X League
最新情報 2000年全試合試合結果へのリンク 2000年Xリーグ個人記録ランキング 2000年Xリーグ星取り表/X2リーグ星取り表 過去(97年、98年、99年)のゲームデータ集 フットボール関連のリンク集 GO TOP
リクルートVS 学生援護会
学生援護会のXリーグ初陣。強豪リクルートに挑む!
 今春のパールボウルで3年ぶりに栄冠を獲得したリクルートシーガルズと、今季Xリーグに初昇格した学生援護会ロックブルの対戦は、22日午後7時から東京ドームでキックオフされる。

 両チームは、今春パールボウルトーナメント準々決勝で初対決。リクルートが終始リードを奪い、確実に得点を重ねて42−17で勝利をおさめた。この試合では学生援護会のランプレーがことごとくリクルートデイフェンス陣に粉砕され、わずか45ヤードに終わった。
 しかし、パスでは192ヤードを獲得し、後半で2TDを返して一矢を報いただけに、今回の対戦ではどこまで接近することができるか。

 さてこの試合での注目は、NFLヨーロッパに初参戦してきた新人・里見恒平(立命館)。パワー、スピードともに日本NO1クラスのDBなだけに、Xリーグデビュー戦でどんなビッグプレーをみせてくれるか楽しみ。
 そして最近メキメキ力をつけてきたQB井上にも注目したい。これまではバックアップとしての出場が多かったが、今春のパールボウルトーナメントでは主戦QB松本のけがのため先発を任され、決勝ではほとんどの攻撃を指揮した。この試合では松本が復帰し、先発するとみられるが、彼の登場する場面がきっとみられるはず。
 さらにRB古谷、米田と若手スピードランナーの走りも見逃せない。加えてパスターゲットのWR堀江、ベテランWR河本らのレシーバー陣のビッグプレーにも期待がかかる。加えて里見同様、NFLEでさらに経験を積んできたSB安部も健在だ。

 対する学生援護会は年々着実に戦力を向上させてきている。今季念願のX昇格を果たし、チームの士気は高まっているはず。
 注目は、やはり新人ながらスターティングメンバーに名を連ねるDT川瀬佳一(帝京大)。185センチ、115キロと巨体ながらパワーとスピードを併せ持つ、ジョン・ポントヘッドコーチが絶賛するデイフェンスラインだ。
 すでに今春パールボウルトーナメントで社会人デビューし、試合経験をしているだけに社会人屈指の攻撃力を持つ強豪リクルート相手にどんなプレーをみせてくれるか。

 オフェンスでは長身パサーのQB吉田、新人・増田幸夫(マイカルから移籍)の2QBが攻撃を指揮する。WR田嶋、佐々木、TE尾坂といった180センチを超える大型レシーバー陣に、WR堀越らパスターゲットが豊富なだけに、相手デイフェンスに的を絞らせない。グラウンドアタックでは、主将・RB松井、江口、中島らが堅実なプレーをみせる。

 実力からみてリクルートの優位は動かないが、学生援護会にとっては知将ジョン・ポントヘッドコーチの作戦をどれだけ実戦できるかがポイントになってくる。
 もし仮にリクルートを慌てさせる場面がでてくれば、わずかながら学生援護会の勝機がみえてくる展開となろう。王座奪回を目指すリクルートにとっては、初戦で学生援護会を圧倒して順調なスタートを切りたいところ。