最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ
オンワードVS すかいらーく
ミレニアムEAST開幕。名門と新鋭、両スタートQBに注目!
 今世紀最後のXリーグEASTは、名門・オンワードオークスと、中堅として定評のあるすかいらーくスカイラークスのマッチアップでいよいよ開幕する。

 92年以来遠ざかっている日本一の座を再びその手に、と燃え上がるオンワード。上位進出の足がかりを探るすかいらーく。開幕ダッシュを掛けたい両者の思惑がぶつかりあう熱いゲームが期待できそうだ。

 オンワードで注目されるのは、QB須永のフィールド復帰が開幕戦早々にあるかどうかだろう。肘の故障で昨季は棒に振った須永は、今年1月の手術を経てNFLEに参加。シルバースターのQB金岡と共に「日本を代表するQB」と並び称されるその実力を、プロの水の中で更に磨きをかけてきた。
 しかしながら「須永不在」の状況を受けて、チームは昨季から今春にかけてQB冨澤が牽引してきた。常に「須永の2番手」とされていた冨澤はこの機会に存分に実力を発揮。チームをディビジョン優勝に導いたほか、冨澤自身もディビジョンNo1のパス獲得距離を残すなど見事に独り立ちを果たした。
 この二人の柱のどちらを先発させるか、チームとしては悩ましいところだが、春季シーズンを冨澤で戦ったことを考慮すれば、先発QBは冨澤の線が強い。しかしながら、ファンとしてはレベルアップして帰ってきた須永のプレーも是非見たいところであろう。
 オンワードのオフェンスシリーズから目が離せそうにない。

 一方のすかいらーくで注目したいのもやはりQB。新人QB小島の加入が話題を呼んでいる。
 小島は帝京大学時代、持ち前の強肩を活かしてショットガン攻撃を操り、関東学生リーグに旋風を巻き起こした逸材。Xリーグ昇格以来、一貫してパス攻撃が課題となっていたすかいらーくにとっては、待望の大型パッサーの加入である。 
 昨年リーディングラッシャーとなった、RB加畑のデイライト能力を生かしたラン攻撃にはもともと定評があるだけに、QB小島の加入で幅広い攻撃が期待できる。

 両チームともQBの起用、出来に注目が集まりそうではあるが、全体のチーム力からいって、オンワード優位の感は否めない。
 今季のすかいらーくは15名の新人を迎え入れたものの、大量の引退者を出したからだ。チームのシステムになじみきっていない新人がチームの大勢を占めることは、熟成の中で二人のQB起用に頭を悩ませるオンワードとは、大きくステージが違う。
 反面、チームの若さは勢いにつながることも考えられる。すかいらーくがリーグトップレベルのキッカーの福田を活かして、粘り強く得点を重ねることが出来れば、試合はまた別の展開になることも十分考えられる。

 いずれにしても、両チームにとっては大事な初戦。お互いの目標、そして選手それぞれのこだわりがゲームを熱くするに違いない。ミレニアムシーズンの第1幕は、9月11日東京ドーム。これは見逃せない。