最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 関連リンク TOPページ
試合のみどころ
シーガルズVS クラブハスキーズ
連勝中シーガルズと上昇中ハスキーズの対戦。
10月5日(土)等々力硬式野球場 12:00
 ここまで危なげない戦いぶりでアサヒビールとともに勝ち点4で首位を走るシーガルズに、2連敗ながら徐々にオフェンスが上昇気流に乗りはじめているクラブハスキーズが初めて対戦する。

 第1節。いきなり優勝候補の一角であるオンワードスカイラークスとの一戦で、2002年度シーズンをスタートさせたシーガルズ。
 オフェンスでは、チーム内での激しいスターター争いに勝って、先発に抜擢されたQB高橋が堂々たるクォータッバッキングを披露。
 2度のロングパスで、あらためて存在感をアピールしたWR堀江らの活躍もあって、224ヤードをパスで稼ぐなど、パッシングオフェンスの完成度の高さを見せつけた。

 第2節のレナウン戦でもQB高橋は絶好調。ポジションリーダーWR中村(敏)へパスを集め快勝。
 ON−SKY戦は20ヤードで完封されたランプレーも、RB古谷、新加入のRB進藤、新人RB白木が奮起した。本来の力はまだまだ発揮されていないが、随所でスピード溢れるシーガルズらしいプレーを展開した。

 看板のディフェンスはどうだろう。開幕戦では、ON−SKYの誇る強力オフェンスラインに対し、ランプレーを僅か34ヤードに抑えるなど、LB遠藤、世利らベテラン組と、LB阿部、石山、篠岡ら中堅組がディフェンスをリード。さらにグレードアップした2002年度型シーガルズディフェンスを披露した。
 レナウン戦でも、注目された新QBスローンのパスを完封。DB里見の復帰の見通しは未定だが、DB寺田、古庄らアスリートの揃うDB陣の仕上がりも順調だ。

 対するハスキーズ。昨年は念願のXリーグ昇格も全敗に終わり、今季こそ初勝利に燃えた第1節の学生援護会戦でまさかの完敗。
 学生援護会のロングパスやインサイドのトラッププレーなどの怒涛のオフェンスに、ハスキーズディフェンスは全くなす術がなかった。
 前半で完全に勝負を決められてしまう前途多難なオープニングゲームに、福島コーチもショックの色を隠せなかった。

 そんなショッキングな敗戦から僅か9日後の第2節ON−SKY戦
 ハスキーズのオフェンスは、学生援護会戦の拙攻が嘘のように前半のプレーコールが冴え渡わたる。
 チームで最も頼りになるプレイヤーTE佐藤をTBに起用し、バリエーション溢れるオフェンスを展開。その佐藤がQB長島のスクランブルからパスをキャッチし、同点となる54ヤード独走TD。一時は完全にモメンタムを引き寄せた。

 ランプレーでは、突破口を切り開くキープレーはまだ見出せないものの、自分達のオフェンスリズムは出来つつある。

 ディフェンスにも、スピードのあるFS森上やオンワードでのプレー経験もあるLB近藤(英)、フロントには学生援護会戦でQBサックを決めたDL井上、ベテランDL吉村ら、経験豊富な選手もいるだけに1試合通じて戦い抜く体力と気持ちの持続が出来れば、上位陣に一泡食わせるポテンシャルは充分に持っている。

 ハスキーズは、とにかくTE佐藤にボールを集めるオフェンスを核に、ボールコントロールを狙いたいところだ。
 シーガルズの一発ロングゲインを許さないギャングタックルで、ターンオーバーを奪うなど攻撃的なディフェンスを目指して、シーガルズを慌てさせることが出来れば面白くなるだろう。