チケット情報 スタジアムガイド フォト/動画 コラム

JAPAN X BOWL
RICE BOWL
NFL JAPAN

オンラインチケット販売
スタジアムガイド

リーグ記録集
関連リンク

cheer leaders
EAST
WEST

メディア
スカイ・A sports+
TOKYO MX *オンライン
asahi.com

サポーター
川崎市
アメフット×商店街 Xリーガーお店訪問記
地域社会活動
TOP > NEWS 2023/12/18
ALL X-LEAGUE CLASS OF 2010
2023/12/18 UP

ALL X-LEAGUE CLASS OF 2010

<OFFENSE>

OL/C #70 佐野 常実 パナソニック電工インパルス
インパルス攻撃をセンターとして牽引する職人気質の実力派。バランス感覚に富んだアスリートOLで、初選出はむしろ意外。2010GJP日本代表。180センチ110キロ。法政大学出身、26歳。
OL/G #57 倉持 和博 鹿島ディアーズ
攻撃ガード特有のプル・テクニック、コンビネーション等で高度のテクニックを発揮。スピードに加え、その強さも群を抜いた。2010GJP日本代表。186センチ125キロ。筑波大学出身、29歳。
OL/G #72 村上 崇就 IBM BigBlue
今シーズン大躍進のビッグブルー攻撃の大黒柱。国内最巨漢のサイズに加え、クイックネスに富んだ動きは健在。191センチ118キロ。2010GJP日本代表。東京国際大学出身、33歳。
OL/T #75 宮本 士 オービックシーガルズ
日本代表常連のベテランながら初選出。豊富な知識と運動量で、センター、タックルを高いレベルでこなせる万能OL。2010GJP日本代表。185センチ115キロ。中央大学出身、34歳。
OL/T #77 平本 晴久 アサヒ飲料チャレンジャーズ
現代最強OLの呼び声の高い実力派。今春リハビリに徹して見事カムバックを果たし、チャレンジャーズ攻撃再生に大きく力を発揮した。185センチ118キロ。山梨学院大学出身、33歳。
TE #88 二宮 宗 明治安田パイレーツ
パイレーツをセカンドステージ初進出に導いた精神的支柱。初選出された2010GJB日本代表では、FBとしても活躍。18捕球は中地区1位。181センチ95キロ。東京大学出身、34歳。
WR #5 本多 皓二 パナソニック電工インパルス
ファーストステージ16捕球は西地区2位、286ヤードは1位、5TDは断トツの1位で特筆すべき集中力を発揮。若手成長株の筆頭として初選出。178センチ73キロ。立命館大学出身、24歳。
WR #17 小川 道洋

IBM BigBlue

パスオリエンテッドのビッグブルー攻撃で、一際存在感を発揮したベテラン。ファーストステージ27捕球は東西随一のパフォーマンス。2010GJP日本代表。186センチ90キロ。帝京大学出身、29歳。
RB #22 佃 宗一郎 アサヒ飲料チャレンジャーズ
小兵ながらアウトサイドに抜け出た際の独走力は目を引いた。45キャリー、418ヤードは平均9.29ヤードで3TDを獲得して、新人賞も併せて受賞。158センチ67キロ。立命館大学出身、26歳。
RB #20 石野 仁大 パナソニック電工インパルス
ミスター・インサイド健在。ファーストステージの50キャリー、442ヤードに加え、10TDの力強さと決定力はXリーグ随一だった。2010GJP日本代表。170センチ75キロ。関西大学出身、31歳。
QB #8 高田 鉄男 パナソニック電工インパルス
投げて798ヤード8TD、走って131ヤード1TDと名実供にXリーグの顔に。ファーストステージのインターセプト「0」も高評価を得た。2010GJP日本代表。180センチ85キロ。立命館大学出身、29歳。

<DEFENSE>

DL/DT #92 紀平 充則 オービックシーガルズ
スクリメージを機動力で支配下に置く実力者。ファースト、セカンドステージで1度ずつインターセプトを決めるなど、プレーリードも秀逸。2010GJP日本代表。182センチ110キロ。立命館大学出身、28歳。
DL/DT #92 西川 岳志 鹿島ディアーズ
力強いヒットでギャップをコントロールし、パスラッシュに転じてもスピードを発揮してQBサックに襲いかる姿が印象的だった。2010GJP日本代表。185センチ114キロ。法政大学出身、30歳。
DL/DE #90 鈴木 修平 鹿島ディアーズ
エネルギッシュで粘り強く繰り返したラッシュは、相手OLにプレッシャーを与え続けた。ディアーズ守備の新たな看板に成長を果たした。181センチ100キロ。日本大学出身、24歳。

