実にものにする集中力、要所でのターンオーバー、ベテランの頑張りがアサヒビールに勝利をもたらした」と、鹿島の森ヘッドコーチを悔しがらせた。

 FINAL6準決勝では、西のパワーハウス・松下電工インパルスと対戦。

 この試合でもWR梶山のビックプレーなどで先手を取ると、ディフェンスは相手の4回ファンブルを3回リカバーし、ことごとく追加点に結びつける。
 「一番の敗因はファンブル」(松下電工・村上監督)と、王座奪回に燃えるWEST王者を自滅に追い込んだ。

 「ディフェンスはよく我慢した」と深堀ヘッドコーチ。
 オフェンスが得点をあげられない状況でも、相手にリードを許している状況でも、集中力が途切れず、チャンスに結びつくターンオーバーを果敢に狙い続ける。ゴール前までに迫られようとも、決して諦めずに粘りを見せる。
 このディフェンスこそが今年のアサヒビールの「強さ」。

 そして、そこから掴んだ僅かなチャンスを、確実に得点に結びつけるオフェンス。
 QB金岡を始め、WR梶山、RB吉岡、OL寺山ら、ベテランプレーヤー達が要所で見せる凄まじいまでの集中力こそ、アサヒビールの「勝負強さ」だろう。

 大接戦となったジャパンエックスボウルでは、あと一歩及ばなかったものの、「CENTRAL、WESTのチャンピオンに競り勝って、ここまでこれたのは次につながる大きな成果」と、深堀ヘッドに悔いはない。
 「またね、もう一回り大きなチームを作ってきますよ」(阿部監督)と、苦しいシーズンを終えたアサヒビールが、新たなスタートを切った。
 

FINISH RESULT 2003
   9月11日 70- 0 vs クラブハスキーズ
   9月22日  7-24 vs オンワードスカイラークス
  10月 5日 45- 7 vs 東京ガスクリエイターズ
  10月18日 14-14 vs 富士通フロンティアーズ
  11月 2日 17- 6 vs 日産スカイライナーズ
FINAL6 11月16日  7- 3 vs 鹿島ディアーズ
FINAL6 11月29日 21-14 vs 松下電工インパルス
JAPANXBOWL 12月16日 10-13 vs オンワードスカイラークス


  2003年リーグ戦(5試合)の戦績

SCORE

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
総得点 49 38 28 38 153
Avg(5試合) 9.8 7.6 5.6 7.6 30.6
総失点 16 5 14 9 44
Avg(5試合) 3.2 1.0 2.8 1.8 8.8

OFFENSE

PASS ATT AVG RUSH ATT AVG TOTAL ATT AVG
総獲得ヤード 865 115 7.5 858 174 4.9 1723 289 6.0
Avg(5試合) 173 23 7.5 171.6 34.8 4.9 344.6 57.8 6.0
ランク (/18) 5/18 4/18 4/18

DEFENSE

PASS ATT AVG RUSH ATT AVG TOTAL ATT AVG
総喪失ヤード 430 107 4.0 613 161 3.8 1043 268 3.9
Avg(5試合) 86 21.4 4.0 122.6 32.2 3.8 208.6 53.6 3.9
ランク (/18) 3/18 7/18 6/18

※ランク(/18)は、Xリーグ18チーム中のリーグ戦での5試合平均獲得・喪失ヤードの順位




 
 
  日本社会人アメリカンフットボール協会 Copyright (C) 2007 NFA All Rights Reserved.