最新情報 試合日程と記事 個人記録ランキング リーグ戦星取表 リーグ記録集 サイトマップ 関連リンク TOPページ


試合結果
試合日 02.5.26 試合名 GREEN BOWL
トーナメント準決勝
試合開始時刻 12:00 会 場 阪急西宮球技場
試合終了時刻 14:04 天候 晴れ 観 衆 1,400人

チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
松下電工インパルス 0 10 3 14 27
アズワンブラックイーグルス 0 0 0 0 0

松下電工初登場。アズワンに完封勝利。
 グリーンボウルトーナメント準決勝の第1試合。初戦は不戦勝のため、この春初見参となった松下電工インパルスと、先の試合でファイニーズに圧勝し、意気上がるアズワンブラックイーグルスが対戦した。

 互いにオフェンスが進まない状況から、松下電工がチャンスを摘む。
 1Q終了間際、自陣30ヤード付近でアズワンが蹴ったパントのボールをPR塚崎が30ヤードの好リターン、敵陣35ヤードからと絶好のフィールドポジション。このチャンスをK太田のFGにつなげて松下電工が先制する。
 さらに松下電工は次のシリーズで、RB小林のラン、QB高橋公一のスクランブルなどで敵陣24ヤードと陣地を進めると、ピンチされたボールを受け取った新人RB石野(関西大)が、エンドゾーン右端に駆け込んでTD。10−0とする。

 期待の新人DL山中(立命館)を加えて、さらに強力になった松下電工フロントに攻めあぐむアズワン。QBを中林からベテランの杉谷にスイッチし、流れを変えようとするがダウン更新もままならない状況が続く。

 後半から出場の松下電工QB高橋幸次。3Q開始早々に新人TE林(同志社)へ45ヤードのロングパスをヒットさせると、K太田がFGを成功させ3点追加。
 4Qにも、やはりTE林へのパスを中心に、ゴール前2ヤードまで進めると、最後はRB石野がTD。試合終了間際にもRB石野が45ヤード独走で、この日3本目のTDランを決める。

 後半からQB宮崎を投入し、なんとか打開を図るアズワンだが最後まで得点することが出来ない。試合終了後の長い円陣が、その悔しさを物語っていた。


試合結果
試合日 02.5.26 試合名 GREEN BOWL
トーナメント準決勝
試合開始時刻 15:00 会 場 阪急西宮球技場
試合終了時刻 17:30 天候 晴れ 観 衆 1,400人

チーム名 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
アサヒ飲料チャレンジャーズ 21 7 13 0 41
富士ゼロックスJ−stars 0 6 0 0 6

アサヒ飲料が富士ゼロックスに圧勝で決勝進出
 Xリーグディフェンディングチャンピオン、アサヒ飲料チャレンジャーズの2戦目は、X2WEST所属の富士ゼロックスJ−stars。

 アサヒ飲料最初のシリーズ。自陣41ヤードから始まったオフェンスをQB桂が鮮やかにドライブ。RB瀬畑のラン、WR西岡へのパスを軸に進め、10プレー目でRB瀬畑が先制TDを奪う。
 さらにDB大島のパスインターセプトから得た敵陣29ヤードからのオフェンスで、再びRB瀬畑が一気に駆け抜けてTD。
 次の富士ゼロックスのオフェンスシリーズでは、パントのボールをPR横山がリターンTD。1Qで大量21点を獲得する。

 2Qに入って新人QB桐本(神戸国際大)にスイッチした富士ゼロックス。QB桐本は期待に応えて、自陣23ヤードから始まったシリーズを、新人WR五島(甲南大)へのTDパスで締めくくり6点を返す(TFP失敗)。

 しかし富士ゼロックスの反撃もここまで。この後のオフェンスは、アサヒ飲料のディフェンに支配されて得点に結びつかない。
 アサヒ飲料も、QBを移籍新人の田に交代してオフェンスを行うが、QB田の調子がいまひとつ。結局、再び交代出場したQB桂が2本のTDを加えてゲームを終えた。

 格下相手とはいえ、点差が開いてからのピリッとしないゲーム内容に、中村多聞新ヘッドコーチも「選手の気持ちが集中できていない」と浮かない表情だ。


グリーンボウル・スケジュールに戻る