DL/DE

#11 Kevin Jackson オービックシーガルズ
すべての局面で桁違いのパワー、スピードを披露。今季はインターセプトリターンTDも演じ、存在感を示し続けた。チームの副将も務めた絶対的リーダー。193センチ100キロ、ハワイ大学出身、29歳。
LB #2 古庄 直樹 オービックシーガルズ
昨年のDBでの受賞に象徴されるように、文字通りフィールドの全域にわたる広い守備範囲を誇ったシーガルズの闘将。2010GJP日本代表・主将。173センチ84キロ。立命館大学出身、32歳。
LB #13 星田 浩伸 アサヒビールシルバースター
衰えない闘志、正確なプレー・リードとリアクションでミーンなヒットを随所で演じた。シルバースター守備の中核として、攻撃機会創出の立役者となった。175センチ85キロ。関西学院大学出身、30歳。
LB #42 牧内 崇志 鹿島ディアーズ
気迫溢れるハード・ヒットとタックルで、再建色の濃かったディアーズ守備陣第二列の再構築に力を発揮した闘将。175センチ82キロ。2010GJP日本代表。新潟大学出身、29歳。
DB/SF #26 植木 大輔

富士通フロンティアーズ

豊富な経験と野性的本能とも健在。小柄ながら地を這うような低い動きで観客を魅了し続けるハードヒッター。2010GJP日本代表。166センチ77キロ。大阪産業大学出身、29歳。
DB/SF #16 三宅 剛司 オービックシーガルズ
セカンドステージのビッグブルー戦でFGブロックからリターンに転じ、チームメイトにトスする機転がTDに結びつく離れ業を演じたビッグプレイメーカー。182センチ82キロ。立命館大学出身、27歳。
DB/CB #27 辻 篤志 パナソニック電工インパルス
常にボールキャリヤーの周囲にその姿があったのは、豊富な運動量の証明。インパルスで随一のスピード派でハード・ヒッター。2010GJP日本代表。174センチ84キロ。大阪産業大学出身、23歳。
DB/CB #24 佐野 忠也 鹿島ディアーズ
CB、SFとも起用可能で、的確なポジショニング、ここ一番での勝負勘、インターセプトチャンスを嗅ぎとるセンスと経験は抜きに出た存在。2010GJP日本代表。177センチ80キロ。日本大学出身、33歳。

<SPECIAL TEAM>

P #14 青木 大介 鹿島ディアーズ
新人ながらディアーズの新たな得点源としての存在感を発揮。飛距離はもちろん、状況に応じた精確なコントロールでフィールド・ポジション獲得にも貢献。180センチ94キロ。専修大学出身、25歳。
K #15 小笠原 健二 パナソニック電工インパルス
飛距離、滞空時間とも申し分ない安定したパンティングで、昨年のキッカーでの受賞とキッキング・スペシャリストとの地位を確立した。179センチ83キロ。関西学院大学出身、27歳。
RET #11 前田 直輝 鹿島ディアーズ
持ち前のスピードに加え、パワーアップから独走力が備わった。WRとしての活躍も併せて、ビッグプレーをリーグ序盤から連発した。2010GJP日本代表。175センチ95キロ。立命館大学出身、24歳。

<最優秀選手>

EAST #17 小川 道洋 IBM BigBlue
CENTRAL #21 杉原 雅俊 オービックシーガルズ
WEST #8 高田 鉄男 パナソニック電工インパルス

<最優秀新人選手>

EAST #37 大館 賢二郎 鹿島ディアーズ
CENTRAL #77 シナフォニ・ペレキ 富士通フロンティアーズ
WEST #22 佃 宗一郎 アサヒ飲料チャレンジャーズ

 

 

 
前節試合結果
 
05/22 オービック(47)
パイレーツ(0)

05/22 オール東京ガス(21)
富士ゼロックスAFC(0)

05/21 富士通(34)
IBM(7)

05/21 ブルザイズ(0)
日本ユニシス(34)

05/14 鹿島(41)
オール三菱(0)

05/14 アサヒビール (9)
ノジマ相模原(0)

05/08 富士通(45)
ブルザイズ(0)

05/08 IBM(42)
日本ユニシス(17)

05/07 オービック(45)
オール東京ガス(20)

05/07 パイレーツ(43)
富士ゼロックスAFC(14)

05/01 鹿島(34)
ノジマ相模原(14)

05/01 アサヒビール (23)
オール三菱(10)

04/30 パナソニック電工(27)
アズワン (0)

04/30 アサヒ飲料(20)
エレコム神戸(3)

05/15 パナソニック電工(16)
アサヒ飲料(14)

05/15 アズワン (6)
エレコム神戸(10)

05/14 阪急(3)
アサヒプリテック(10)

05/14 富士ゼロックスJ-Stars(18)
サイクロンズ(21)

05/01 サイクロンズ(7)
アサヒプリテック(10)

05/01 阪急(19)
富士ゼロックスJ-Stars(14)

JAPAN X BOWL
12/20 オービック(20)
パナソニック電工(16)

 
試合日程
 

2011年度の日程は、
現在調整中です。

 
協会について | プライバシーポリシー
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します
一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会
Copyright (C) 1961-2009 NFA All rights reserved.