最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ


試合結果
試合日 2023.4.29 試合名 第26回
パールボウルトーナメント
試合開始時刻 11:00 会 場 大井第2球技場
試合終了時刻 13:10 天候 曇り 観 衆 450人

チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ゴールデンゴーズ 6 10 6 0 22
シャークス 0 7 7 0 14

 初戦でレナウンを破り、勢いに乗るゴールデンゴーズと、清水建設を下して勝ち上がってきたシャークスが3回戦進出をかけて大井第2球技場で激突した。

 最初にチャンスをつかんだのはシャークス。QB月坂のパスとRB下田のランを中心に敵陣に迫る。しかしTDを狙ったパスはゴールデンゴーズにインターセプトされて好機を逃した。
 逆にゴールデンゴーズは、シャークスのファンブルで得た敵陣24ヤードの攻撃権をすぐにQB岩本からWR藤田へのTDパスに結びつけて先制した。
 シャークスの反撃は2Q終盤に入ってから。代わったQB岡村のランとパスでドライブを進めて、最後はQB岡村からRB下田へのTDパスが決まって9−7と2点差に迫った。
 だが直後のオフェンスでゴールデンゴーズのQB岩本は、WR藤田に2本連続パスを成功させて敵陣深く迫り、直後のプレーでエンドゾーンに走り込んだWR崎谷にパスを決めてTD。前半は16−7とゴールデンゴーズがリードして終了した。
 後半最初のシリーズをパントに追い込まれたシャークスだが、QB岩本のパスをDL川口がインターセプトしてそのままエンドゾーンまで走りきり、16−14と再び2点差に追いすがる。

 勢いに乗るシャークスは次のゴールデンゴーズのオフェンスに1STダウンを許さず、パントに追い込む。しかしこのパントをリターナーが痛恨のファンブルロスト。
 ゴールデンゴーズは敵陣11ヤードからの好機にQB岩本がこの日3本目のTDパスをヒット。結局このままゴールデンゴーズが逃げ切り、5月6日にリクルートと対戦することになった。



試合結果
試合日 2023.4.29 試合名 第26回
パールボウルトーナメント
試合開始時刻 13:40 会 場 大井第2球技場
試合終了時刻 15:40 天候 曇→雨 観 衆 600人

チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
学生援護会ROCBULL 14 6 7 7 34
富士ゼロックスTEAM XEROX 0 0 7 0 7

 ここ数年成長著しい学生援護会ROCBULLと、近鉄バッファローズを破り、2回戦に進出してきた富士ゼロックスTEAMXEROXとの1戦。

 学生援護会は開始早々、富士ゼロックスのパントをリターナーの松井が快足にものをいわして60ヤードのTDに結びつけて先制。1Q終盤にはQB吉田からWR田嶋への2本のパスで大きくボールを進めて、最後はRB松井がTDをあげて14−0と点差を広げた。
 富士ゼロックスはシルバースターから移籍してきたQB明堂が随所に良いプレーを見せながらも決め手に欠いて得点を上げることができない。前半は20ー0と学生援護会が大きくリードして終了した。
 後半に入ってからも学生援護会は攻撃の手をゆるめない。QB吉田はWR田嶋にロングパスを決めてTD、27−0。富士ゼロックスはQB明堂のスクランブルでチャンスをつかみ、QB明堂からWR中原への目の覚めるようなロングパスでTDを奪ったが、反撃もここまで。結局、学生援護会が34−7と快勝して3回戦に駒を進めることになった。

 試合後、学生援護会のジョン・ポンド・ヘッドコーチは「前半は良かった。しかし27−0とリードを広げてからQB明堂にやられてしまった。今日の試合で縦へのパスを積極的に試みたのは、うちのOLはサイズがあるので富士ゼロックス相手にパスプロテクションが持つと判断したのと、相手DBのカバーを見ていけると思ったから。富士通との試合は接戦になると思うので精神的にも肉体的にもタフな“ロックビル”を見せられるように努力したい。明日は休みを返上してスカウティングをしますよ」と語り、早くも次の富士通戦に焦点を合わせていた。