最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ

松下電工インパルス
画像  「第一の目標は終わりました。いまから新しいシーズンが始まるのです」。2年ぶりのFINAL6出場を3年ぶりのディビジョン優勝で勝ち取り、王者復活を成し遂げた松下電工の村上監督は語る。
 かつては「西のパワーハウス」の名を欲しいままにした無敵のインパルスが、ここ数年は不振にあえぐ。チーム指導陣も含めた新旧世代交代の端境期にあって、じっと耐えて凌いできた格好だ。

 今季は春から基礎体力トレーニングに重点を置き、怪我をしない、体力負けしないチーム造りを目指してきた。それと同時に「選手達の自主性に任せた組織運営」も新たな試みとして取り組んできた。

 WEST優勝決定戦となったアサヒ飲料との大一番でその努力が実を結ぶ。負傷欠場なくフルメンバーで戦えるという状況、最後の1秒まで途切れることなく続いた集中力。「選手達が自分たちで考え、そして勝ちました」と村上監督は試合後に語った。
 ともすれば馴れ合いになりがちな選手同士の自主運営という組織体制だが「松下電工の選手は、社会人としても、フットボーラーとしても一流を目指す」との意思統一を図り、ギリギリの状況の中でも、ワンプレイに集中する責任感と精神力を築き上げたのだ。

 オフェンスは、QB高橋公一と幸次のQB“W”高橋体制。レシーバー陣はWR下川、塚崎、古本、TE門脇と、いずれも関西学生リーグで名を馳せたタレント揃い。RB陣は安藤、樫野、小林、荒木ら、それぞれに信頼の出来るランナーがずらりと揃う。

画像  不安があるとすればリーグ最終戦で、QB高橋(幸)を一本で起用した結果、井内盛栄堂に0−3でまさかの完封負けを喫したこと。「ウチはゴリ(公一)が怪我をするとこういうチーム」(村上監督)というように、2人QBの微妙な違いと、OL陣のマッチングに未整備な部分があることである。
 もっとも、新人とはいえQB高橋(幸)も名パッサーとして、学生時代(近畿大)から鳴らした逸材だけに、その不安も、追々解決していくことだろう。

 かつては、スーパーなフロントの4人が「(作戦上)何もしないでも止めていた」(村上監督)伝統の強力ディフェンスだが、今季は、野村、高橋(英)、富田、上田ら、優秀なDB陣を中心に、霊山、杉本、小田といった気鋭のLBを活かしたディフェンスを採用している。
 「強いヤツがいないから11人の全員守備」と村上監督は話すが、東日本に多いパス主体のオフェンスチームに、どこまで通用するかが楽しみでもある。

 WEST優勝によって、FINAL6の初戦まで日程の開くシード権を手にいれた松下電工だが、アサヒ飲料との死闘で傷ついたチームを立て直すにはちょうど良いのかもしれない。

 無敵の王者・インパルスの復活はまもなくだ。


FINISH RESULT 2000
 9月10日 26- 0 vs ファイニーズ
 9月24日 44- 7 vs イワタニ
10月 7日 27- 0 vs マイカル
10月22日 16-14 vs アサヒ飲料
11月 5日  0- 3 vs 井内盛栄堂


  2000年リーグ戦の戦績

SCORE

1Q
2Q
3Q
4Q
TOTAL
総得点
17
6
30
60
113
Avg(5試合)
3.4
1.2
6.0
12.0
22.6
総失点
7
10
0
7
24
Avg(5試合)
1.4
2.0
0.0
1.4
4.8

OFFENSE

PASS
ATT
AVG
RUSH
ATT
AVG
TOTAL
ATT
AVG
総獲得ヤード
571
111
5.1
630
161
3.9
1201
272
4.4
Avg(5試合)
114.2
22.2
5.1
126
32.2
3.9
240.2
54.4
4.4

DEFENSE

PASS
ATT
AVG
RUSH
ATT
AVG
TOTAL
ATT
AVG
総喪失ヤード
577
120
4.8
216
128
1.7
793
248
3.2
Avg(5試合)
115.4
24
4.8
43.2
25.6
1.7
158.6
49.6
3.2