鹿島 VS リクルート

チーム名

1Q

2Q

3Q

4Q

TOTAL

鹿島 ディアーズ

0

7

0

7

14

リクルート シーガルズ

0

0

0

0

0


鹿島3年ぶり2回目のパールボウル決勝進出!

 鹿島が接戦の末、宿敵リクルートを14−0で下し、3年ぶり2回目のパールボウル決勝進出を決めた。

 鹿島の先発QBは川上、リクルートは新生。両QBとも相手守備陣の素早い動きに前進を阻まれる。
 第1Q、鹿島はRB堀口のランなどで敵陣24ヤードまで攻め込むものの、リクルート守備陣に押さえられ、好調のK中筋が43ヤードのFGを狙うが失敗。

 一方のリクルートは第2Q、QBを高橋にかえて攻撃を展開する。しかしリズムに乗れず、パントスナップミスで鹿島に自陣20ヤードから攻撃権を与えてしまう。
 このチャンスに鹿島はRB堀口、児玉のランプレーで敵陣10ヤードまで進み8分50秒、QB川上から右サイドライン際を走るRB山本へのパスが決まり先制TD。

 後半、鹿島はQBを鈴木にかえて攻撃を進めるものの、追加点を奪うことができない。
 反対にリクルートは、自陣1ヤードからという苦しい位置から攻撃を進め、RB中野のランプレー、SE堀江へのパスプレーなどで敵陣10ヤードまで攻め込む。そしてQB新生からSB越後へのTDパスが通ったが、反則で取り消され同点機を逸した。

 リクルートは、第4Q開始早々にも同点に追いつくチャンスをつかむ。
 RB中野のランプレーなどで敵陣4ヤードまで前進。しかしここでQB新生が右サイドに投げたパスをLB有澤が値千金のインターセプト。そしてそのまま駆け上がり、敵陣15ヤードまで持ち込む。
 このチャンスをRB堀口が左・中央・右のオープン、オフタックルを6回連続キャリーしてTD。14−0と貴重な追加点を奪った。

 追うリクルートは、SE大久保が36ヤードロングパスをキャッチして敵陣に入り込む。さらにRB中野のランで前進して行くが、フォースダウンギャンブルに失敗。完封されてしまった。

 これで今年1月に日本選手権(ライスボウル)を制している鹿島は、同じ年のパールボウル制覇(過去3回/86年レナウン、92年オンワード、97年リクルート)に挑戦することになった。

 3年ぶり2回目の決勝進出なった鹿島・金氏監督だが「今日は(TDがリクルート)3本、(鹿島)1本で負けている試合内容。相手のミスで勝てた試合だけに反省点が多い。有澤のインターセプトは確かに彼の個人技だが、相手QBのミス。すべてに今イチぴりっとしない」と反省しきり。


試合結果を見る

個人記録を見る