X League
リーグ記録集 1997〜2005 記録集TOP 閉じる
   
鹿島
画像  今季、日本一へ最も射程距離圏内にいるのは、鹿島ディアーズと言っても過言でない。
 春のパールボウルでの圧倒的な優勝に始まり、秋季リーグ戦に入っても、総得点179(35.8/試合)総失点23(4.6/試合)と、その全く危なげない戦いぶりはまさに王者の風格が漂う。

 リーグ制覇の立役者に挙げられるのがQB鈴木。パールボウルの活躍から、秋季のスターティングQBは新人・笹野(専修大)と予想されたが、いざ蓋を開けてみると、ここまで5試合全てに先発出場。その座を笹野に譲らなかった。
 鈴木は102回中64回を成功(62.3%)させ、963ヤード、12TDを記録。さらに特筆すべき点は、最終節のシルバースター戦まで被インターセプト0という文句のつけようがない成績だ。

 その鈴木のホットターゲットとなったのは、エースレシーバーのTE板井(京大)だが、今季象徴的だったのが、数多くのレシーバーに投げ分け、相手に的を絞らせなかった点である。
 チームのリーディングレシーバー・植村を始め、関、椎野、志田、新人・八百板(日大)、さらにRBへのパスも効果的にヒットさせている。

画像  OL古川、播磨を軸とした日本一の実力と重量を誇るオフェンスラインに支えられたRBトリオ、堀口、児玉、関沢らも健在ぶりをアピール。
 3人で合計800ヤードを稼ぎ出し、10TD獲得、と7年目を迎えた今季も全く衰え知らずの活躍を見せている。

 一方、若手とベテランの起用が上手く作用し、総失点23と完璧な仕上がりを見せるディフェンス陣。特に若手選手の活躍が目覚しい。
 2年目副将・LB安澤は、サイズ不足を補うだけのプレーリードとハードタックルで守備チームを牽引。183cm・95kgの大型新人LB比留間(東海大)は高い身体能力で、負傷欠場のLB有澤の穴を埋めた。

 DB陣では、CB佐藤、竹下が脚光を浴びつづけているが、今季メキメキと頭角を現わしたのが、大型CBの迫田だ。「影のMVPかもしれない」と高野ヘッドコーチも太鼓判を押す注目株。また新人・佐野(日大)のセンス溢れる動きも際立った。

 2年ぶりの日本一へ全く死角がない今季の鹿島ディアーズ。注目の準決勝出場は11月28日。西武ドームでその雄姿を披露する。


FINISH RESULT 1999
 9月13日 24- 0 vsすかいらーくスカイラークス
 9月25日 28-14 vs富士通フロンティアーズ
10月 7日 56- 0 vsレナウンローバーズ
10月16日 45- 0 vs三和銀行ラークヒルズ
10月31日 26- 9 vsアサヒビールシルバースター


  99年リーグ戦の戦績

SCORE

1Q
2Q
3Q
4Q
TOTAL
総得点
56
59
33
31
179
Avg(5試合)
11.2
11.8
6.6
6.2
35.8
総失点
0
3
7
13
23
Avg(5試合)
0.0
0.6
1.4
2.6
4.6

OFFENSE

PASS
ATT
AVG
RUSH
ATT
AVG
TOTAL
ATT
AVG
総獲得ヤード
1014
108
9.4
988
185
5.3
2002
293
6.8
Avg(5試合)
202.8
21.6
9.4
197.6
37
5.3
400.4
58.6
6.8

DEFENSE

PASS
ATT
AVG
RUSH
ATT
AVG
TOTAL
ATT
AVG
総喪失ヤード
488
121
4.0
376
124
3.0
864
245
3.5
Avg(5試合)
97.6
24.2
4.0
75.2
24.8
3.0
172.8
49
3.5



 
 
  日本社会人アメリカンフットボール協会 Copyright (C) 2007 NFA All Rights Reserved.