最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 関連リンク TOPページ
松下電工VS ファイニーズ
20世紀最後の開幕戦はWESTの因縁カード。
 2000年Xリーグ開幕戦となるこの試合。かつてはリーグ最終戦で対決していた因縁の両雄が、初戦で顔を合わせる。

 昨年初めてファイナル6出場を逃してしまった松下電工インパルスは、今シーズンに復活を懸ける。練習ではトレーナー指導の元、走りこみを中心に行い体力強化に努めた。

 春のグリーンボウルでは、アサヒ飲料の堅い守備を崩すことができず、優勝を逃したものの、昨秋よりは確実な手応えを掴めたようだ。
 特に藤田や高橋などOLが経験を積めたことで全体にレベルアップできたことが大きい。村上監督もOL出身ということもあり「フットボールはOLや」と日ごろから指導してきただけに、開幕を安心して迎えられそうだ。
 そのブロックに守られて確実に前進したいバックフィールド陣は充実している。RBでは樫野、小林、安藤とシチュエーションによって使い分けることのできるメンバーが揃う。
 また、WRにも下川、古本、芝原、塚崎とタレント揃い。となると後はQB高橋公一がどこまで落ち着いたプレーコールを出来るか。新人の高橋幸史(近畿大)は松下電工の攻撃スタイルに対応するのがこの秋の課題となりそう。
 強力ディフェンスが看板のファイニーズを相手にどれだけ得点を重ねることができるかで、今シーズンの攻撃力を判断できそうだ。

 一方のディフェンス陣は、DLの脇阪を中心に春もまとまりを見せた。こちらはファイニーズのオフェンスに手こずるようでは、今シーズンは苦しいだろう。

 対するファイニーズは、市民チームを目指して2年目のシーズンを迎えた。
 チームの全盛期を支えたメンバーも大幅に入れ替わり、学生時代にDiv.1で活躍した選手ではなく、大舞台での経験の少ない選手が中心となってきた。それだけに村田ヘッドコーチの目指すカラーに染め易い状況にはあるが、勝利を目指しながらどこまでチーム作りに取り組むことができるか。

 オフェンスでは、ここ数年スターターの確立できなかったQBを固定したい。春は荒木が活躍を見せた。夏にどれだけ練習をこなせているかが、秋の起用のポイントだ。
 バックフィールドはRB井場、山崎、WR久村、田崎、TE桜庭らベテランの名前こそ出てくるものの、若手の台頭が待ち望まれている状態。QB荒木さえしっかりプレーコールできれば、試合の中で若手を鍛えていくこともできるだろう。
 ただ、いきなり松下電工の強力守備を相手に、ボールコントロールできるかが課題だ。

 ディフェンスは、ブリッツなどでできるだけロスタックルをねらい、ここから流れを引き寄せたい。村田ヘッドコーチの腕の見せどころだ。

 松下電工にとっては実力を確認する絶好の相手。ファイニーズにとっては、なんとしてでも勝利をもぎ取り“強豪・ファイニーズ”復活の狼煙をあげたい。