最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ


試合結果
試合日 2023.4.28 試合名 第26回
パールボウルトーナメント
試合開始時刻 11:00 会 場 大井第2球技場
試合終了時刻 13:12 天候 晴れ 観 衆 800人

チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
五洋建設パイレーツ 7 7 7 7 28
東京ガスクリエイターズ 0 9 7 14 30

 試合残り38秒。X2の東京ガスクリエーターズが、QB来住野からRB山本への逆転TDパスで、Xに今季昇格したばかりの五洋建設パイレーツを30−28で下し、2年ぶりに準々決勝に進出した。
 東京ガスは2試合連続の試合残り時間1分を切ってからの逆転勝利。この戦いは「OB対決」でもあった。東京ガス・松田明彦監督と五洋建設・左瀧学ヘッドコーチは京大OB同士(左瀧ヘッドが先輩)。東京ガスQB来住野と五洋建設QB川嵜は、ともに立命館大OB(来住野が先輩)。

 当初、試合を有利に進めたのは五洋建設。前半こそ14―9で折り返したが、後半はTDの奪い合いで勝負の行方がわからなくなった。
 まず第3QにQB来住野からRB吉川へのTDパスで16−14と東京ガスが逆転する。その1分後の7分37秒、五洋建設はQB川嵜からWR高下へのTDパスが通り21−16と試合をひっくり返す。
 第4Q、またも東京ガスはRB吉川の2ヤードTDランで逆転する。しかし五洋建設もQB川嵜の故障で交代したQB小川がTDパスを決めて28−24と再度逆転。直後、東京ガスは自陣35ヤードから攻撃を開始。QB来住野のパスとRB山本のランプレーで敵陣20ヤードまで攻め込む。そして右サイドを走るRB山本にQB来住野が決勝点となる逆転のTDパスを通した。

 「青天の霹靂。はじめてXのチームを破ることができました。(LBから)コンバートした山本がよく頑張った。それにゲームプランがうまくはまりましたね。昨年からツーミニッツオフェンスにこだわってきただけに、力を発揮してくれました。次は鹿島。接戦に持ち込みたいですね」と東京ガス・松田監督は満面に笑みを浮かべた。
 一方逆転負けした五洋建設の左瀧ヘッドコーチは選手、コーチとの長いハドルのあと、「選手に気合が入っていなかった。誰かがやってくれるという、人まかせの意識が選手にあった。うちの悪い面が全て出た試合。自分たちの弱さを自覚できた」と反省しきり。



試合結果
試合日 2023.4.28 試合名 第26回
パールボウルトーナメント
試合開始時刻 13:40 会 場 大井第2球技場
試合終了時刻 16:10 天候 晴れ 観 衆 300人

チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
IBM BIG BLEU 7 13 7 13 40
シルバーラークヒルズ 0 0 7 0 7

 着実に得点を重ねたIBMビッグブルーが40−7でシルバーラークヒルズを圧倒して2年連続のベスト8進出を決めた。次は5月5日に大井第2球技場でオンワードスカイラークスと対戦する。

 IBMはRB児玉の5ヤードTDランで先制すると、第2QにはQB柴田からWR安田への18ヤードTDパス(TFPキック失敗)が通り13−0。その1分後にもパントをリターナー阿部が63ヤード走りTD。20−0と試合の主導権を握る。
 第3Q、シルバーラークヒルズはQBを末廣に代えて攻撃のリズムを整える。8分48秒にRB中川が2ヤードを走りTD。7−20と追い上げる。
 しかしIBMはQBを大矢に代え、WR神田への10ヤードTDパスで27−0。第4QにはRB西田のTDランとWR神田へのTDパスで追加点を奪い40−7で勝利をおさめた。

 IBM・的場監督は「前の試合から1週間しかなく、グラウンド練習ができず不安があった。しかし攻撃はワンバックが思ったよりよくて、波に乗れた。守備はタックルの感覚を戻すのに時間がかかった。次はオンワードスカイラークス。X上位のスピード、パワーを体で憶えて欲しい」とX強豪の胸を借りるつもりだ。